面倒臭がりで出不精、ぐでたまみたいな中年のオバンがアメリカでの日々の出来事や何気ないつぶやき、ぼやきなどを綴っています。現在、もうすぐ大学生になる息子との〜んびり二人暮らし。たまに息子の事なども書いてます。


by marina

プロフィールを見る

海沿いの公園へ散歩

少し前、ウォークバディ(歩き友)の息子と一緒にいつもより遠出をして、うちからちょっと離れた海沿いの公園
へ散歩(って言うか、ハイキング!)へ行きました。

ちょっと離れたって言っても往復で15kmもあったので、いや〜、結構、いい運動になりましたよ〜!

(翌朝はさすがに足の筋肉が痛くて起きるのが辛かったです。汗)

ほとんどの道は散歩&バイク用のトレイルだったのですが、途中で街中の交通が多い横断歩道を渡らなくて
はならなかったりして、その間が結構距離があったので、信号が変わるまでにきちんと渡れなかったら怖い
なと思ってダッシュで渡りましたよ。(笑)

b0391968_08155809.jpg

しばらく歩いた後、海の見える公園へ到着。

b0391968_08161169.jpg


b0391968_08162150.jpg


b0391968_08164632.jpg

茶色の巨大カマキリが、泳ぎ終わって疲れ果ててビーチに這い上がって来ているように見えた。

b0391968_08171271.jpg


b0391968_08234083.jpg



b0391968_08235136.jpg

来て気がついたのですが、どうやらここも犬が自由に走り回れるleash freeの公園だったらしく、浜辺で
犬たちが嬉しそうに吠えながら、海に浸かって遊んでました。(飼い主も!)

もちろん、dog phobia(犬恐怖症)の息子は浜辺には近寄らず、すぐにあまり犬たちがいない別のエリア
へ行きましたが。

(これだけ散歩へ行く度に犬に遭遇するのだから、いい加減に犬に慣れてきてもいい頃じゃ?と思うのだ
けどねぇ。)

b0391968_08170057.jpg


b0391968_08163552.jpg


b0391968_08173775.jpg


b0391968_08182740.jpg


b0391968_08174933.jpg


b0391968_08180177.jpg


b0391968_08181278.jpg


b0391968_08184387.jpg


b0391968_08190688.jpg


b0391968_08185590.jpg



b0391968_08231147.jpg


b0391968_08191661.jpg


岩がゴロゴロとした海に面したエリアを歩いていると、あちらこちらの岩や石にカラフルなマンガチック
なイラストや文字など”落書きアート”っぽいのが描かれていて、何やら不思議な風景でした。

b0391968_08224172.jpg

b0391968_08195119.jpg


b0391968_08194075.jpg


b0391968_08225396.jpg


公園内にもその他、いくつかのトレイルがあり、それらを探索しまわったりしてしばらくの間、時間を
過ごし、そろそろ日が沈みかけた頃に帰途へ着きました。

(この公園から家へ歩いて帰るには1時間以上かかり、この地域は決して治安がいい場所とは言えないの
で、日が沈んで周りが暗くなってしまって歩くのは安全ではないのですのでね。)

帰り道から見た夕日がきれいでした。

b0391968_08240310.jpg


b0391968_08241365.jpg


b0391968_08245098.jpg


b0391968_08242819.jpg


b0391968_08250644.jpg

いや〜、それにしても、以前は散歩なんて滅多にしたこともなかったのに、(文字通り、”3歩”くらい
しか歩いてなかったのでは?苦笑)新しい地に引っ越して来てからは、頻繁にかなりの距離を歩くよう
になり、すごく健康的な毎日を送ってて、体調もいいですよ!

あっ、でも美味しいものもたくさん手に入るので、全然、痩せませんがねぇ。(^_^;)

ブログを訪問していただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-20 09:38 | 散歩

今度は息子の番(DMV)

現在、17歳の息子、以前住んでいたネバダ州のlearner's permit(仮免許証)はすでに持っているのですが、
カリフォルニアに来ると又、一から新しく申請し直さなくてはならないという事で、今朝、地元のDMV
(車両管理局)へその手続きをしに行ってきました。



(カリフォルニア(それともうちの地域だけか?)は最近のReal IDの申し込みに伴う混雑の対策として、
8月から土曜日もオープンしているらしいですよ!そりゃ、平均6時間も待たされたら、皆んな文句を言う
でしょうって。)


以前のこちらの記事で書いてますが、私が免許を申請しに行った時はアポなしだったので、合計7時間も
待たされたのだけど、(最終的にはその日は時間切れで、筆記試験は又別の日に出直しとなった。)今回
は前もってアポを取っていたので、待ち時間と諸々の手続き(筆記試験も含む)全てを合わせても、1時
間以内に終わらせる事が出来てストレスフリーでした!


