人気ブログランキング | 話題のタグを見る


大学生の息子とアメリカで二人暮らし。息子の大学生活や、日々の出来事を備忘録的に綴っています。人生色々あって先の事はわからないけれど、とりあえず”今の時間”を大切にして毎日を楽しんでます。


by marina

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston

ブログの話題があちこち飛んでますが、後、少しだけ、息子が数学キャンプの指導員の仕事でボストンに
滞在していた時の様子を記録しておきたいと思います。

数学キャンプは集中特訓クラスで、平日は毎日8:00am-4:00pmと、かなりみっちりなスケジュールだ
ったようですが、でも夜の勉強時間が始まる前の3時間ほどは、自由時間&夕食タイムだったので、皆ん
なでハーバードやMITキャンパス付近、そしてボストン市内の様々な観光スポットを訪れたようでした。

ある時はボストンハーバーを見渡せる、Institute of Contemporary Art, Bostonという美術館へ行
ったらしく、又しても解説なしの写真だけがいくつか送られてきてました。

建物から見るボストンハーバーの景色がきれい。
【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston_b0391968_06052890.jpeg

【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston_b0391968_06051283.jpeg

【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston_b0391968_06053929.jpeg

【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston_b0391968_06055578.jpeg

【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston_b0391968_06064887.jpeg


【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston_b0391968_06451411.jpeg


【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston_b0391968_06062299.jpeg

【ボストン滞在記】Institute of Contemporary Art, Boston_b0391968_06060634.jpeg


何だかモダンな感じの作品が多いですね。

あっ、でもモダンアートじゃなくコンテンポラリーアートって事で、又、ちょっと違うんでしょうか。

気になってちょっと調べてみました。

”コンテンポラリーアート(現代美術)はモダンアート(近代美術)と対比して考えられることが多い
です。モダンアートは普遍的な美の追求を目指し、一部の深い教養を持った人を鑑賞者として想定して
いました。それに対して、コンテンポラリーアートは作品が示す意味を重要視し、鑑賞者が自由に解釈
するモノという前提があります。”

という事らしい。 (↓のサイトより引用)


なるほどねぇ。(っと言っても何だかイマイチよくわかってない。(^◇^;) )

作品が示す意味は、鑑賞者が自由に解釈して、自分なりに感じればそれでいいって事でしょうか?

息子は小さい頃からどちらかと言えば、理数系関連に興味があり、アート系には全く関心がなか
ったので、(よく科学博物館とかには連れて行ったけど、美術館には連れて行った覚えがない。)
こういう美術館は退屈だったんじゃない?と聞くと、「いや、結構、面白かったよ。」っと興味を
示していたようなのでちょっとびっくりしました。

送られてきた写真と一緒に「BAMPFAみたい!」というメッセージが書かれていたのですが、この
BAMPFAと言うのはBerkeley Art Museum & Pacific Film Archiveという大学付属?の
芸術博物館の事で、息子は大学の授業の隙間時間に結構、この美術館を訪れているみたいなんですよ!

たまにそこから色々と面白い写真が送られてきて、私も家から鑑賞させてもらったりしてます。

小さい頃は全く関心が無かった分野でも、ある程度年齢がいくと、興味や関心が芽生えてくる事も
あるんでしょうね。

もしかしたら、何気にBAMPFAに足を運ばせているうちに、アートへの関心の芽が開花した?

ところで、このBAMPFAを気軽に訪問するのも、この大学の生徒なら入場無料だからというのもあ
るんだと思います。

BAMPFAだけでなく、ここの学生だったらCampanileのトップへ行くのも無料ですし、大学付属の
UC Botanical Gardenという植物園や、The Lawrence Hall of Scienceという科学博物館へ
の入場も全て無料で、いつでも好きな時にいけるみたいなので、この特権を利用すべきですよね。


