人気ブログランキング |


大学生の息子とアメリカで二人暮らし。息子の大学生活や、日々の出来事をたくさんの写真とともに綴っています。人生色々あって先の事はわからないけれど、とりあえず”今の時間”を大切にして毎日を楽しんでます。


by marina

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:Outings( 13 )

今度は旦那も一緒にフェリーでSFへ行く

今回も引き続き、旦那が来訪していた時の話になります。

一つ前の記事のブラジリアンステーキハウスでランチを終えた後、旦那のリクエストに応え、その後私達
はこの地域から出ているフェリーに乗って、サンフランシスコを訪れました。

私達は以前、SFからそれほど遠くないところに住んでいて、昔からSFにはよく訪れていたので、サンフラ
ンシスコ自体は別に大した事はないのですが、旦那はまだこの地域から出ているSF行きのフェリーに乗っ
た事がなかったので、今回は、”フェリーに乗る事”が第一番の目的でした。

(私と息子は過去2回すでにフェリーに乗っています。ちなみにその時の様子はこちらの過去記事へ。)




この日は風が強かったですが、(波も少しあった)青空に恵まれ、とても清々しい日でした。

b0391968_14541026.jpg

私達がフェリーを乗った前回2回とも、フェリーの室内の席に座っていたのですが、今回、旦那が外の
デッキに出たがったので、私も旦那について初めてデッキに出ることにしました。

ちなみに息子も誘ったのですが、乗り物酔いをしやすい息子はデッキは揺れがもっと酷いから嫌だ!と
言って、1人だけ室内に残りました。(^_^;)

デッキに出た旦那は子供のように嬉しそうな顔をして、パシャパシャと写真を撮りまくってましたよ。

うちは息子よりも旦那の方が子供みたい!

デッキから見た景色。
b0391968_14542117.jpg

なんだかこのお兄さんがかっこよくて絵になってる。
b0391968_14543485.jpg

b0391968_14544438.jpg

b0391968_14545390.jpg

b0391968_14550252.jpg

サンフランシスコ方面は全体的にもやがかかった感じでした。
b0391968_14553055.jpg

今回はアルカトラズ島もあまりきれいに見えなかったなぁ。

b0391968_14551967.jpg

b0391968_14554195.jpg

b0391968_14555177.jpg

ベイブリッジ。写真に写っているのは旦那ではありません。
b0391968_14560011.jpg

b0391968_14560923.jpg

b0391968_14561870.jpg

b0391968_14563127.jpg

b0391968_14564103.jpg

サンフランシスコの港に着いてから、帰りの便まで少し時間があったので、すぐ近くにあるFerry Building
Marketplaceという商店街のようなところへ寄り、時間を潰すことにしました。

b0391968_14565085.jpg

b0391968_14570069.jpg

建物内には色々な店舗が入ってました。
b0391968_14571230.jpg

ありとあらゆるタイプの菌類(マッシュルーム)が売られているお店がありましたよ!

b0391968_14572176.jpg

b0391968_14573198.jpg

チーズケーキのお店。試しにバニラとチョコレートのチーズケーキを買ってみました。

b0391968_14574214.jpg

b0391968_14575325.jpg

ビルディングの外へ出て、ベンチで暫く外の景色を眺めてくつろぎました。

b0391968_14580302.jpg

b0391968_14583034.jpg

b0391968_14583949.jpg
別方向から見たFerry Building。

b0391968_14581990.jpg

ペリカンのV formation。
b0391968_14585295.jpg

b0391968_14594821.jpg

日が沈みかけたフェリー乗り場から見たビルの景色。Transamerica Pyramidの先が、何やら不思議な
光を放っているように見えました。
b0391968_14590384.jpg

b0391968_14592019.jpg

b0391968_14593660.jpg

b0391968_14595666.jpg

b0391968_15000644.jpg

b0391968_15001524.jpg

旦那は普段は義母の介護に追われ、あまり外に出て行く機会もないようなので、たまのブレイクを大いに
楽しんだようで良かったです。


ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

by simpleseniorlife | 2019-08-25 16:30 | Outings

Sand Harbor, Lake Tahoe

少し前に旦那に会いにネバダ州のリノへ行った時、滞在中に夕暮れ時のLake Tahoeを訪れました。

昼間は息子は数学クラブのキャンプのボランティアがあったので、それが終わった後、私と息子と旦那に加
え、旦那のお姉さん夫妻の計5人で、日没少し前のタホ湖へ向かいました。

タホ湖は大きくて、湖の周辺にはいくつもの観光スポットやビーチなどがあるのですが、私達はまだネバダ
に住んでいた時からのお気に入りでよく行っていた、Sand Harborというスポットを訪れました。

(タホ湖はカリフォルニアとネバダの二つの州をまたがっていて、私達が訪れた場所はネバダ側です。)

*赤い矢印の部分がサンド・ハーバー。
b0391968_14032358.jpg

もう少しで日が沈みそうな頃に到着しました。

b0391968_13191633.jpg


b0391968_13564278.jpg

b0391968_13562025.jpg

b0391968_13563172.jpg

b0391968_13565745.jpg

b0391968_13570770.jpg

b0391968_13580551.jpg

b0391968_13581619.jpg

b0391968_13572503.jpg

b0391968_13573563.jpg

そろそろ日が沈もうとしているけど、(多分、8時近くでは?)まだ泳いでいる人や、カヤックに乗ったり
して、ギリギリまで陽の光を楽しんでいる人がいました。

b0391968_13582737.jpg

b0391968_13585185.jpg

b0391968_13590031.jpg

b0391968_13583972.jpg

女の子達と一緒にカモも泳いでましたよ〜!
b0391968_13591175.jpg

b0391968_13592227.jpg

b0391968_14011054.jpg

夕暮れ時だと暗くてわかりにくいのですが、お昼の太陽の下だとタホ湖の水はエメラルドやターコイズ
ブルーに透き通っていて、とってもきれいなんです!