予約日は少し先になるけれど、(息子のアポを取ったのは7月の始めだった)時間に余裕がある場合はや
っぱり絶対、アポを取った方が正解ですよ。


とりあえず視力検査も筆記試験もパスし、1年間有効の仮免を得る事が出来たので、これで本格的に路上
練習を始める事が出来ます。

ネバダにいた頃はまだ高校生で、とにかく学業や課外活動、大学受験関連の手続きで超忙しかったことも
あり、特にシニアの学年はほぼ、運転の練習は一時停止していたので、又、基本からやり直しね。

って言っても以前、息子の運転の指導をしていた旦那は今はまだネバダに住んでいるので、これからは私
がバトンタッチで運転の練習や指導などをする事になります。


私自身、あまり車を運転する事が好きじゃないし、まだこの地域に越して来てそれほど経ってなく、この
エリアには慣れてないので、私一人で息子の運転を指導するのはかなりのプレッシャーを感じてますが。

(~_~;) (~_~;) (~_~;)


特に旦那の指導法は、ちょっとした事でも物凄い大声で怒鳴ったり怒ったりする、”鬼軍曹”的なものだっ
たので、人一倍に不安症で刺激に過度に反応してしまう息子にとっては、「車の運転」がトラウマ化して
しまってて、あまり練習したがらないので困ったものですよ。

(その時のネガティブな感情、トラウマ的出来事がしっかりと脳に焼き付いてしまって、車のハンドルを
握るとフラッシュバックを起こし、かなり不安感が高まるみたいです。汗)


普通、ティーネイジャーとか早く車を運転したくてしょうがない!って感じではないかと思うのだけど、
うちの息子の場合はもう、車の運転=嫌な思い/怖いというネガティブな公式が成り立ってしまっている
から、まずそのコンディショニングされた状態を打ち崩して行くことから始める事になります。


(大体、息子に限らず、車を運転するのがまるっきり初めての時に、即座にアクセルとブレーキをうまく
コントロールできないからと言って耳元で鬼軍曹のように大声で怒鳴りまくられたら、誰でも運転するの
が嫌になりますよ。)


まぁ、これからはゆっくりと焦らず、心の運転トラウマを癒しながら、”息子に合った、効果的な”やり方
で、気長に指導して行きたいと思います。

いや〜、それにしても、これでしばらくDMVへ行かなくていいので嬉しいわ〜!


先日の夕焼け。雲から放った光がなんだかとても神秘的でした。
(思わず自由の女神の冠を思い出してしまった。)

b0391968_08371841.jpg


b0391968_08373041.jpg


b0391968_08374637.jpg


b0391968_08380603.jpg


b0391968_08382058.jpg

ブログを訪問していただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のポチを押していただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-19 10:41 | 息子のこと

失って改めてありがたみを実感する

いつもはそれほど気にしていないのに、失ってみるとありがたみを感じるというと、まず、「健康」がすぐに思
い浮かぶのですが、最近の私は「一軒家」に住む事のありがたさをひしひしと思い知らされています。

現在、色々と事情があり、短期的な仮住まいとして、2階建てのコンドー(コンドミニアム)の下の階
に住んでます。

引越しする前に(下の階だと、もし不幸にも上の住居人がうるさい人だったらかなわんなぁ…)と不安
ではあったものの、時間的に切羽詰まった状態だったのもあり、他のオプションを探すのも面倒だった
ので、物件を下見したその場で決断し、サインをしました。


ここに越してきて約1ヶ月半くらい経ちますが、やっぱり私が恐れていた通り、上の階の住人がみしみし
と歩く音(振動)や、トイレの水を流したり、シャワーを浴びたり、洗濯機を回している音なんかも結構
聞こえてきたりして、やっぱりかなり鬱陶しいですよ〜。


コンドーの建物自体も古くて(80年代に建築)防音性が低いのもあるとは思うけど、それにしても普通
に歩いたり、トイレで水を流したりするのがこんなに聞こえるか〜?ってちょっとイラついてますよ。

っていうか、あれは普通に歩いてませんね。

大股でドシドシと歩いてる感じで、まだ見たり遭遇したことはないけど、上の住人は絶対、カラがどで
かい男の人じゃないかと思いますよ。

私はもともと音に敏感で、(歳とってるわりには未だに耳は抜群にいい!)眠りが浅く、ちょっとした
小さな音でもすぐに目を覚ましてしまう為、夜中に上の住人がめしめしと音を立ててトイレに行く音に
目が覚めたりして、本当に鬱陶しったらありゃしませんよ!