私も行きたいと思いつつ、今だに訪問できていないUC Botanical Garden。

息子は今だに植物にはあまり関心がなさそうなので、多分、私一人で行くことになりそう。



息子が小さい頃に訪れ、近いうちに再訪したいと思っているThe Lawrence Hall of Science。


色んな分野に何気に足を踏み入れているうちに、感性が刺激され(?)興味関心の気持ちが芽生え
るって事もあると思います。

私自身は息子が小さい頃など、自分の勝手な決め付け、思い込みで息子の活動分野をかなり限って
しまった感がしますが、小さい子どもに色んな経験をさせたり、様々な分野の展覧会や催しなどに
連れて行ったりして、未知の世界や分野へ導いてあげることって大切だなと思いますね。


いつも応援のポチをありがとうございます。

ランキングに参加しています。
このバナーをクリックしていただけると嬉しいです。(ㅅ´ ˘ `)♡
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2022-08-11 07:50 | 息子のこと | Comments(0)

【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム

数日前、久しぶりにCal Falconsのライブカメラをチェックしたら、Aldenがいつものお気に入りの
スポットで気持ち良さそうにloafing(切ってないパンのように横たわっている)してくつろいでいる
姿が映っていました。

Aldenは北向きのバルコニーのこの特定のスポットで居眠りするのが大のお気に入りのようで、こんな
感じで、のんびりとリラックスしたり、うとうとと眠りこけている姿をカメラでよく見かけます。
【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_17373899.jpeg

【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_08440815.jpeg

2ヶ月前に巣立ちした子ども達も、そろそろ自分たちのテリトリーを探し求め、Campanileから永遠
に飛び去って行ってしまったかな?と思っていたら、急にカメラが動いて同じ北側のバルコニーの別方
向に視点がフォーカスしました。

なんと、そこには今年の2羽の若鳥のうちの1羽、Lindsay(メス)の姿が! えっ、もう8月なのに、
まだいたの? (いや、まだ姿が見られて嬉しいんですけどね。笑)
【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_17384888.jpeg

【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_17390097.jpeg

Lindsayもよくバルコニーのレッジの上でloafingしている姿を見るのですが、えっ?Lindsayって、
亡きGrinnellの娘だと思っていたけれど、いや、この"loafing"好きはAldenから引き継いだもので、
もしかしたらAldenは継父ではなく、Lindsayの実の父だったりして????

(Cal Falconsさん、雛たちのDNA鑑定はまだなんでしょうか?早く知りたいんですけど。)

Aldenが別方向(北東方面)で居眠りをしている間、娘のLindsayも父に負けず劣らずのloafingぶり
で、反対方向(北西方面)でしばらくの間、居眠りしていました。

【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_17391297.jpeg

でもその後、カメラから姿が見えなくなってしまったと思ったら、どうやらAldenのいる方へ行った
ようでした。

AldenとLindsay、お互いの存在を認識しながら、結構、長い間、同じ場所で一緒にくつろいでまし
たよ。
【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_17375377.jpeg

【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_17380864.jpeg

【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_17382127.jpeg

Aldenって、Grinnell Jr.の場合は遠くから鳴き声が聞こえただけでもそそくさと逃げ出して避けて
いるのに、Lindsayだと逃げもせず、長い間、一緒の時間を過ごしているなんて。

もしかして、ファルコンの親子の間にも「苦手なタイプ」「相性が合わない」とかあるのかしら?

Grinnell Jr.っていつも餌をねだって親を追いかけているから、Aldenも苦手に思うのかしらねぇ。笑
【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_17383406.jpeg

父と娘のまったりタイム。いいですね〜!見ているだけでこちらまでほのぼのとした気持ちになりました。

それにしても今年の雛(たち)って、かなり長居しているんじゃ?

いや、うちも結構、長居しているからよそんちの子の事は言えませんよねぇ。 (^◇^;)

おまけ 相変わらずAnnieとの仲も良いみたいでd(^_^o)。
【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_18331838.jpeg

【ファルコン通信】父と娘のまったりタイム_b0391968_18341293.jpeg

いつも応援のポチをありがとうございます。

ランキングに参加しています。
このバナーをクリックしていただけると嬉しいです。(ㅅ´ ˘ `)♡
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2022-08-08 18:38 | Cal Falcons 2022 | Comments(2)

「紛失大魔王」健在なり!(ーー;)