ちなみにこれらは数年前、日中に訪れた時の写真です。
b0391968_13594552.jpg

b0391968_13595894.jpg

b0391968_14000973.jpg

b0391968_14002072.jpg

ここにはこんな感じで大きな岩があちこちにごろごろしていて、なかなか面白い景色が見えて、私達
は気に入ってます。
b0391968_14002956.jpg

こんなどでかい岩が何気に横たわっていたり。
b0391968_14015106.jpg

針の目みたいな面白い木がありました。

b0391968_14020074.jpg

b0391968_14021360.jpg

b0391968_14004841.jpg

b0391968_14005795.jpg

日が沈むと辺りは薄暗くなりましたが、それでも若者たちはまだ岩場で遊んでましたが。

b0391968_14012290.jpg

b0391968_14013408.jpg

人間達ばかりでなく、鳥達も岩場でくつろいでました。

b0391968_14022616.jpg

b0391968_14023686.jpg

この日は雲がまったくなく、鮮やかな夕焼けを見る事はできませんでしたが、でも時間が経つにつれて空
がうすいピンクやパープルに染まり、まぁ、それなりにきれいでした。

b0391968_14024976.jpg

b0391968_14030243.jpg

b0391968_14031268.jpg

久しぶりに訪れたタホ湖はやっぱりきれいでした。

ネバダ州には山やたくさんの湖があるのでいいなぁ〜。

皆さんもカリフォルニアやネバダに訪れる機会がありましたら、是非ともタホ湖へ立ち寄ってみて
ください!





ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

by simpleseniorlife | 2019-08-07 14:56 | Outings

義姉夫妻の家でバーケーション気分に浸る♪

今週の始めに旦那に会いにネバダ州ノリを訪れた時の話です。

カリフォルニアのベイエリアから長時間車を運転し、リノに到着してからまず、私と息子は現在、旦那が
一緒に住んでいる義母の家へ向かいました。

私達はネバダ州に移り住む前、もともとカリフォルニアにずっと住んでいて、息子の大学が決まってから、
家族皆でネバダからカリフォルニアへ戻る予定でした。

…が、私たち家族と一緒にカリフォルニアへ引越する予定だったネバダに住んでいる義母が、現在の家を
離れたくないと言い張ったので、仕方なく旦那が介護が必要な義母とリノに残り、私と息子がカリフォル
ニアへ戻って来たのでした。

(息子の大学は州立大で、in-stateの学費が適用される為には親がこの州の住民になる必要があった。)


私たちがこっちへ引っ越して来てからの1年は、旦那が私たちを訪ねて来てましたが、今回、初めて私と
息子が旦那を訪ねたのでした。

義母の家へ着くと、早速、Bandiが出迎えてくれましたよ〜!

写真で見るよりちっちゃくて、とてもフレンドリーでかわいかったです。

この困ったさん顔が何とも言えない。(笑)

b0391968_13175293.jpg


義母と久しぶりに会ってちょっとお喋りをし、その後、私達は義母の家からそれほど遠くない、旦那のお
姉さん夫妻の新居へ向かいました。

旦那のお姉さんのLさんと旦那さんは去年までずっと(多分、30年ほど)カリフォルニアのベイエリアに
住んでいたのですが、旦那さんの退職を機にそれまで住んでいた家を売って、ネバダ州に新しく家を購入
し、今年の1月からネバダ州に住んでいます。

お姉さん夫婦には息子さんが2人いるのですが、彼らはすでに成人して、(一人は結婚している)独立し
ているので、現在は夫婦二人での〜んびりとリタイアメントライフを楽しんでいるようです。

二人の新居は4ベッドルームでゆとりがあるので、私と息子はリノに滞在中、そちらの方へ寝泊まりさせ
ていただきました。

息子のゲストルームにはマーフィベッドがありましたよ。

息子の話によると、とても寝心地よかったそうです。

b0391968_13263718.jpg

b0391968_13265100.jpg

私の滞在したゲストルームは、日本風のデコレーションがあちこち見られました。

お姉さん自身、半分日本人の血が混じっているからかしら?

b0391968_13282195.jpg

b0391968_13284809.jpg

b0391968_13275969.jpg

私の部屋はバルコニーがあり、朝はお姉さんがわざわざ2階なのに朝食を持って来てくれ、息子と二人で
バルコニーでのんびりとブレックファーストを頂きました。

バルコニーで朝食なんて、(それも誰かが作ってくれた)何だかまるで、バケーション気分だわ〜!

b0391968_13271534.jpg

バルコニーから見た風景。
b0391968_13270571.jpg

今は真夏なので乾燥していてあまり景色が良くないけど、冬になると山が雪におおわれ、とてもきれいな
風景が見えるので、羨ましいです!

これは去年の4月にこの家のモデルハウスを見に来た時の風景です。4月でも結構、雪がのっかってるのが
見えます。
b0391968_13272726.jpg

それにしてもこの新居が広くてゴージャスですごい!

