人気ブログランキング |


大学生の息子とアメリカで二人暮らし。息子の大学生活や、日々の出来事をたくさんの写真とともに綴っています。人生色々あって先の事はわからないけれど、とりあえず”今の時間”を大切にして毎日を楽しんでます。


by marina

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

そっくり菓子で祖国を懐かしむ…そして笑う!

先日、久しぶりに地元の99 Ranch Marketというアジア系のスーパーマーケットへ行って来ました。

そこでいくつかのスナック菓子や飲み物を買って来たのですが、その中には(これ、日本のパクリちゃう
の???)っと思うような商品も。(笑)

あっ、でもどっちの国の商品が先に販売され始めたのか知らないので、”日本菓子のパクリ”って言っちゃ
ダメですよね〜。(⌒-⌒; )

”そっくり菓子”と呼ぶべきですね。

まぁ、もちろん、日本の商品と同じレベルと言うわけにはいきませんが、でもふと、突然、無性に食べた
くなったりした時の代替品として、祖国を懐かしみながらいただいてますが。

例えばこれは、私が小さい頃大好きだったベビースターラーメンのパクリそっくり品。

b0391968_15440941.jpg


チョコパイもどき。(でもこれはチョコとオレンジ味で結構美味しい。)
それにしてもえらくインパクトのある字でって書かれているのが笑えます。
b0391968_15441974.jpg

おっとっともどき。息子のお気に入り。
b0391968_15442953.jpg

ヤクルトもどき。

この"Consume within 56 days after thawing"(解凍後56日以内にお飲みください)というの、
どうして”56日”なのかが気になります。(55日じゃなくて?60日じゃなくて?なぜ56日?)
b0391968_15443804.jpg


そして最後に、これは日本のスナックでこの商品と似た様なものが私には頭に浮かばないですが、一見
日本の商品かな?と思ってラベルを読むと、何やらグーグル翻訳みたいなうさん臭い日本語!

”幸せな食の専門家を共有する”って、なんやのそれ〜〜! (;゚;ж;゚; )ブッ
b0391968_15444943.jpg

いや〜、本当に笑わせてくれます。



昨日、夕方散歩に出かけると、やっと久しぶりに鳥の姿を見かけました!
b0391968_15445813.jpg

b0391968_15450695.jpg

b0391968_15451767.jpg

Marbled godwit(アメリカオオソリハシシギ)
b0391968_15452719.jpg

b0391968_15453925.jpg

おっ、何か見つけたか?
b0391968_15455173.jpg

b0391968_15460024.jpg

b0391968_15460872.jpg

これからの季節、もっと色んな種類の鳥が見られるといいなぁ。


ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


# by simpleseniorlife | 2019-09-16 16:37 | Foods

よっぽど教えるのが好きなのねぇ

まず始めに。ポンチ君ママさん、こちらこそ、息子への暖かい支援のお言葉、どうもありがとうござい
ました。

そして、ママさんになんだか余計な気を遣わせてしまったみたいでごめんなさいね。私のブログを出して
もらっても全然平気ですよ〜!迷惑だなんてとんでもないです。

それどころかいつもママさんの記事で、私の事や私のブログ記事について書いて頂き光栄に思ってます。

いつも私たちを支援してくださって感謝しています。これからもどうぞよろしくお願いします。


さて、2日連続で息子についての話題になりますが、なんと息子、本日から毎週土曜日にオンラインで、
高校生を対象とした数学のライブコースを教える事になりました!

私自身、ついこの間知らされたばかりで、あまりに急だったのでびっくりしたのですが、どうやらこの夏
に数学キャンプのインストラクターとして雇われたプライベートの数学教育企業から、正式にオンライン
コースの教師のポジションをオファーされたようでした。

もちろん、息子はその話が出た時点で即座に首を縦に振り即決!