息子がボストンから帰って来て、洗濯をしようとスーツケースいっぱいに詰め込まれた2週間分の洗濯物
を取り出していて気がついた。

あれっ、もしかして夜に必要になるかもしれない、とパックしていたちょっと高価なダウンジャケットが
どこにも見当たらないじゃないですか。

スーツケースの至る所や、飛行機に持ち込んだバックパックの中を隈なく探すも、やっぱりどこにも見あ
たらない…

息子に聞くと、すでにその事を承知で、私が気づくのを恐れていたかのように引き攣った顔をし、

「じ、実は、ボストンは毎日、暑くてジャケットなんかいらなかったので、滞在していた部屋のクロー
ゼットにずっと掛けたままにしていたら、帰りにスーツケースに詰めるのを忘れてた。σ^_^; )

ですと!!!もう〜〜〜! なんやねんな〜!

あれだけ出発する時に、私がボストンの天気を調べ、「向こうは熱波が予想されそうで夜でも暑そうだ
からいらんで!余計なもの持って行ったらまた、忘れ物の心配せなあかんから持って行かんでええで!」

っと言ったのに、息子は「Just in case…」っと私のアドバイスを無視してパックしたんですよ!

で、案の定、やっぱり忘れて来てるわ。( ̄◇ ̄;)

あのダウンジャケット、軽いのにめちゃ暖かくて、息子も大のお気に入りだったのに。

あるブランドのオンラインショップで数年前に購入したのですが、その後、そのジャケットとまったく
同じデザインや色がなくて、新しいバージョンはあまり好きでなかったので、ずっとその古いのを着て
いたのに。

息子は小さい頃からよく忘れ物をしたり、物を紛失したりしていて、それが日常の常だったので、私の
子育ての思い出って、息子が学校やその他の場所で失くしたものを、息子と一緒に探し回っていた時の
ことが多いですよ〜。

当時も色々と、「忘れ物・紛失」防止対策とかねって、息子に実行させていたんですがねぇ。

今回も息子に、

「滞在最終日の荷造りをする時は電話して!きちんとすべてパックしているか、私が口頭でチェック
するから!」(相変わらずのヘリコプターマムぶりを発揮してます。汗)

って言っておいたのに、結局、電話してこなかったので、(翌日の飛行機の出発時刻が早やかったので、
きっと早めに寝たんだろう。)っと思ってそのままだったんです。

そしたらやっぱりね〜〜。

あぁぁ〜、服などに関してかなり神経質で選り好みが激しい息子がやっと見つけたお気に入りのジャケ
ットだったのに、これも自業自得で仕方がないですよね。

これに懲りて、次回からはもっと注意するようになればいいのですが。

息子も「これからは荷造りする時はきっちりと、システム化して隈なくチェックするから」とか言って
ましたが、その時もどうなることやら。

やれやれ、と思いながら、そうそう、マスクも洗わなきゃ、っと布製の息子のお気に入りの数学テーマ
のマスクを入れておいた場所を探したら…

えええ〜〜!息子が一番のお気に入りだった、All You Need Is Loveのマスクもない!!!

「紛失大魔王」健在なり!(ーー;)_b0391968_21323340.jpg

息子に聞くと、帰りの飛行機内で付けていたのは覚えているけど、その時、あまりにもバタバタして
いたので、知らないうちにどこかへ置き忘れたか、落としたみたいって。( ;´Д`)

バタバタしていた理由はこちらの過去記事で説明しています。



そっ、そう言えば、息子を空港まで迎えに行った時、到着ゲートから出て来た息子がマスクをして
いなかったので、(マスク着用に関しては徹底している息子が機内や空港でマスクをしていないなど
珍しいな。)と思っていたんですよ!