お姉さんと旦那さんのたった二人なのに、4ベッドルームで3500sqftくらいあるらしく、うちの狭い
コンドーからいきなり来たんで、家というよりもどっかのミュージアムか?って感じましたよ〜!(笑)

私たちの昔のカリフォルニアの家も3200sqftだったんですが、今は狭いコンドなんで、私たちの人生、
アップグレードするどころかかなりダウングレードしてますやん。😂

こちらはモデルハウスのキッチン。
b0391968_13290760.jpg

お姉さん宅のキッチン。
b0391968_13293384.jpg

キャビネットやアイランドの形、色なども違い、モデルハウスのとは又、違った雰囲気ですよね。

それにしてもアイランドがバカでかい!

お姉さん、テーブルの真ん中が手が届かなくて拭けないって言ってましたが。(爆笑)
b0391968_13294351.jpg

この物件を販売している会社のオフィシャルサイトの画像を拝借。
(お姉さんの家と同じモデル)

b0391968_13295594.jpg

マスターベッドルームも見せてもらいましたが、これがまた、すごい!

(写真を撮りましたが、プライバシーの為にここには載せません。)

どっかのハリウッドの豪邸みたいなバスルームで、マジでバスルームだけでうちのコンドーがすっぽり
入ってしまうんでは?と思ったくらい!😂

旦那さん用、奥さん用、それぞれのクローゼットに加え、かなりのサイズの3番目のクローゼットが
あり、お姉さんのウォークイン・クローゼットは私のベッドルームよりも大きいんじゃ?と思うくらい。

部屋の中には2〜3人ほど入れる室内サウナが設置され、バスルームにはなんとsensory deprivation
tank(アイソレーション・タンク?)があったではありませんか!∑(゚Д゚)

b0391968_13301636.jpg

b0391968_13302678.jpg

お姉さんの話では、リラクセーションに最適だと言うことらしいけど、こんな狭いところに閉じ込め
られて、一切の感覚を遮断されたら私はちょっと気がおかしくなりそうかも。(・・;)

そしてバックヤードにはアウトドア・リトリートと言われるパティオのようなエリアがあり、そこには
暖炉やテレビまでも取り付けられていて、夜など外に出て暖炉のそばで、音楽を聴きながらワインを片手
にくつろげたりして素敵だろうなぁと思いましたよ。

こちらも又、オフィシャルサイトから画像を拝借しました。

お姉さんのところもこんな感じでした。ただ、暖炉の上の部分にフラットスクリーンが取り付けられて
いました。
b0391968_13304602.jpg

何だかすごくのんびりとしたゴージャスなリタイアメントライフで羨ましいです。

(お姉さんは私とそんなに歳は変わらないのだけどねぇ。(^_^;) )

私も将来はこんな風に(ここまでじゃなくても)リラックスしたシニアライフを過ごしたいなぁ…

(まだまだリタイアできそうにないですが。汗)

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

by simpleseniorlife | 2019-08-04 15:25 | Outings

エクスプロラトリアムを訪問

前回の記事でもお伝えしましたが、昨日の𝛑の日、息子が大学で今学期取っている認知科学のクラスでの
課題(エッセイ)に必要だった為、二人でサンフランシスコにあるExpolatoriumという科学ミュージ
アムを訪れて来ました。

このミュージアムについての日本語の記事を見つけたので、興味のある方はこちら↓のリンク先へ。

SFには大学からBARTで行くよりも、直接、うちの地域からフェリーで行くほうが断然、近くて時間も
かからない事から、この日は私たちはフェリーで行く事にしました。

b0391968_12141258.jpg

前回、フェリーに乗った時は、どんよりとした曇り空で霧も濃く、窓からほとんど景色が見えなかった
のですが、この日は素晴らしいお天気で、(快晴)かなり遠方の景色も見る事が出来ました!

b0391968_12142412.jpg


b0391968_12143601.jpg

ゴールデンゲートブリッジとアルカトラズ島も見えました。

b0391968_12144823.jpg

b0391968_12145798.jpg


b0391968_12152472.jpg

b0391968_12151036.jpg

b0391968_12154449.jpg

フェリーターミナル。

b0391968_12160781.jpg

SFに到着。オークランドベイブリッジ。

b0391968_12162047.jpg

前回とはうって変わって、この日はサンフランシスコも快晴で、真っ青の空が一面に広がってましたよ〜!

b0391968_12163055.jpg

b0391968_12164089.jpg

b0391968_12170208.jpg

エクスプロラトリアムへ向かっている途中に見かけた看板。(πの日だもんね、やっぱり。)

b0391968_12165323.jpg

このディスプレーには意味があるのだろうか?(アートとか?)それとも単に、空き瓶のゴミを並べて
置いているだけなのか?

b0391968_12172511.jpg

b0391968_12173437.jpg

b0391968_12182984.jpg


b0391968_12183918.jpg

b0391968_12174650.jpg

ミュージアムが開くまで座って待っていたら、私のめちゃめちゃ近くにこの黒い鳥が飛んで来て、私の
方へ向かって何やらピチュピチュと絶え間なく鳴き続けてました。

(何か食べ物をくれと催促していたんでしょうか?サンフランシスコの鳥達は本当に人懐っこいです。)

何という鳥なんでしょうかね?(カラスではないですよね?)全体的に黒いのだけど、頭と首や胸の辺り
が紫、青っぽく光沢のある色をしていて、太陽の光にあたってすごくきれいでした。