私にはコースが始まる少し前に「9月から正式にインストラクターとしてコースを受け持つ事になったか
ら。」っと、報告してきたのでした。

この高校生用のコース、内容は主にAMC 10/12やその為の数学コンテストでよく見られるタイプの問題
(problem solving)を指導するみたいで、こういうのが好きな息子はまさに、”No”とは言えないだろ
うなぁ、と思いましたよ。


でも週1回(2時間)のクラスに、週3回、1〜2時間のオフィスアワー(生徒達が気軽に訪れて質問し
たりできる時間)のスケジュールとなるらしく、夏休みならまだしも、大学の授業に忙しい中、時間的に
大丈夫なのか?とちょっと心配してしまうんですがねぇ。(⌒-⌒; )

大学院進学を考えているのなら、(特にある程度評判の高いプログラムを目指しているのなら)優秀な成
績(GPA)をキープしなければならないし、その為にはかなり学業に励まなくてはならないのだけどねぇ。

本当に大丈夫なのなねぇ…息子。


でも本人はめちゃめちゃ意欲満々で、すでに自分でこのコースのウェブサイトを作成したり、シラバス?
や内容説明、その他の参考資料などを作成したりして、準備万端で挑んでます。

初日の今朝、息子が自分の部屋で生徒たちを指導しているのを(オンラインでライブでクラスを教えてる)
興味深く耳をダンボにして聞いてましたが、これが、なかなかプロ並みで感心しましたよ!(親バカ!)

今まではボランティアとしてキャンプやクラスを指導してきましたが、この夏のキャンプを始め、いよいよ
息子も本格的にお金を頂いて人を指導するようになったのか〜と、ちょっぴり感動してしまいます。(笑)


例の有給のインターンシップもありますし、日曜日は相変わらず中学生の個人指導のボランティアもして
いるようですし、大学のクラブ活動として中高校生の数学コンテストの問題作成にも携わっているようで、
あまりにあれこれと課外活動に手を出し過ぎて、本業の学業が疎かにならなければいいのですが…(^_^;)

でも教えるのが好きだから仕方がないですね。

また、将来、数学の教師(出来れば教授)を目指すので、いい”実務経験”になると思いますし。

(本人は”自分の好きな事をするのはハードワークじゃない。funなので、どんなに忙しくても全く苦にな
らない”などと言ってます。)

身体を壊さないように、まぁ、頑張ってください。



少し前に旦那が撮ったリノの朝焼け&日の出です。
b0391968_07280992.jpg

b0391968_07282267.jpg

b0391968_07283222.jpg

b0391968_07284968.jpg

b0391968_07285728.jpg

b0391968_07290602.jpg

b0391968_07291689.jpg

b0391968_07292595.jpg

b0391968_07293414.jpg

b0391968_07294255.jpg

b0391968_07295271.jpg

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-15 15:15 | 息子のこと

It's official!

少し前に数学部に提出していた専攻のアプリケーションが承認され、息子が正式に数学専攻となりました!

この大学で数学を専攻して学ぶ事は、息子の昔からの夢だったので、スチューデント・ポータル(生徒の
アカウント)で正式に”Major:Mathematics”と登録されているのを見て、息子はとても嬉しそうで
したよ〜!

数学を専攻する為には、lower-level(大学1〜2年レベル)の5科目を履修している事が条件なのです
が、幸い、高校時代に当時住んでいた地元の州立大学で取った3クラスの単位が認められ、思ったよりも
早くMath Majorとなる事が出来ました。

*この大学では数学を専攻するにはまず、以下の5コースを履修済み(もしくは現在履修中)である事が
 条件となっている。

Requirements for the Major in Mathematics


LOWER-DIVISION REQUIRED COURSES

Mathematics 1A Calculus ✔︎
Mathematics 1B Calculus ✔︎
Mathematics 53 Multivariable Calculus ✔︎
Mathematics 54 Linear Algebra & Differential Equations ✔︎
Mathematics 55 Discrete Mathematics (現在取っているところ)✔︎



そしてアドバイザーと話をした結果、なんと、同じく高校時代に履修したupper-level (大学3〜4年)
の3クラスの単位もトランスファー出来るという事で、(コースのシラバスやテキスト、成績、コース
ワークなどを見てアセスメントしてもらったらしい。)upper-divisionの必須を2コース、そして選択
科目を1コース認めてくれたので、今のところ最低でも5クラスは免除されたということになります。


UPPER-DIVISION REQUIRED COURSES

Mathematics 104 Introduction to Analysis ✔︎
Mathematics 110 Linear Algebra ✔︎
Mathematics 113 Introduction to Abstract Algebra (現在取っているところ)✔︎
Mathematics 185 Introduction to Complex Analysis