でもその時は他の事で気がとられて(スーツケースをピックアップしに行かなければならなかった)
そのままで終わっていたのですが…

もう〜、又してもお気に入りのものを失くしてしまうなんて。

その後、アマゾンで同じものがないかチェックしていたみたいですが、もうなかったみたい。

最近は少しはマシになって来たとは言え、まだまだ紛失大魔王は健在のようです。(ーー;)



息子の携帯にあった、ボストン滞在中のランダム写真。

縦の飛行機雲?
「紛失大魔王」健在なり!(ーー;)_b0391968_19142390.jpeg

これは多分、ハーバード大学のキャンパス付近の様子ではないかと思います。
「紛失大魔王」健在なり!(ーー;)_b0391968_19141150.jpeg

これもキャンパス内か付近。
「紛失大魔王」健在なり!(ーー;)_b0391968_19125584.jpeg

「紛失大魔王」健在なり!(ーー;)_b0391968_19134099.jpeg


滞在中は熱波や雨を体験し、日中でも涼しくドライなSFベイエリアの気候とは大違いで、カルチャー
ショックならず、Climate ショックを受けていたようです。

(相変わらず日本語が怪しいですが。笑)

「紛失大魔王」健在なり!(ーー;)_b0391968_19123236.png
「しよやき」ではなく「しおやき」よ〜。そして、「雨がふってますよ」ですよ。

って、私も英語で書いている時、こういう細かなミスを結構、いっぱいしているんだろうなぁ。(^◇^;)
「紛失大魔王」健在なり!(ーー;)_b0391968_19144978.jpeg


いつも応援のポチをありがとうございます。

ランキングに参加しています。
このバナーをクリックしていただけると嬉しいです。(ㅅ´ ˘ `)♡
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2022-08-06 20:21 | 息子のこと | Comments(2)

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours

息子が数学サマーキャンプの仕事でマサチューセッツ州のボストンに滞在中、キャンプ活動の一部として、
Boston Duck Toursに参加したそうで、その様子を撮った数多くのボケボケ、ブレブレ写真の中から、
少しマシなものを探し出し、アップしました。

これらの写真は息子が撮ったそのままの状態で、修正も無し、何も手を加えてないので、斜めに傾いてい
たり、構図がいまいちだったりと、とにかく見にくいのですが、とりあえず雰囲気だけはわかっていただ
けるんではないかと思います。

私はこのDuck Toursというのを知らなかったのですが、息子に聞いても詳しい説明をしてくれず、ただ、
「よかった!楽しかった!」と解説なしの写真を送って来ただけでした。

なので自分でググったら、ほぉ〜、これって、水陸両用車(船?)でボストンの観光スポットを回れる
ツアーのようです。

こちらのサイトでこのツアーについての情報が読めます。


街中を走っていた乗り物が、そのまま水の中に入り、船みたいに進んでいくって、何だかすごいわ。

出発地点。左側の赤い乗り物がそれ。
【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19394510.jpeg

どでかいT-Rexもマスクしてますよ。
【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19401846.jpeg

以下、ダックツアーの乗り物から見た、ランダムなボストンの街中の様子です。
【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19404200.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19410272.jpeg


【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19411337.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19414848.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19421267.jpeg

あっ、あのタワー、UC BerkeleyのCampanileに似てる。(ファルコンが巣を作ってないかしら?)
【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19422820.jpeg

しばらく路上を観て回った後、いよいよ水中(チャールズ川)へ。
【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19431084.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19412883.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19434831.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19435839.jpeg

日没時に行ったんでしょうね〜。サンセットがきれい。

(写真のスキルがあったらもっときれいに撮れていたでしょうねぇ。残念。)

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19442398.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19443847.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19451510.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19445087.jpeg

【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19450506.jpeg

これ、最初は鳥のダックのこと?と思いましたが、多分、この乗り物のことでしょうね。
【ボストン滞在記】Boston Duck Tours_b0391968_19460863.jpeg

息子は乗り物に酔いやすい体質で、少し前まで車やバスももちろん、フェリーやボートに乗るのは
あまり好きではなかったのですが、この地域に住み始めてフェリーで頻繁にサンフランシスコへ行
き始めてからは、身体(神経?)が慣れたのか、今では大丈夫になったみたいです。

この乗り物、結構、小さいのでちょっと揺れたんじゃないかな?と思ったのですが、まったく船酔
いする事もなく、観光を楽しんだとのことだったので、何よりです。


いつも応援のポチをありがとうございます。

ランキングに参加しています。
このバナーをクリックしていただけると嬉しいです。(ㅅ´ ˘ `)♡
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2022-08-04 20:35 | Comments(4)