うちの地域では見た事ない鳥だなぁ。

あっ、今、ちょっとググってみたら、多分、Brewer's Blackbird(テリムクドリモドキ)という鳥では
ないかと思います。

b0391968_12175548.jpg

b0391968_12180537.jpg

「こんだけお願いしてんのに、何や?なんもくれへんのか? おばん、ケチやな!!!」っと文句を
言ってるみたい。

b0391968_12181566.jpg

b0391968_12184911.jpg

b0391968_12192628.jpg

以下、館内の写真です。

やっぱりこの日は入場料が無料(というか、自分が払いたい分だけ払うシステム)だったせいか、開館した
ばかりだと言うのに、館内はすでに結構、混んでました。

地元の学校からフィールド・トリップで大勢の子ども達も来てましたし。

b0391968_12191517.jpg

息子は認知科学に関するテーマの展示を探していたのですが、どうやら見つけたみたい。

b0391968_12185887.jpg

b0391968_12190650.jpg

色が人の心理や認知(感情、知覚、暗記力、理解、モチベーション、認識などなど)や行動に与える影響
についてのテーマでペーパーを書くとの事。

Color Psychologyの分野ですね。これから頑張ってリサーチしてください。

b0391968_12204560.jpg

せっかく来たのだから、その他にも諸々の興味深い展示も見てまわって、とっても面白かったです。

ここ、実際に色々と体験できるハンズオン・エクスペリエンスだから大人も子供も皆、一緒に楽しめて
いいわ〜!

私たちも息子がまだ小さい頃はよく、こう言った科学ミュージアムを訪れたものだわ。懐かしい。

b0391968_12194157.jpg

b0391968_12195085.jpg

b0391968_12195906.jpg

b0391968_12200759.jpg

b0391968_12201630.jpg

b0391968_12202496.jpg

b0391968_12203430.jpg

b0391968_12205999.jpg

b0391968_12210884.jpg

b0391968_12212192.jpg

トイレの形の水飲み場。やっぱり飲む気がしませんよねぇ。(~_~;)

b0391968_12213214.jpg

しばらく二人で童心に返って遊んだ後、息子は午後からクラスがあるのでその後、大学へ向かいました。

途中、又してもフェイク・モンク(偽僧侶)を発見!

b0391968_12214400.jpg

息子、前回と違い、今回は騙されそうになる事なくスルーして通ってましたよ!(笑)


来たのはフェリーでだったけど、大学にはサンフランシスコからBART(地下鉄のような乗り物)に乗って、
ダウンタウンバークレーまで行きました。

駅へ向かっている途中。

b0391968_12215610.jpg

b0391968_12221071.jpg

b0391968_12222376.jpg

b0391968_12223595.jpg

b0391968_12231462.jpg

b0391968_12224793.jpg

BARTって、(特にこの辺り)あまり評判良くないんですよね。

電車内は汚いし、犯罪なんかも結構、あったりして安全性の面でちょっと心配なんですが、この日は
何人かのホームレスや、物乞いしている人がいたものの、とりあえず何も事もなく目的地に到着する
事ができました。

b0391968_12225872.jpg

私の席に無言でこのメッセージを置いて言った人がいました。(汗)

b0391968_12232478.jpg

そしてダウンタウンバークレー駅に到着。

b0391968_12233621.jpg

地上へ上がるとそこは見慣れた景色でホッとしました。

b0391968_12235885.jpg

寿司ブリトーの店。
b0391968_12241011.jpg

駅から少し歩いてキャンパスへ到着。

何事も問題なくスムーズに事が運び、午後からの授業に間に合って良かったです。

b0391968_12242358.jpg

息子はこの後、クラスに向かったのですが、この日はすごくお天気も良かったし、春の陽気でぽかぽか
と気持ち良かったので、暫くキャンパス内を一人で散策して景色を楽しみました。

長くなるのでその時の様子は次回へ続きます。

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

by simpleseniorlife | 2019-03-16 14:15 | Outings

息子、危うくニセ僧侶に騙されそうになる!

まず、昨日から始まった息子の大学のオリエンテーション、新しい仲間達と出会ったり、皆と一緒に様々
な活動に勤しんだりと、一日中慌ただしく、心身ともにどっぷりと疲れた日ではありましたが、とりあえ
ずそれなりに楽しんだみたいなので良かったです。

息子は大学の寮ではなく、自宅から通学する組なので、私も朝早くから夜遅くまで(10:00pmとか!)
このオリエンテーションの期間は毎日、大学へ車で送り迎えしなくてはならない為、結構、疲れます。

今週いっぱいはあれこれと忙しい日々となりますが、来週からはいよいよ本格的に授業が始まり、もう少
し安定したスケジュールとなるので、息子も私も精神的に少しは落ち着くとは思います。


さて、少し前にフェリーでSFを訪問した時の報告の続きです。(そしてこれが最終記事です。笑)

フェリーでSFへ到着し、フェリー乗り場からPier 39方面に向かって歩いている途中、通りの至る所でオ
レンジ/茶色っぽい衣装をまとった人たちを見かけ、何度も私の方へ寄ってきて、何かを私の手に渡そうと
していたのですが、私は何かの宗教の布教活動だろうと思い、ただ、"No, Thank you."と軽くかわして
歩いて行ってました。


そうやってしばらく歩いていたのですが、ふと、周りを見ても息子の姿が見えなかったので振り返ってみ
ると、遠く後ろの方で息子らしき姿と、そのオレンジ色をまとった人が立ち止まって何やらやり取りをし
ている姿が!