TWO SEMI-ELECTIVES

Choose one course from two of the following three areas:

Computing: Math 124 Programming for Mathematical Applications or Math
       128A Numerical Analysis ✔︎

Geometry: Math 130 Classical Geometries, Math 140 Metric Differential Geometry, Math 141
     Elementary Differential Topology, Math 142 Elementary Algebraic Topology, or Math
     143 Elementary Algebraic Geometry

Logic and Foundations: Math 125A Intro to Logic, Math 135 Intro to Theory of Sets,
             Math 136 Incompleteness and Undecidability


こうやって見ると、今学期(秋学期)以降、卒業する為に必要な数学の専攻科目は残り全部で4コース
となり、息子の計算によると、後、2セメスターで学位を取れて卒業できるという事なのですが、息子
は今年の1月に大学を始めたばかりで、現在が2学期目なので、正味、トータルで2年で卒業できてしま
うという事になります。

でも私も本人もそれほど急ぐ必要はないと思っているし、息子は大学院に進む予定なので、卒業に必要
な単位を取ってしまった後でも、数学のコース、出来れば大学院レベルを取り、大学院への準備をした
いと思っているようです。

まぁ、あまり長居するのも学費がかかりますので、3年くらいで卒業してくれればいいかなと。(笑)

とりあえず、卒業するのに時間的な余裕があるというのはいい事だと思います。

その間、色々な事にも更にチャレンジし、学生生活を充実させて行けばいいですしね。

いや〜、それにしても他州の大学の単位が認められて本当に良かったです。(私たちは学費をセーブで
きますので。笑)

記念に数学部のT-shirtsを購入。

b0391968_13454943.jpg

学部の掲示板で、Dr. Terence Taoのプレゼンについてのチラシを見つけた!是非、参加したい!と
テキストと写真を送って来た息子。聞き覚えのない建物?会場名だったので、それ、あんたの大学で
開かれるの?っと聞くと、よく見たらUSCだったとガッカリ。

よく見ないで、相変わらず早とちりだわ。(⌒-⌒; )
b0391968_13460078.jpg

b0391968_16263184.jpeg

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-14 16:25 | 息子の大学生活

ギフテッド&ギフテッド教育事情についての情報note

私は去年、息子が高校を卒業し、それまで住んでいたネバダ州から現在の地域に引っ越しをしてきたのを
きっかけに新しくこのブログを始めたのですが、以前のブログではよく息子の日常や、育児、教育に関す
る話題などを書いていました。


その当時は記事で息子の特徴について考察したり、よくギフテッドやギフテッド教育についての情報も
シェアしたりしてきたのですが、話題が話題だけに長年に渡り、色々な人達から頻繁に批判や誹謗中傷
を受けたり、嫌味ったらしい不快なコメントなども送られてきたりしてました。


私に対してだけならまだしも、当時、まだ未成年だった息子に対しての叩き(能力やスキルをネガティブ
に評価したり、障害の診断に疑問を投げかけたりなど。)については、はっきり言って、(マジで大人が
やることか?)と驚愕してしまい、明らかに社会人として一線を超えているそういった行為に、大人とし
ての「常識」や「マナー」「礼儀」というものはどうなってしまったのか?と、情けない気持ちになった
ものでした。


そういうのが何年も定期的に続いたりすると、もちろん、人間ですから決していい気持ちはしませんし、
そういった不快な思いや苛立ち、怒り、悲しみなどのネガティブな感情というのは精神的なエネルギー
を吸い尽くしてしまうもので、息子が高校卒業した時点では、正直言って、私は”ギフテッド全般”につい
て、何やら妙にうんざりしてしまってました。(ーー;)


多分、ギフテッドの話題を持ち上げると又、あれこれと叩かれるので、「ギフテッド=不快感」、「穏や
かで平安な生活=ギフテッドについて触れない、関わらない」という公式が、私の中で無意識に出来上が
ってしまっていたのではないかと思います。


だからこのブログでは、以前のブログみたいにはギフテッドについての話題はあまり取り上げてません。

でもこのブログを訪問される方の中には(昔がらみで)ギフテッドについての情報を探している方も結構、
いるみたいで、やっぱりたまにあげるギフテッド関連の記事のアクセス数が断然に多いんですよねぇ。