【ボストン滞在記】とにかく毎日忙しかったそうです

息子のボストンで行われた数学サマーキャンプの様子を記事に書くと言いながら、正直な話、実はあまり
ネタがありません〜。( ̄▽ ̄;)

だって、息子に滞在中の様子を聞こうとしても、何だかめちゃ鬱陶しがって、大体の毎日のルーティンを
言うだけで、あまり詳しい事は話てくれないんですよ。

帰って来た日もなんだかぼぉ〜っとした感じで機嫌が悪く、声もかすれて普段の息子の声ではなかったの
で、(もっ、もしや向こうでコロナに感染したか?((((;゚Д゚)))))っと、帰宅するやいなや、コロナの
テストをさせました。

(だって、私が感染したら困りますから。とりあえず、このような状態を予想して、私も数週間前に2回
目のブースターを接種して来ましたけど。)

結果は陰性で、それは大丈夫でした。

でも息子の大まかな話によると、キャンプ中の2週間の間は毎日、朝から晩までスケジュールびっしりで、
とにかく息つく暇もないほど忙しかったみたいです。

息子自身、きちんと把握していたのかどうか知りませんが、今回の仕事は数学を指導(朝9時から4時、
そして夜2時間半のStudy Time)をするだけではなく、キャンプ参加者達(中・高校生たち)の身の回
りの世話も業務責任として含まれていたようで、朝昼晩の食事の面倒、ハーバードやMITへのキャンパス
ツアー、そしてボストン観光ツアーなどの引率も任されていたので、かなり忙しかったようです。

だから私がテキストメッセージを送っても、なかなか返信してくれず、毎日、夜10時くらいになってよう
やくちょっと会話ができると言う状態でした。

でもすぐに眠たいからと言って寝てましたが。

まぁ、もちろん、その中でも自分の自由時間もあったようですが、その際は自分でハーバードのキャンパ
ス内を散策・探検したり、同僚達と交流したりしていたようで、毎日、時間を無駄にすることなく、充実
した時間を楽しんでいたみたいなのでよかったですが。

あっ、そうそう、その同僚達と言うのがこれまた、すごい顔ぶれで、MITの学生や、Harvardの研修医も
いたと言ってましたよ!

(Harvard Medical Schoolのドクター、Ph.Dじゃなくて、MDの方、とかいってましたが。)

やっぱり現地の人たちを雇ってたんだわ。

西海岸から出張(?笑)していたのは息子だけだったみたいで、そりゃ、現地の人を雇えば交通費は負担
しなくていいから、そっちの方が企業側としては経済的ですもんねぇ。

(その同僚たちは、ロボット工学や、SAT数学特訓コースのクラスを受け持っていたようで、息子は数学
コンテスト関連のクラスを担当していた。)

MITの学生さんと言うのはわかるけど、Harvard Medicalの研修医さんが中高校生を対象としたサマー
キャンプのインストラクターの仕事をするなんて、確かに待遇やお給料がかなりいいので、ちょっとした
お小遣い稼ぎにはもってこいなのかもですねぇ。

息子にしても、交通費や滞在費、食費など、全ての経費を負担してくれ、それプラス、(そんなにもらえ
んの〜?)っと、驚くほどのお給料がもらえるので、やっぱりある程度特殊なスキル(数学コンテストの
指導)があるというのはいい事ですねぇ。


そんな感じで毎日、忙しかったみたいですが、ボストン周辺の観光も楽しんだみたいですし、毎日、美味
しい食事やデザートなども食べ、新しい仲間たちとの出会いや交流も楽しんだようなので、お金をもらっ
てこんな充実した経験を得ることができたなんて、本当にラッキーですよ、息子って。


そしてキャンプが正式に終了した土曜日の夜は、こちらの過去記事でも書きました、例の現在、MITの
生徒であるFさんと会ったらしく、MITのキャンパスで落ち合った後、二人でディナーを食べに行って、
これまためちゃ楽しい時間を過ごしたと言ってました!