(息子、何してんのや?)と思って二人のいる場所まで引き返してみると、その僧侶のような人が息子の
手を取って、息子の手首に数珠のブレスレットみたいなのをつけ、息子のもう一つの手には江戸時代の金
の小判(笑)のようなものが握られていました。


私が息子に「一体、何事?何をしてるの?」と尋ねると、息子は、

「歩いているといきなり止められて、この数珠のブレスレットを手首にはめられ、この金のコインみたい
なのを渡され、お金を払えと要求されている…」

と、困ったような顔して言うではありませんか。(−_−;)

それを聞いて私は即座にこれは胡散臭い!と思い、息子に手首に付けてある数珠のブレスレットと金コイン
をその怪しげな僧侶に戻すように言いました。


息子は気の毒そうな顔をしながら、そのブレスレットとコインを僧侶に戻そうとしたのですが、その僧侶、
顔に万遍の笑顔を浮かべながらも動作はアグレッシブで、息子からそれらを受け取るのを拒否するような
仕草で、しつこくお金を要求している様子でした。

(この人達、あまり英語がよくわからない感じで、彼らの話す英語も理解できにくかった。多分、外国人
だと思います。)


これは明らかに詐欺かなんかだ!と思った私は、息子の手首から数珠のブレスレットを取りはずし、金の
コインと一緒に「要りませんので!」と言ってその胡散臭い僧侶に強引に戻し、息子と一緒に素早くその
場を去ったのでした。

…ったく。こんな胡散臭いの、絶対、何らかの詐欺行動だわ!と思い、その日、帰宅してからネットで調
べてみると、やっぱり!

このニセ僧侶のグループ、サンフランシスコだけでなく、日本やその他の国でも見られるみたいですねぇ。






私は疑い深い性格なんで、こう言うのには滅多に引っかからないんですが、お人好しでこう言う事に関し
てはナイーブな息子はそれがもろ、”表”に出てしまっていて、こう言う人達から”絶好のカモ”と狙われる
んだろうなと思いますよ。(~_~;)

本人も何だか真っ向から「No!」と言えなかったみたいで…汗

アカデミックな分野、論理的、批判的思考を要する事に対しては思考力も作動し、知的な洞察力は鋭い息
子ではあるものの、ど〜もこういう”ストリートなスマートさ”の分野は疎くて、クルーレスな部分がある
ので、これから社会に出て、妙な人達に騙されなければいいのだけど、と心配になってしまいます。


この日の晩は私も息子にコンコンと、よくある詐欺のパターンや、詐欺師の行動パターンなどについて話
をし、こう言った行動や人物に気をつけるように言いました。


まぁ、私もこれまでの人生、特に若い頃は人から裏切られたり、騙されたりした事も結構、あり、その経
験から学んだと言うのもあるのですが、でも出来れば息子には痛い思いをする前に、ある程度、人を見る
目を身につけて、厄介な事に巻き込まれたり、裏切られて人間不信になったりするのを避けてくれればい
いなと願うのであります。


以下、残りのSFの様子の写真です。

夕方、帰る頃には一定のエリアを除いては、随分と霧も晴れてました。

フェリー乗り場に向かっているところ。
b0391968_12502419.jpg

朝はほぼ、すっぽりと霧に包まれていたExpolatorium前もすっかり晴れてました。

b0391968_12511129.jpg

b0391968_12512219.jpg

町側はまだ少し霧が残ってましたが。

b0391968_12504447.jpg

b0391968_12505706.jpg

フェリーターミナルの近くにあるSF Ferry Buildingが見えてきました。

b0391968_12513413.jpg

このビルディングの中には色々な店舗が入っていて、見て回るだけで楽しい。

b0391968_13002263.jpg

b0391968_13433381.jpg


巻き寿司とか丼物とか、ちょっとした日本の食べ物が売られているデリがありました。

b0391968_13004599.jpg

b0391968_13010399.jpg

そこで買ったサーモン・ポキ丼。あまり期待していなかったけど、思った以上に美味しかってびっくり。

b0391968_13011884.jpg

b0391968_13013559.jpg

b0391968_13020099.jpg

霧のSF・オークランド・ベイブリッジ。

b0391968_13032041.jpg

b0391968_13024332.jpg

b0391968_13033061.jpg

b0391968_13042009.jpg

b0391968_13035198.jpg

b0391968_13043373.jpg


b0391968_13044878.jpg

b0391968_13050058.jpg

b0391968_13050917.jpg

さようなら〜、SF。(フェリーがターミナルを離れているところ。)

b0391968_13052698.jpg

そしてうちの地域のターミナルへ到着。

b0391968_13053703.jpg

b0391968_13054954.jpg

次回は夕方の便に乗り、サンフランシスコの街並みやベイブリッジの夜景をエンジョイしたいです。


ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
by simpleseniorlife | 2019-01-19 13:33 | Outings

SFでもバード・ウォッチング:同じ鳥でも地域によって行動が違う?

Pier 39を暫くぶらついた後、息子と私は更にその先のFisherman's Wharf方面に向かう事にしました。

歩いていると、何処からともなく心地良いギターの音が耳に入って来たので見ると、ストリートパフォー
マーがアコースティック・ギターを弾いていて、その演奏がとても素晴らしかったので、私達はその近くの
ベンチに座り、暫くの間、彼の音楽を聴きながらリラックスしていました。

b0391968_15583082.jpg

b0391968_16030785.jpg

この青いスクーターみたいなのに乗っている人をよく見かけました。結構、スピードが出るのにびっくり!

b0391968_15584613.jpg

そしてふと、周りの光景に目を向けると、この広場には何やらやたらと鳥がたくさんたむろっていて、
特にテーブルで食べ物を食べている人達の周りに、いろんな種類(ほとんどがカモメでしたが)の鳥
が集まって来てました。