現在の住まいに越してくる以前は、もう20年以上もずっと一軒家に住んでいたので、二階の音どころか、
隣近所の騒音などにも悩まされることがなかったので、今、思えば本当にラッキーだったなぁと思います。


その時はごく当たり前で、なんとも思っていなかったけど、”当たり前と思っていた事や物”を失ってみて、
改めてそのありがたみをひしひしと感じます。

これってこっちがコントロールできない事なんで、やっぱりなるべく気にしないようにして、慣れるしか
ないんでしょうねぇ。


私って、一旦、物事が気になったらそれが脳に焼き付いてしまって、それをなかなか振りはらう事が出来
ず、イライラしてストレスとなってしまうタイプなんで、その事にフォーカスせず、何とか気を紛らす対処
法を考えださないとダメだわ。

(ちなみに私と一緒で、音に敏感な息子はいつもパソコンをやる時はヘッドフォンをしているので、上の
騒音はあまり気にならないみたい。)


あっ、私もヘッドフォンをつければいいのか!

あっ、でも私、触覚過敏で、頭や耳などに何か物が触れているのがすごく嫌なので、ヘッドフォンじゃな
くて、イヤフォンじゃないとまたイラついてストレスフルになるわ。

小難しいおばんですねぇ。(^_^;)


いや、こんな日常の何気ない小さな事だけど、”いつも当然だと思って気にもとめてなかった事”を失って
みて改めて、その”快適さ”に気がつき、有り難みを実感しているという話でした。


先日、Trader Joe'sでネオポリタン(チョコレート、苺、バニラ)のJoe-Joe'sを見かけ、これはまだ
トライした事がなかったので、買ってみました。

色々あるJoe-Joe'sのシリーズの中でもこれは結構、甘さも控えめで、一度に3つのフレーバーを楽しめて
(一粒で3度美味しいみたいな。)なかなか美味しかったです。

b0391968_14501298.jpg


b0391968_14502504.jpg


ブログを訪問していただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。お帰りの際に応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-18 15:14 | ぼやき

Atypical Season 2

ちょうど今から1年ほど前に息子と一緒に観たNetflixのオリジナルドラマ、Atypical(日本語のタイトルは”ユニ
ークライフ”というらしい。)そろそろシーズン2が観れる頃じゃないの〜?っと思っていたら、やっぱり!

来月(9月7日)に公開されるみたいですよ〜!



う〜ん、楽しみだわ〜!

9月7日って言ったら後、1ヶ月もないじゃない。

息子もすごく楽しみにしているので、その日は二人で一気観しそうです。

日本のネットフリックスでも公開日は同じなのかしら?




ブログを訪問していただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-17 14:25 | アメリカのTV番組・映画

SAT個人指導のボランティア

ただ今、ギャップ・イヤー中の息子、(秋学期をスキップして来年の春学期から大学進学)そろそろ時間を持て余
して退屈してきてんじゃないの〜?っと思っていたら、私と出かけたり散歩に行く以外の時間はパソコン
に向かってカタカタと一生懸命何かを打ち込んでたり、スカイプで友達や、色んな活動でコラボしている
人たちとチャットしたりして、結構、毎日忙しそうにしてます。

あと、高校時代にやっていた、数学の個人指導(以前はお金をもらっていたけど、今は完全ボランティア)
もきちんと続けているみたいで、定期的にネットで以前の教え子達を指導をしている声が隣の部屋から聞
こえてきたりしてますね。


普段はMathcountsやAMCなど、数学コンテスト関連の指導をしているみたいだけど、最近は教え子のA
君がDavidson Academy (ネバダ州リノにあるギフテッドの専門学校)の受験を目指しているという
事で、SATの指導を集中的にやってるみたいですよ〜。

(Davidson Academyの応募資格の一部として、SATかACTである一定の数値を得ることが必要。)

詳しくはこちらのリンクへ→Davidson Academy Qualification Criteria


A君はこの8月から7年生で、来年度のGrade 8からスタートできるように受験するみたい。

出来れば数学は700以上を目指したいとのことなので、息子も何とかA君の希望が叶うように、指導を頑
張っているみたいです。


数学に関して言えば、息子は高校時代に受験したSAT3回(9年生x1、11年生x2)と SAT2が1回(9年
生)、そしてACT3回(8年生x1、11年生x2)と、全てにおいて満点(800, 36)だったので、まぁ、そ
れなりに教えるだけのクレデンシャルはある?とは思うのですが、先日、何やらいつもと聞こえてくる単語
が違うぞ?(数学用語じゃなかった!)と思ってよく聞いてみると、なんと、SATのリーディングのセクシ
ョンまでも指導してたじゃないですか!