先日のNHKのクローズアップ現代でも取り上げられていたし、最近は日本でもギフテッドについての話題
が盛り上がっているんでしょうか。


上記の理由で、現在の私はギフテッド関連から少し距離をおいてますが、でもなんだかんだ言ってもやは
り特殊な脳の傾向を持つ息子は大人になったからと言って、そのユニークなギフテッドの特徴がなくなる
わけではないですし、大人になればまたそれで、ギフテッド・アダルトならではの課題にも直面すると思
うので、まぁ、少し落ち着けばこれから先もまた、このブログでもギフテッド、特にギフテッド・アダル
トについての話題を書いて行くとは思います。


何やら前置きが長くなってしまいましたが、(苦笑)そんな”ただ今、クローゼットに閉じこもっている
ギフテッドの親”の私が、影ながら読んで勉強させてもらっているのがこちら、私の大切なお友達のmai
さんが、ギフテッド&ギフテッド教育事情についての情報を発信されているnoteのサイトです。

ギフテッドについての情報を求めていらっしゃる方には是非とも訪問していただきたいです!


maiさんはギフテッドのお子さんの母親でもあり、(カリフォルニアでギフテッド認定を受けた息子さん
は、現在、米国私立オンラインスクールのギフテッドプログラムに所属)ご自身もコネチカット大学の修
士プログラムで、ギフテッド教育の第一人者とも言われるジョセフ・S・レンズーリ教授の元で、全校拡充
モデル Schoolwide Enrichment Model (SEM)を始めとし、クリエイティビティ、才能伸張、ギフテ
ッドやギフテッド教育に関する諸々を専門的に学んでいらっしゃいます。


尚、この11月には名古屋で、「今こそ知っておきたいギフテッド基礎知識&家庭で実践できるSEM
(全校拡充モデル)」と題して、maiさんによるプレゼンテーション・勉強会が行われる予定らしいので、
興味のある方はこちら↓のリンク先をチェックしてみてください。




先日はかなり長い時間、この付近を散歩してきました。

b0391968_13424994.jpg

釣りをしている人達や…

b0391968_13432448.jpg

ヨガをしている人まで!

b0391968_13430548.jpg

一匹狼ならぬ、一羽ペリカンが孤独に一人で飛んでました。

b0391968_13440547.jpg

b0391968_13433729.jpg

b0391968_13435579.jpg

b0391968_13443304.jpg


b0391968_13444870.jpg

b0391968_13445985.jpg

b0391968_13452392.jpg

ブログへ訪問いただきありがとうございます。


ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-13 14:12 | Gifted/2e

このクラス、息子に取らせたい!

息子の大学に”Adulting”(”大人らしい責任ある行動をとる事”)という、まぁ、言ってみれば責任ある
社会人として生きていくライフスキルを学ぶクラスがあるそうです。



こちらのコース内容説明によりますと、

"The school system does not require a class for students to learn how to live in the
real world and function as an adult. We often enter college unprepared to take care
of ourselves. Many life skills, including how to develop good habits, manage stress,
pay taxes, budget our spending/income, and to live a healthy lifestyle, are necessary,
especially when college is the bridge to adulthood. This course will explore the many
dimensions of how to successfully adult. Lectures will be taught by facilitators as well
as guest speakers. There will be a mid-semester paper reflecting a personal goal that
is relevant to topics we discussed in class. The final exam will be a presentation.
Attendance is mandatory!


いいじゃないですか〜、これ!

大学生で一応、成人(18才以上)と言えど、まだまだ社会人としてきちんと機能していくのを学んでいる
最中ですもんね。

ヘルプやサポートが必要なのが当たり前。

特に親元を離れて寮生活を送っている者にとっては、普段、生活していく上で必要なスキルを学ぶ事って
とても大切なのですが、でも一人だとなかなか直接、親(又は他の大人)から指導してもらえる機会も少
ないと思うので、大学でこのようなクラスがオファーされているというのはいい事だと思います。