人の食べ残しや、おこぼれをもらおうとテーブルに集っていたみたい。

b0391968_15590100.jpg

b0391968_16000008.jpg

つい、先日観た、NetflixのBird Boxという映画を思い出してしまった。
目隠しするのを忘れてsuicidalになったカモメ?(汗)

b0391968_15592224.jpg

b0391968_15593169.jpg



うちの地域にはあまり見かけない、黒いくちばし&目のカモメ。
つぶらな瞳がかわいい。

b0391968_16001506.jpg

これは何という鳥なのかまだ調べてないですが、とても可愛い。

b0391968_16003083.jpg

b0391968_16004014.jpg


b0391968_16005274.jpg

「早よシャッター押しや〜!」っと、まるで私の為に2羽がポーズをとってくれたみたい。笑

b0391968_16010230.jpg

この広場に集まった鳥達、とにかく物怖じをすることなく、かなり近くまで人に近づいて来たりして、
こちらがそっと近づこうとすると、すぐに警戒して飛び逃げてしまううちの地域の同じ種類(カモメ
や鳩)の鳥とは大違い!

やっぱりSFなどの観光地だと、鳥達も人からおこぼれなどをもらっているせいか、人懐っこいと言う
か、かなりアグレッシブな行動も見られたりして、これも土地柄の違いかなぁと思ったり。


b0391968_12142850.jpg

b0391968_16011646.jpg

b0391968_16013508.jpg

遠くの方のあるテーブルに、やたら多くの鳥が集まって来ていたので、カメラのズーム機能で見てみると…

b0391968_16015241.jpg

手でエサやってる!そりゃ、皆んな集まってくるわな〜!😂

b0391968_16020577.jpg

お父さん、hand-feedしてるやん!怖がらずに手から食べ物もらって食べてるカモメがすごい!
(本当に野生?足につけてる赤いリングは何だろう?)
b0391968_16023995.jpg

b0391968_16025192.jpg

SFの鳥達ってたくましいわ…

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
by simpleseniorlife | 2019-01-16 17:19 | Outings

Pier 39をぶらつく

前回の記事の続きです。

フェリーターミナルからぶらぶらと歩いてPier 39にたどり着いた後、息子と私はPier内をただ、とりと
めなくぶらつき、色んなお店に立ち寄ったり、周りの風景を見たりして、の〜んびりとした時間を過ごし
ました。

こんなふうに、時間に束縛されることなく、気の向くままに自分が好きな場所を訪れ、自由な時間を過ご
すって、とても贅沢なことですよね。

息子はすぐにまた、「勉強地獄」が待ち受けているんですが、(いや、これは単なる私の感じ方で、息子
は学ぶ事が好きな「学習オタク」なんで、大学が始まるのを楽しみにしてるんですが。笑)新学期が始ま
れば、私の方はこれから先、かなり自由な時間が増えると思うので、これからもっとこんな贅沢な時間が
エンジョイできそうだと楽しみにしています。

(色々とやりたい事があって、考えていたらつい、ウキウキしてしまう。)


Pier 39に来たのは本当に久しぶりで、(最後に来たのは5年くらい前)ここにもHard Rock Cafeが出
来てたとは知りませんでした。
b0391968_12104311.jpg

b0391968_12113473.jpg

チョコレート好きの私たちがPier 39に来ると必ず立ち寄るのがこのChocolate Heavenと言うチョコ
🍫の専門店で、今回ももちろん、一番に訪れましたよ〜。

b0391968_12115803.jpg

b0391968_12121128.jpg

b0391968_12122416.jpg

b0391968_12123611.jpg

b0391968_12125042.jpg

色々あって、どれを買おうか迷ってしまう。
b0391968_12130213.jpg

b0391968_12131290.jpg

b0391968_12132314.jpg

b0391968_12135429.jpg

しばらく歩き回ってちょっと疲れたので、一休みするのにベンチに座ったら、何処からともなく一羽の
カモメがやって来て、私たちの方向へ少しづつ近寄って来ました。

b0391968_12140671.jpg

b0391968_12141649.jpg

最初は(随分、人懐っこいカモメだなぁ)と微笑んで見ていたら、かなり早い足取りで私達の方向へ向か
って突進し始めたのにちょっとびびってしまい、カメラを持つ手が思わず硬直してシャッターを押してし
まったのでボケてるわ〜! 😂

b0391968_12142850.jpg

あぁ〜、でもめちゃめちゃ近くまで怖い目つきで突進されて、マジでビビりましたよ!

b0391968_12143965.jpg

”shoo shoo”と軽くはらっても何度も私の座っている方向へ向かって突き進んで来ようとするので、少し
鬱陶しくなってベンチを去ると、そのカモメ、私が座っていたベンチの下の部分へ直行し、地面に向かっ
て突いてたので、どうやら食べ物の破片を見つけ、それに目がけて突進していたみたいでした。(汗)

カモメにしてみれば、(あのオバン、邪魔やなぁ…はよ、どけへんかなぁ…)とでも思っていたんでしょ
うね。どうも失礼しました。😂

あぁ、それにしてもあんな至近距離でカモメを見たのは初めてかも。

その後、Sea Lion Centerへアシカを見に行きました。

b0391968_12153251.jpg

この日はピアも霧に包まれ、遠くがあまりよく見えなくて残念でした。

b0391968_12150570.jpg

b0391968_12154845.jpg

b0391968_12164780.jpg

みんな気持ち良さそうにデッキに横たわってくつろいでます。

(中には大きな声であぅ 、あぅ、あぅ っと叫んでいるアシカもいましたが。)
b0391968_12160752.jpg

b0391968_12161944.jpg

b0391968_12163355.jpg


b0391968_12151602.jpg

私もたまにこう言う身体がやたらかったるい”ぐで〜”モードの時があって、そんな時はこの中に混じって
いても全然、違和感なしって感じ。(苦笑)