A君とのセッションが終わったあと、すぐに息子のところへ行って、「数学はまだしも、あんた、そんな
勝手にリーディングまで指導して、もし間違ったことなど教えたら大変じゃない!無責任なことしたら
ダメよ!」と言うと、

「いや、A君が選んだ答えや疑問に対して、自分の意見や考えを言っているだけで、それが絶対だと言って
るわけではないし、彼もそのことを理解しているから、あくまでも参考程度にしてと言ってあるから大丈夫
だよ。」

などと言ってましたがねぇ。


ほんと、変に間違ったことでも教えてたらとんでもないですから。

リーディングの方はほどほどに、とは言っておきましたが…汗

(まぁ、リーディングに関してもそんなにめちゃくちゃなスコアだったと言う訳ではないのだけど、やっ
ぱり用心に越したことはないし。)

まぁ、でも基本的には数学の方を楽しそうに指導してます。


それにしても、A君には彼が望む時にはいつでも相談や質問に応じたり、指導をしてあげたりしている
みたいで、(平均、1回のセッションは2時間くらい。)いくら教えるのが好きと言っても、うちの息子、
かなりボランティア精神あふれてるなぁと、親ばかながら感心しますよ。

私だったら面倒くさくて出来ないわ。

(教えられる能力もないですが。😂)


以前はお金をもらっての有料個人指導だったので、A君のお父さん(ネバダ大学リノ校の生化学の教授)
は今は息子さんが引き続き無料でレッスンが受けられて、きっと喜んでいるんじゃないでしょうか。

A君、SETも目指しているとの事なので、13歳になる今年の12月までにSAT Mathで700点取れたら
いいね!


散歩の途中で見かけた光景。

b0391968_13504223.jpg


b0391968_13505361.jpg


b0391968_13510218.jpg


b0391968_13511222.jpg


b0391968_13512285.jpg


b0391968_13513390.jpg

ブログに訪問していただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のポチを押してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-16 15:10 | 息子のこと

思わぬ遭遇!(その2)

先日、ちょっといつもと趣向を変え、よく行く海沿いのトレイルとは別方向の、町側の道路に面した小道を散歩
していたのですが、途中の横断歩道で何やら結構、大き目の鳥の群が道路の向こう側を渡ろうとしている
のを見かけました!

後ろから近づいてみると、んっ?よくわからないけど、なんだかワイルド・ターキー(野生の七面鳥)っ
ぽい感じが。

この横断歩道、車も結構、行き来していて、ごく普通の住宅街で見られる道路にあったので、野生の鳥の
群(家族?)が横断歩道で車が止まるのを待って、それぞれがちょぼちょぼと向こう側に渡っている姿は、
何やらすごく見慣れない不思議な光景でしたよ〜。

この横断歩道🚸。七面鳥たちが目指していた向こう側は公園となってます。

b0391968_11215003.jpg


b0391968_11221149.jpg


b0391968_11222400.jpg


b0391968_11223638.jpg

写真では分かりにくいですが、(左側の方に車がちょっとだけ見える)鳥達が道路を完全に渡ってしまう
まで、全ての車はきちんと止まって、とても辛抱強く待ってましたよ!

(暫くの間、交通が完全にストップしてた。)

それ見て、(まぁ、ほのぼのとした光景。皆さん、優しい〜!でもサンクスギビングにはなんの躊躇も
なくターキーの丸焼き食べるくせにねっ。)って思いましたが。(それはまた話が別って?)

b0391968_11225117.jpg

皆んな無事に公園側に渡ることができました。

b0391968_11230913.jpg


b0391968_11232098.jpg

こんな普通に車が行き交っている住宅地の道路で、野生の七面鳥の群れを見かけるなんて、意外だったの
でちょっとびっくり!

思わず、以前住んでいたネバダのちょっと山の手の住宅地域で、鹿の群れが道路を渡っていた時のことを
思い出してしまいましたよ。

b0391968_11233316.jpg


b0391968_11234795.jpg


b0391968_11235957.jpg


b0391968_11241478.jpg

少し前のスカンクといい、この七面鳥といい、この辺って結構、野生の動物が見られるのね。

ブログを訪問していただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のポチを押していただけると励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-15 12:07 | 散歩

2eの脳を理解する

Davidson Instituteのリソースデータベースに、Understanding the 2e Brainという2eの脳について書かれた
情報を目にし、その内容がとても興味深かったのでリンクをシェアしますね。


ギフテッドや2eはもちろん、脳の構造や機能全般について関心がある私には、ほぅ、なるほどねぇ〜、
っと、息子の特質・特性などと比較して、納得しながら読みましたよ。

中には息子にドンピシャリと当てはまるところがいくつもあり、つい、笑ってしまった〜。

この、

"Dr. Houskamp found that gifted children develop what are called sensory prints
(or images) in their brain at a very early age. These sensory images are derived
from a range of childhood experiences that register both pleasant and negative
experiences depending on how the child reacts to the stimuli.