学業に関しては自分で難なくこなして行ってる息子ですが、ライフスキルに至っては、まだまだ身につけ
なければならない事が山ほどあるのですが、普段の生活の中で私がそう言った知識やスキル(車の運転、
炊事や洗濯、時間や健康管理、パーソナルファイナンス、などなど。)を指導しようとしても、やはり親
だと煙たがってしまって、あまり真剣に聞いてないようなので、このクラス、是非とも息子に取らせてい
ですわ〜!(ーー;)


でも調べて見たら、残念ながら今学期はスケジュールの都合で無理でしたが、出来れば来学期にでも取れ
たらいいなぁ。

特に日々の食生活やストレス管理など、心身ともの健康管理は勉学に忙しい大学生にとってはとても重要
ですよね。

最近の学生の中には学業やその他のストレスで悩み、精神を病み、不安症や鬱病で苦しむ者たちも少なく
ないようですから。

そしてこういったクラスを取ることにより、クラスの他の生徒を見て、ライフスキル(アダルティング)
について自信がないのは自分だけではないんだ!皆んな不安を感じているんだ!ヘルプを求めているんだ!
という事を知り、本人達も気持ち的にちょっと楽になるんではないかと思ったりします。

(ここの大学の学生さん達って、皆んな賢そうでバリバリに何でもこなしていくタイプみたいに見えるか
ら。笑)



先日、いつもよりちょっと遅く、日が暮れた後に散歩に出かけました。

黄昏時の空が全体的にうっすらとラベンダー色をしていて、何やら幻想的でした。
b0391968_12444935.jpg

b0391968_12451136.jpg

b0391968_12452959.jpg

b0391968_12454644.jpg

b0391968_12455769.jpg

かなり薄暗くなってましたが、まだ散歩をしている人たちが結構、いました。
b0391968_12460778.jpg

でもだんだんとその人数も減って、すぐに誰もいなくなったので、やっぱりこんなおばんでも夜の一人
歩きはちょっと怖いかなぁと思って私も帰りましたが。(⌒-⌒; )

b0391968_12462201.jpg

b0391968_12463613.jpg

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-11 14:15 | 息子の大学生活

The Great Reno Balloon Race

私たちが以前住んでいたリノで、毎年9月の始めにThe Great Reno Balloon Raceというイベント
が行われるのですが、どうやら今年は今週末(9/6~9/8)に行われたようです。


私達もカリフォルニアからリノに引越ししてから最初のイベント(2012年)に参加したのですが、当時
まだ11才だった息子はもちろんのこと、私もあれだけの多数の色んな色や形をした熱気球が青空へ放た
れるのを見るのなど生まれて初めての事だったので、子供のようにウキウキとしながら、次々と飛び上が
っていく熱気球を見上げていたのを覚えています。

私が説明するよりも、もっと詳しくこのイベントについて報告されているページを見つけましたので、そ
ちらの方をリンクさせていただきます。

(この方の写真の方がきれいだし…(⌒-⌒; ) )



以下の写真は初めて訪れた時のもので、昔のデジカメなので画像の質がいまいちですが、とりあえず貼り
付けておきたいと思います。

イベントは夜明け前から始まります。
b0391968_14161784.jpg

b0391968_14163092.jpg

b0391968_14163959.jpg


b0391968_14164778.jpg

b0391968_14170092.jpg

b0391968_14170972.jpg

b0391968_14172576.jpg

b0391968_14173471.jpg

b0391968_14174727.jpg

b0391968_14175698.jpg

b0391968_14180635.jpg


b0391968_14181521.jpg


b0391968_14182491.jpg

b0391968_14183493.jpg

b0391968_14184582.jpg

b0391968_14185422.jpg

b0391968_14190487.jpg

b0391968_14191498.jpg

b0391968_14193209.jpg

b0391968_15050284.jpg

b0391968_14192373.jpg


b0391968_14200061.jpg

息子がまだ子どもだわ〜!
b0391968_14194962.jpg

熱気球を数えようとしている。
b0391968_14201190.jpg

このイベントは金曜日から始まるので、息子を学校へ送り迎えしている時も道路から熱気球が飛んでいる
のを見かけたりしました。
b0391968_14202394.jpg

b0391968_14203287.jpg

車に衝突しなければいいのだが、とヒヤヒヤしたものでした…(汗)
b0391968_14204726.jpg

懐かしいなぁ。 この山々に囲まれた景色を見ていると、リノがちょっぴり恋しくなってきた。

最後に、こちらのタイムラプスの動画が素敵です。




ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-09 15:17 | Memories

最近のUNR (University of Nevada, Reno)