皆んな、仲間としてすんなりと受け入れてくれるでしょう。😂


おぉ、この右のアシカ、まるでヨガやってるみたい。アシカのポーズ?
b0391968_12170042.jpg

そんなアシカ達をまるで監視しているみたいに見ているカモメが何やら笑えます。

「おい!お前ら!もうすぐで休憩終わりだぞ!」っと怒鳴っている鬼軍曹みたい。(笑)

b0391968_12171655.jpg

「どうぜ、僕なんか…」っと、一人でいじけているみたいなアシカ。

b0391968_12173789.jpg


自然の景色もいいけど、動物達を見ていると面白くて、つい、あっという間に時間が経ってしまいます。

SFの報告、まだもうちょっと続きます…


ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
     ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
by simpleseniorlife | 2019-01-15 13:46 | Outings

Pier 39までぶらりと散策

フェリーに乗ってサンフランシスコに着いた後、私達はフェリーターミナルから歩いておよそ25分くらい
のところにあるPier 39へ向かって、ぶら〜り散策しました。

フェリー乗り場の近くのFerry Building Marketplace前では、人々がこの後すぐに開店するファーマーズ
マーケットの準備をしてました。
b0391968_14342402.jpg

b0391968_14343746.jpg

b0391968_14344876.jpg

海岸沿いはずっと深い霧が立ち込め、途中にあるExploratorium(科学博物館)辺りも白いモヤの中に
すっぽり包まれてました。

(懐かしい〜。息子が小さい頃、よく連れて来てたわ〜!)

子ども達のグループが博物館前でたむろってたので、多分、フィールドトリップの日だったんでしょう。

b0391968_14351945.jpg

b0391968_14360673.jpg

b0391968_14361615.jpg

b0391968_14354370.jpg

b0391968_14353325.jpg

サンフランシスコの通りを歩いていると、色んな光景を目にすることが出来て面白いです。

b0391968_14364290.jpg

b0391968_14460588.jpg

b0391968_15164442.jpg


白バイ野郎ジョン&パンチ?(又、古過ぎるって?苦笑)

b0391968_14462109.jpg

b0391968_14464803.jpg

あちこち見ながらぶらぶらと歩いていると、あっという間にPier 39に到着。

でもこの日は曇って霧も多かったので、全体的に暗く、どの景色も写真映えがしなくて本当に残念!

b0391968_14463469.jpg


b0391968_15284338.jpg

お天気の良い日はこんなにクリアでカラフルなのにねぇ。(これは過去に訪れたときの写真)

b0391968_15281902.jpg

Pier 39の周辺にはシーライフをモチーフとしたトピアリーや、とても興味深い植物などが見られ
ました。

b0391968_14471012.jpg

b0391968_14472489.jpg

b0391968_14474851.jpg

b0391968_14480528.jpg

b0391968_14473877.jpg

b0391968_14482477.jpg

こんなトゲトゲとしたようなものから…
b0391968_14484358.jpg

b0391968_14485422.jpg

シワシワの花とか。

b0391968_14490364.jpg

b0391968_14491319.jpg

b0391968_14492573.jpg

b0391968_14493474.jpg

長くなるので次回に続きます…


ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
by simpleseniorlife | 2019-01-14 15:39 | Outings

フェリーでSFへ

来週から息子も大学が始まって忙しくなり、二人で一緒に出かける機会も少なくなるし、最近、立て続け
に降っていた雨もその日はしばし休止していたので、先日、息子と一緒にこの地域から出ているフェリー
に乗って、サンフランシスコを訪れて来ました。

b0391968_16255101.jpg

b0391968_16262074.jpg

デッキには自転車の収納も出来るので、サンフランシスコに到着して、市内を自転車で運転する人達に
とっても便利ですよね。

b0391968_16263725.jpg

b0391968_16264834.jpg

この通勤フェリー、SFまでそれほど時間もかからないし、船内は窓が多くて座席も快適だし、席によって
はテーブルがついているので、乗っている間にノートパソコンで作業も出来たりして、(無料Wifi付き)
車で地獄のようなベイエリアの交通渋滞の中を運転するよりも、よっぽど時間が有効に使えるし、のんびり
とリラックスした、ストレスフリーの状態で通勤できるので素晴らしい〜!

私だったら多分、居眠りしていると思いますが。152.png

b0391968_16270735.jpg

ちょっとしたスナックバーなどもあり、コービーなどの飲み物も売られてます。

b0391968_16272184.jpg

料金も車で通勤する場合(ガソリン代、ブリッジ料金、駐車場料金などを含む)と比べると、遥か
にお得でリーズナブルな金額ですし。

b0391968_16273421.jpg

窓からの景色。この日は雲り日で、モヤがかかっていた。

b0391968_16275445.jpg

b0391968_16274364.jpg

SFに到着。まだ朝方(9時頃)のせいか、SFは深い霧に包まれてました。

b0391968_16280598.jpg

b0391968_16281533.jpg

b0391968_16285138.jpg

b0391968_16283536.jpg

高層ビルも霧に隠れて上の方は見えませんでしたよ〜!

b0391968_16290695.jpg

さすが、霧のサンフランシスコ。

b0391968_16292071.jpg

尚、パスポートが今年で切れるので、切り替えの申請の為にSFの日本領事館へ行かなくてはならない
のですが、その際は車ではなくてフェリー🛳で行く事にします!

