もうすぐ大学生になる息子とアメリカで二人暮らし。日々の何気ない出来事をたくさんの写真とともに綴っています。 人生色々あって、先の事はわからないけど、とりあえず今を大切にして毎日を楽しんでます。


by marina

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最後の小児科健診

私たちがネバダからカリフォルニアのベイエリアへ引越ししてきて早くも4ヶ月が経ちました。

引っ越しの際、新しい土地にて健康保険会社やプランを切り替えたり、私と息子それぞれの主治医や専門
医なども選び、とりあえず医療関係の手続きを終了したので安心していたところ、10月の半ばに息子のH
PV(ヒトパピロマウィルス)ワクチンの接種が予定されていた事をすっかり忘れてしまってました。(汗)

ちなみに、このHPVの予防接種、日本でも十代の男子は受けているんでしょうか?


HPVは女性の場合、子宮頚がんを引き起こす原因ともなるという事で、十代のうちから女の子はこの予防
接種を受けることが勧められているみたいですが、男性も必要?とか思ってたのだけど、男性の場合も肛門
がんや、陰茎がんの原因ともなる可能性があるし、パートナーへの感染を防ぐためにもやっておいた方がい
いと言われ、息子もワクチンを接種しました。


息子が受けた予防接種は全シリーズ3回のもので、引っ越しする前の4月にネバダのクリニックで受けたの
が2回目だったので、今回が3回目で最後でした。

で、予定日より半月ほど過ぎてしまってた数日前、急いで新しい医療クリニックでアポをとり、昨日の午後、
早速、息子を連れて行って来ました。

予防接種のついでに、新しい医者と基礎をカバーしておこうと、健康診断の予約も入れてもらいました。

息子は11月15日の誕生日で満18歳となり、(あと、半月ほど!)この州では正式な”成人”扱いとなる為、
これが未成年として最後の健診になるんだなぁ…と考えると、なんとも複雑な気持ちになりましたが。


息子が選んだ主治医はまだ結構、若そうななかなかイケメンの男性の医師で、(多分、30代前半くらい?)
ティーンの扱いに慣れているのか、問診の際も決して上から目線の態度ではなく、患者の目線に立ってうま
く話を聞き出していて、普段は知らない場所や人の中では緊張しがちな息子も、すごくリラックスしてこの
医者の質問に答えてました。


基本的な問診も終わろうとし、医者が「その他、何か気になる事とかは?」と聞いた後、息子は「別に何も
ない」と言ったのですが、それまで大人しく(笑)黙って二人の会話を聞いていた私はつい、息子の長年の
チックや皮膚を掻きむしったり、髪の毛を抜いたりするOCD的行為について持ち出してしまいました。

私が口を挟んだことに対して、息子は少しイラっとした表情で私を睨んでましたが、でもやっぱりこういう
事はきちんと主治医に報告しておいた方がいいと思ったんんですよ。


その医者はそれを聞いて、まず、息子に向かって「それらについて自分自身が苦しんでいるか?辛いと感じ
ているか?日常生活に支障をきたしているか?」と息子の気持ちを聞き、息子が「全く気にならない」と
答えると、「現在のところ自分自身が困難を感じていないのであれば様子を見ることにしよう。後々もし
それらが問題になるようであれば、次のステップとして、精神科へのオプションもあるので。」と、息子
の意思を尊重した姿勢で対応してくれてました。


そして、精神科と聞くと多くの人がドン引きしてしまう傾向にあるけど、精神衛生を維持する事はとても
大切なことだし、(特に最近の大学生の間では鬱や不安症などの課題が問題になっているらしい)悩みや
心配事がある場合でも、気軽に相談してくるようにと、とても暖かく支援的な態度で息子に言い聞かせて
いたのを見て、私も安心しました。


そうそう、このお医者さん、問診の際に息子が大学生と知ると即座に「どこの大学?」と聞いてきて、息
子が大学名を答えると目がパッと大きくなり、「おぉ、素晴らしい!おめでとう!」っと言ってました。

この地域に住んでる大学生と言えば、ほとんどがこの大学に行ってて、さほど珍しくもないのでは?など
と思ってましたが、こんなふうにテンション高く”素晴らしい!おめでとう!”と言ってくれ、息子も何や
ら嬉しそうにお礼を言ってました。

(精神衛生の話をしてたのは息子の大学名を知った後だったのですが、もしかしてこの大学の学生たちに
関する噂(学業の過酷さ、競争心の激しさなどで不安症や鬱の生徒が多いなど)は全く根拠がないわけで
はないのかも?などと心配になってしまいましたが。(~_~;))


息子がチックの話をすると、ストレスマネージメントの大切さや、自分も医学生の時、学業にストレスを
感じ、歯を噛み締めるくせがついてしまい、こめかみや顎に常に痛みを感じていたのだけど、”代償的”な
ストレス発散法を見つけ、そういった行為を止めることができたなどと、自らの体験談なども話してました。


いずれにせよ、これからもしばらくの間は息子はこの医者にお世話になることになるのですが、(彼は小
児だけでなく、年齢に関係なく患者を受け入れているので18歳になった後も息子の主治医となる)こんな
ふうに時間をじっくりかけて、親身になって対応してくれる方で本当に良かったです。

(私の数々の質問にも鬱陶しがらず、上から目線ではなく、丁寧にきちんと答えてくださったので165.png


先日の散歩の風景。

この地域は風が強い日も多く、公園で凧をあげてる人達の姿をよく見ます。

b0391968_07380108.jpg

b0391968_07381241.jpg

年配のカップルが手を繋いで散歩をしている光景が、見ていて微笑ましいです。

b0391968_07382208.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
by simpleseniorlife | 2018-10-31 09:50 | 息子のこと

カテゴリ

散歩
日々の出来事
息子のこと
生涯学習
Bay Area Life
Gifted/2e
Foods
Family
Favorites
趣味
ぼやき/嘆き
Random Thoughts
TV番組・映画
ご報告
ちょっとした情報シェア
風景・動物
その他もろもろ
College life
Outings
Memories

最新の記事

何気ない疑問
at 2018-12-19 14:05
人間関係も断捨離したい
at 2018-12-18 15:13
なんともタイムリーな!
at 2018-12-17 11:34
運転練習中のちょっと怖かった..
at 2018-12-16 14:29
魚屋さんへお買い物♪
at 2018-12-15 15:37
いつも同じ場所からだけど
at 2018-12-14 17:23
そう言われてみれば、うちの息..
at 2018-12-13 11:03
散歩しながらバードウォッチング
at 2018-12-12 17:35
ギフテッドの子は早くから実行..
at 2018-12-11 15:00
それって、息子のアイデアじゃ..
at 2018-12-10 15:52

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月

メモ帳

応援のポチを押していただけると励みになります!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

夕焼けや朝焼け、雲、自然の風景や動物たちの写真がメインの私のもう一つのブログです。

Mystica Caelum

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ女子