息子が高校時代の4年間、Dual Enrollmentとして数学のクラスを取っていたUNR (ネバダ大学リノ校)
ですが、(息子の第一母校と思ってます!)最近、何やら色々な事が起こっているみたいですねぇ。



少し前には学生寮の一部の建物が爆発するし、今度は新入生がその一部破壊された寮の代わりに”仮”滞在
している地元のカジノのホテル(Wolf Pack Towerと呼ばれているらしい)にスプレーでswastika (卍)
が描かれていたらしい。

(ちなみに爆発の原因はヘイトクライムではなく、何らかの事故だったみたいですが。)

この大学、広々として穏やかな雰囲気で、自然に囲まれたとても美しいキャンパスで、息子が通っている
間、そのような(ヘイトやバイアスに満ちた)出来事など聞いた事がなかったけど(私が知らなかっただ
けかもしれませんが…)最近は何やらえらくキャンパス内の雰囲気も変わって来た感じなんですねぇ。

(今回の件が初めてではなく、ちょうど1年前くらいから16件くらいもあるみたいでびっくり!)


う〜〜ん。最近、世の中はこう言った風潮がますます目立つようになって来たような。(ーー;)

これ以上、悪化しなければいいのですが。本当に残念です。

UNRのキャンパス内の風景。

b0391968_16450566.jpg

数学学部が入っている建物。息子の現在の大学の建物よりもモダンで広くてよっぽどいいですよ!(失礼!)

b0391968_16451891.jpg

b0391968_16453421.jpg

b0391968_16454524.jpg

b0391968_16455580.jpg

秋にはキャンパス内のあちらこちらで紅葉が見られます。

b0391968_16462822.jpg


b0391968_16464174.jpg

b0391968_16465647.jpg

b0391968_16470869.jpg

b0391968_16461239.jpg

b0391968_16480967.jpg

b0391968_16482456.jpg

b0391968_16474240.jpg

b0391968_16472936.jpg

b0391968_16475644.jpg

b0391968_17033625.jpg

b0391968_17035082.jpg
ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-07 18:02 | Random Thoughts

先生によってもずいぶん違うのね (^_^;)

今学期、息子は大学の卒業必須科目である外国語として、日本語のクラスを取っています。

少し前の記事にも書きましたが、この日本語の先生、ひらがなやカタカナなどの手書きの練習もかなり細い
ところまでチェックしているみたいで、今のところ、息子は宿題のプリントが返ってくるたびに、ところど
ころ赤ペンで訂正されていますよ〜。(^_^;)

でもよく見ると、この先生が”完璧主義タイプ”と言うよりは、息子の字が雑で汚いからまぁ、仕方がないの
ですが。(笑)
b0391968_14535405.jpg

私も細かいところを言わせてもらえば、"major"は”せんもん”よりも”せんこう”と言いたくなりますが…
(笑)

”ね”も"one stroke"でって書かれてるわ。
b0391968_14540780.jpg


b0391968_14542020.jpg

”き”はone strokeで書いちゃダメみたいですねぇ。(笑)

ちなみに息子は母国語である英語も字が汚いので、小学生の時からよく先生に指摘されたり注意されたり
していたのですが、私が息子の字について触れるとすぐに機嫌を悪くし、お互い、険悪なムードになって
しまってたので、私も息子の字に関してはあまりこだわってませんでした。

(どんな親やねん?(~_~;) )

小学校2年生の時のスペリングのテスト。同じ感じで先生からチェックされてますねぇ。

(息子、注意散漫だって注意されてるわ。笑)

b0391968_14543905.jpg

特に中学・高校になってからは、課題や宿題なども手書きではなく、ほとんどタイプしていたみたいですし。

だから息子の字は今でもずっと汚いまま!(笑)


でも高校生の時に当時住んでいたネバダ州のコミュニティ・カレッジで取っていた日本語のクラスの先生は、
同じような息子のライティングに対しても特に注意していたでもなし、それどころか私が”ほけこ”と読んで
しまった字(”しました”のバランスが崩れて”ほけこ”に見えた。笑)でさえ訂正もなく、”Perfect!"って、
特別ボーナスポイントまでくれてましたよ。