フェリーターミナルから領事館まで徒歩で10分ほどですし、頭の痛い市内の交通や駐車場の心配をしな
くてすむので嬉しいです〜!

こんなにごく簡単にストレスフリーで行けるなら、息子が大学行ってる間、一人でSFへ行って、ぶら〜
っと市内を散策したり、美術館やレストラン巡りとかも出来そうですね。


この日は到着後、Pier 39とFisherman's Wharf辺りまでブラブラと歩いて行ったのですが、その時の
写真はまた後日アップしますね。

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
by simpleseniorlife | 2019-01-13 17:12 | Outings

Sausalitoの夜景

年明けに家族でサウサリート(サンフランシスコの市内からゴールデンゲートブリッジを渡ってちょっと
行った所にある小さな街)へ出かけた時の報告の続き&ラストエントリーです。

この日は本来ならば、ゴールデンゲートブリッジの展望台で夕焼けを見る予定だったので、予定を急きょ
変更してサウサリートに着いたのはすでに夕暮れ時でした。

だからゆっくりと色んなところを見てまわる時間もあまりなく、でもせっかく来たので暗くなるまで待っ
て、対岸のサンフランシスコの夜景を見て帰ろうという話になり、フェリー乗り場付近でカッショクペリ
カンが魚を獲っているのをしばらく見てから、時間潰しに近くのカフェに入り、暫しの間、ティータイム
を楽しみました。

(次回はもっと早めに来て、色々なところを訪れたいです。)

b0391968_15521256.jpg

b0391968_15522646.jpg

b0391968_15523663.jpg

b0391968_15524811.jpg

カフェでしばらくくつろいで外に出た時は、周りはすっかり暗くなっていました!

フェリー乗り場近くにあった素朴なイン。

b0391968_15530139.jpg

やっぱり思った通り、バルコニーから見るサンフランシスコの夜景がきれいでした。

b0391968_15531210.jpg


b0391968_15532430.jpg

通り行く人達は、ウィンドーに飾られているクリスマスツリーに足を止めて見入ってましたよ。
b0391968_15533778.jpg

b0391968_15534766.jpg

フェリー乗り場にフェリーが到着している様子。水面に反射したフェリーの灯りがゆらゆらと動いたり
キラキラ輝いていて、とてもきれいでした。

b0391968_15540222.jpg

b0391968_15541272.jpg

b0391968_15542149.jpg
こちらもゆらゆらキラキラ。

b0391968_15543483.jpg

b0391968_15544459.jpg

そして向こう側にはサンフランシスコの夜景。写真ではきれいさがうまく出せなくて残念。

b0391968_15553392.jpg

b0391968_15545627.jpg

b0391968_15551873.jpg

b0391968_15555641.jpg


b0391968_15554480.jpg


b0391968_15550795.jpg

当初の予定では↑の写真にあったシーフードレストランで夕ご飯を食べようという話が持ち上がったの
ですが、息子はこの日はシーフードのムードではなく、メキシカンが食べたいと言うので、結局、その
レストランには行かず、その後、地元に帰って来てからメキシコ料理のレストランへ行きました。


が、オーダーしてから30分以上も待たされた上、ようやく運ばれて来た料理のお皿にはソースやビーン
がついていて、プレゼンがいまいちだったし、息子の注文した料理は美味しかったみたいですが、(魚
の丸揚げなんで大した調理の腕はいらないでしょうから。笑)私と旦那の注文したビーフタコスとミッ
クス(ビーフ、チキン、エビ)ファヒータはスパイスが全然効いてなくて味気ないし、私のビーフとチキ
ンは調理し過ぎで硬くてドライでがっかりしましたが。(涙)

b0391968_15560525.jpg

ホーチャタ(シナモン味のライスミルクみたいな飲み物)は美味しかったです。

b0391968_15561404.jpg

でたー!丸ごと魚フライ!(多分、tilapia)

b0391968_15562507.jpg

旦那のビーフタコス。

b0391968_16014498.jpg

私のミックスファヒータ。

b0391968_15563641.jpg


ディナーはイマイチでしたが、まっ、この日は家族が口論することなく楽しい日々を過ごす事が
出来たので、良しとするべきですね。


ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
by simpleseniorlife | 2019-01-08 17:10 | Outings

カテゴリ

散歩
日々の出来事
息子のこと
息子の大学生活
生涯学習
Bay Area Life
Gifted/2e
Foods
Family
Favorites
趣味
ぼやき/嘆き
Random Thoughts
TV番組・映画
ご報告
ちょっとした情報シェア
風景・動物
その他もろもろ
Outings
Memories
Cal Falcons
私のこと
英語

最新の記事

そっくり菓子で祖国を懐かしむ..
at 2019-09-16 16:37
よっぽど教えるのが好きなのねぇ
at 2019-09-15 15:15
It's official!
at 2019-09-14 16:25
ギフテッド&ギフテッド教育事..
at 2019-09-13 14:12
このクラス、息子に取らせたい!
at 2019-09-11 14:15
The Great Reno..
at 2019-09-09 15:17
最近のUNR (Univer..
at 2019-09-07 18:02
先生によってもずいぶん違うの..
at 2019-09-06 16:04
午後の散歩
at 2019-09-05 16:22
そんな事もあるのか?
at 2019-09-04 15:40

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月

メモ帳

応援のポチを押していただけると励みになります!

  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

夕焼けや朝焼け、自然の風景や動物たちの写真がメインの私のもう一つのブログです。

Mystica Caelum

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
カメラ