一緒にセルフィーを撮っていて、二人とも楽しそうでしたよ〜。

(写真から判断すると、FさんにMITの建物内を案内してもらったみたいで、クラスルームやラボなどの
様子が写ってました。笑)

あっ、その写真なのですが、やっぱり息子の写真って本当に最悪なものばかりで、2,000ほど撮ってあ
るうちの9割ぐらいがボケボケ、構図がめちゃめちゃで、見ていると目がクラクラして吐き気をもよおし
そうになるようなものばかりなんですよ。

(iPhoneでこれほどにもブレブレの酷いジャンクな写真を撮ると言うのもかなり難しいと思いますよ〜。
これも一種の才能かも? (^◇^;) )

もう、なによ、せっかくボストンにまで行ったのに、ブログにアップできるようなまともな写真がほん
の一握りくらいしかないので、ほんま、イラついてます。

とりあえず、なんとかマシなものをいくつかアップしたいと思いますが、あまり期待しないでくださいね。


  【ボストン滞在記】とにかく毎日忙しかったそうです_b0391968_23035014.jpeg

これはハーバードの図書館。(と思います。)
  【ボストン滞在記】とにかく毎日忙しかったそうです_b0391968_21064649.jpeg

又しても登場、ジョン・ハーバードさんの銅像。この男の子、将来はここの学生さんになるかな?笑
  【ボストン滞在記】とにかく毎日忙しかったそうです_b0391968_21055546.jpeg

ハーバードのT-shirtsを自分へのお土産に買って来たみたいです。

私も欲しいかと聞かれましたが、私はペンの方がいいと言ったらこんなに買って来た。(笑)

  【ボストン滞在記】とにかく毎日忙しかったそうです_b0391968_21003215.jpeg

  【ボストン滞在記】とにかく毎日忙しかったそうです_b0391968_21004557.jpeg

いつも応援のポチをありがとうございます。

ランキングに参加しています。
このバナーをクリックしていただけると嬉しいです。(ㅅ´ ˘ `)♡
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

# by simpleseniorlife | 2022-08-03 22:36 | 息子のこと | Comments(4)

カテゴリ

日々の出来事
息子のこと
息子の大学生活
息子の大学院受験
私のこと
ぼやき/嘆き
Health
Family
Random Thoughts
Covid-19
Cal Falcons 2022
Cal Falcons 2021
Cal Falcons 2020
Cal Falcons 2019
Bay Area Falcons
Raptors(猛禽類)
Gifted/2e
ちょっとした情報シェア
生涯学習
散歩
趣味
TV番組・映画
Foods
Favorites
Bay Area Life
風景・動物
ご報告
Outings
Memories
英語
非常時の備え
Current Affairs
LOL(≧▽≦)
その他もろもろ

最新の記事

【ボストン滞在記】Insti..
at 2022-08-11 07:50
【ファルコン通信】父と娘のま..
at 2022-08-08 18:38
「紛失大魔王」健在なり!(ー..
at 2022-08-06 20:21
【ボストン滞在記】Bosto..
at 2022-08-04 20:35
【ボストン滞在記】とにか..
at 2022-08-03 22:36
息子がボストンから帰りました
at 2022-08-02 19:01
GRE Math Subje..
at 2022-07-30 18:44
これでここの大学院受験はバッ..
at 2022-07-28 23:41
GRE Math Subje..
at 2022-07-27 21:30
【ファルコン通信】用心深いA..
at 2022-07-26 23:01

最新のコメント

yooさん コメン..
by simpleseniorlife at 08:50
こんばんは。 次の子が..
by noniy at 18:44
まりんばさん コメ..
by simpleseniorlife at 17:33
パッキングリストをプリン..
by まりんば at 22:30
2022-08-06 0..
by simpleseniorlife at 18:52
まりんばさん コメ..
by simpleseniorlife at 01:55
2022-08-05 0..
by simpleseniorlife at 01:18
写真の右上の角に、検索機..
by まりんば at 19:41
2022-08-04 0..
by simpleseniorlife at 14:50
まりんばさん コメ..
by simpleseniorlife at 09:00

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
more...

お気に入りブログ

Memento Vivere
Memento Vive...

メモ帳

応援のポチを押していただけると励みになります!

  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

写真ブログの方に風景をアップしてます。

Memento Vivere 2
_b0391968_08331297.jpg

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

海外生活
シニアライフ