(おまけにスティッカーまで!幼稚園の頃を思い出す。爆笑)

この先生はすごく寛大な態度で、息子の字に対してもかなり大目に見てくれてた感じがします。

b0391968_14545930.jpg

そう言えばこのコミカレの日本語の先生、(日本人の方)クラスを1回も休まず全て出席していた生徒
に対して、授業最終日に皆勤賞として、(プリンセスの)ご褒美袋までくれたと言う。(笑)

b0391968_14550969.jpg

この麻婆豆腐の素には笑ってしまいましたが。

b0391968_14551908.jpg

先生によっても随分、違うものですねぇ。

息子よ!この大学での日本語のクラス、これから大変かもよ〜。(⌒-⌒; )



以前住んでいた家の裏庭から見たクマのぷーさん雲。

b0391968_15575346.jpg

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-06 16:04 | 息子の大学生活

午後の散歩

今日は午前中にちょっとした用事を済ませ、午後から久しぶりに少し散歩に出かけてきました。

晴れて青空ではあったものの、全体的に雲が多かったので日差しも柔らかで、心地よい風も吹き、歩いて
いてとても気持ちが良かったです。

あぁ〜、やっぱり散歩はいいですね〜! 久しぶりに心身とものエネルギーを充電した感じ。

そろそろ鳥の姿が見えるんではないかと期待して海沿いに行ったものの、残念ながら、今日も見かけたの
は万年レギュラーさんのカナダガンとかもめくらいでした。

いつ頃になったら色んな種類の鳥達が見られるようになるんだろうなぁ。

早く鳥さん達、この地域にやってきてくれないかなぁ…

今日の散歩時の風景です。
b0391968_15295995.jpg

b0391968_15301419.jpg

b0391968_15302399.jpg

b0391968_15321465.jpg

b0391968_15322885.jpg

b0391968_15323727.jpg


b0391968_16171096.jpg

b0391968_15303402.jpg

b0391968_15304315.jpg

b0391968_15305314.jpg

b0391968_15310359.jpg

b0391968_15311924.jpg

この立ち方が妙に笑えます。(^_^;)
b0391968_15313187.jpg

b0391968_15314751.jpg

b0391968_15315678.jpg

以前もアップした、同じような花ばかりですが、きれいなのでつい何度もアップしたくなります。(笑)

b0391968_16082086.jpg

b0391968_16083265.jpg

b0391968_16084135.jpg

b0391968_16085126.jpg


ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-05 16:22 | 散歩

そんな事もあるのか?

大学の新学期が始まって約1週間が経ち、息子は毎日、新しいクラスに慣れて行ってるみたいであります。

息子の話によると、大抵のクラスは今のところ講義がほとんどで、座って教授のレクチャーを聞いている
”受け身”の形式なので、それほど疲れを感じる事はないのだけど、毎日ある日本語のクラスでは、先生の
説明などと一緒に、よくクラスでグループやペアを組まされ、スピーチや会話の練習もかなりさせられる
為、日本語のクラスの後はどっと疲れるそうです。


この日本語の先生(講師)、日本人の女性で、歳は私よりも若そうな、40代くらいの方と言ってましたが、
宿題プリントが返ってきたのをみると、ひらがなやカタカナのかなり細かいところ(ハネや文字の全体の
バランスなど)まで赤ペンでチェックされていて、(うわぁ〜〜〜、めっちゃ細かい〜!(⌒-⌒; ))っと、
完璧主義タイプの先生を想像してしまいました。

英語もだけど、日本語も字が汚い息子なので、注意しないとめちゃめちゃ細かい部分で減点されそうです。


まぁ、それはいいのですが、数学のクラスについて、息子から聞いて驚いたことが一つ。

今学期履修している離散数学のクラスは、週2回の教授による講義とは別に、週2回の院生によるディス
カッションのクラス(息子の大学ではこの院生たちはGSI-Graduate Student Instructorと呼ばれて
いる)を取らなければならないことになっているのですが、息子の話によると、今日、講義の時間に教授
からいきなり、息子が選択した時間帯のクラス(セクション)がキャンセルされ、そのクラスに登録して
いる者は、別の時間帯のクラスへ編入をするようにと言われたらしいんですよ。

驚いたことに、クラスがキャンセルされた理由というのが、「GSIがこのクラス(離散数学)が難しすぎ
て教えられない」って事らしい。

えっ?マジ〜?そんなのあり???

って、びっくりしてしまった。

だって、この大学の数学学部の大学院生って、かなりトップクラスの優秀な者ばかりみたいなのに、そん
な学生が、学部のlower-division(大学2年生が履修するレベル)のクラスを指導するのが”難しすぎる”
って、そんなのありえる????って思ったんですが。

ちなみに、こちらのMITの情報によりますと、この大学の大学院の数学部門は全米でもトップ6に入る
みたいですし。

Strong Mathematics Graduate Programs

Top six: Chicago, Harvard, MIT, Princeton, Stanford, UC Berkeley

Next ten: Brown, Caltech, Columbia, Cornell, Michigan, Minnesota, NYU, UCLA, Wisconsin, Yale.



息子に聞くと、教科書をざっと見ても大した事なさそうって言ってたのに。

それにクラスの内容など、受け持つ前にきちんとチェックして決めているもんじゃないの? 新学期が始
まって、いきなり”too hard to teach"って辞退するっていうのはちょっと話が妙におかしい気がする
のですがねぇ。

(単なる言い訳?)

まぁ、決まった事は仕方がないですが、一旦、スケジュールとして確定され、生徒達も正式に登録した後
で、一度もクラスをしないままにドタキャンって、そういう事もあるんだ…(ーー;)

ちょっといい加減…

息子の話では、教授が現在のところ、なんとか同じ時間帯でこのディスカッションのクラスを再開できる
ようにする努力をしているらしいですが、この先、どうなるかまだ未定のようです。

はぁ〜、何とかうまく解決すればいいのですが。



息子がキャンパス内を歩いていて見つけたと送ってきた写真。

b0391968_13040145.jpg

真ん中の、

”I am no longer accepting the things I cannot change.

I am changing the things I cannot accept.


っという言葉、ものすごい意欲とパワーが感じられ、すごいわ〜!と感心しました。

最後に、最近気分が落ち込んでいて散歩に出る気力もなかったので、写真のネタ切れの為、過去の写真を
アップしたいと思います。

ラスベガスのBellagioの噴水ショー。

見ていると気分が晴れて、明日から頑張ろうという気持ちになります。

b0391968_14293961.jpg

b0391968_14295139.jpg


b0391968_02040879.jpg

b0391968_14300228.jpg

b0391968_14301154.jpg

あぁぁ…明日はまだ水曜日…(⌒-⌒; )

b0391968_15374452.jpg

いや、明日はもう水曜日!って思わなきゃ。

Happy Hump Day!

ブログへ訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると励みになります!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2019-09-04 15:40 | 息子の大学生活

カテゴリ

散歩
日々の出来事
息子のこと
息子の大学生活
生涯学習
Bay Area Life
Gifted/2e
Foods
Family
Favorites
趣味
ぼやき/嘆き
Random Thoughts
TV番組・映画
ご報告
ちょっとした情報シェア
風景・動物
その他もろもろ
Outings
Memories
Cal Falcons
私のこと
英語

最新の記事

そっくり菓子で祖国を懐かしむ..
at 2019-09-16 16:37
よっぽど教えるのが好きなのねぇ
at 2019-09-15 15:15
It's official!
at 2019-09-14 16:25
ギフテッド&ギフテッド教育事..
at 2019-09-13 14:12
このクラス、息子に取らせたい!
at 2019-09-11 14:15
The Great Reno..
at 2019-09-09 15:17
最近のUNR (Univer..
at 2019-09-07 18:02
先生によってもずいぶん違うの..
at 2019-09-06 16:04
午後の散歩
at 2019-09-05 16:22
そんな事もあるのか?
at 2019-09-04 15:40

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月

メモ帳

応援のポチを押していただけると励みになります!

  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

夕焼けや朝焼け、自然の風景や動物たちの写真がメインの私のもう一つのブログです。

Mystica Caelum

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
カメラ