Combined with an extra sensitive nature, or large capacity to register sensory inputs,
the gifted child will record numerous intense experiences as they develop though
childhood. It is these memories that can be drawn on, or even simply appear at a
sub-conscious level, at any time later in life. Some examples of sensory prints might
be a reaction to a loud noise, the taste of a strawberry, or a nip from a dog. 😂
These implant themselves in the sensory print as lasting memories that can resurface
when similar experiences are encountered later in life. Therefore, a negative classroom
experiences or any traumatic life event can impact how the 2e child responds to like
situations."

(Understanding the 2e Brainより抜粋)

などという部分など、(特に犬に噛まれたのがトラウマになってるところなど。😂)まさに息子の特徴
そのものって感じで…


ギフテッドの子の脳って、ただでさえ刺激に対して強く激しく強烈に感じてしまうのに、それだけでなく、
その出来事やその時の感情、インパクトなどがしっかりと脳に焼き付いてしまい、(記憶力が良いせい?)
その後、そういった記憶が同じような状況、状態の時などに思い起こされ、その度に同時にその時体験し
た感情や精神状態までもが再度浮上して、不安感を煽らせたり、パニック状態に陥ったりするんでしょう
ねぇ。

(嫌な出来事を繰り返し何度も実際、体験し続けているようで本当に気の毒…)

うちの息子もまだ1歳くらいだったとき、やっと食べ始めたごはんの粒が気管に行ってしまい、ゲホゲホ
と咳をして嫌な思いをしてからというもの、それ以来何年も白いごはんを食べるのを拒否してしまい、困
ったことがありました。

(半年くらい経った後でも、毎回、ごはんを食べさせようとしてももの凄い癇癪起こして大泣きで拒否!
赤ん坊のくせにそんな前のことをまだ覚えているか?執念深い子やわ!ってその時は思いましたよ。汗)

そして未だに自分が嫌だった出来事、悲しい、悔しいと思ったことなど、どんな昔のことでもしっかり覚
えていて、

「ほら、僕がまだ4歳の○年、○月○日に、○○の駐車場でママは僕に対して、○○って言っただろ!僕はその
時、本当に悲しくて悔しい思いをしたんだから!」

など、もう13年も前のことでも、年月日、場所、周りの状況や事情、私が”使った”単語、フレーズなどを
鮮明に覚えてて、それを後々になって持ち出してきて咎められたりするのだけど、私の方はそんなこと全
く覚えてないし…(^_^;)


小さい頃(4〜5歳くらい)に私が息子を叱った際に使った”disrespect"という言葉がかなりのトラウマ
となってるらしく、今だにその言葉を(私からでなくても)どこかで聞いたりすると、咄嗟に両手で耳を
抑えて精神的に動揺した状態に陥ったりしてますしね。

まぁ、小さい頃と比べると、現在はかなり状態は改善されましたが。

上の記事の中に、

”Dr. Houskamp also found that in addition to a deeper reservoir of intense memories,
the limbic system, that which regulates behavior, tends to be underdeveloped in twice-
exceptional children and is easily overwhelmed by the intense messages being sent
from the child's sensory prints. Thus, at the very moment that they are experiencing
an intense emotion they do not have the capacity to regulate how to respond in an
appropriate manner."


っとありましたが、2eの子たちって、このように”一旦焼き付いてしまったらなかなか消え去ることがで
きぬくい”強烈な記憶の貯蔵庫に加え、行動を調整する大脳辺縁系の発達が一般よりも遅れ気味の傾向が
あるみたいなので、小さい頃はこれらの強烈な感情をうまく調整し、適切に対応したり反応することが
難しいみたいですが、息子の場合も小さい頃はまさにそうだったけど、年齢を重ねるごとに少しづつ大脳
辺緑系の発達が追いついたのか、自分自身でそれなりのコーピングスキルを身につけて行き、今ではほぼ
感情も”コントロール”できる状態になってきたので安心してますが。


そして最後に、

”Finally, the frontal lobe, the part of the brain that is responsible for executive
functioning relies on the full development of the limbic system to reach its full
potential. Again, given the delays in development of the regulatory, language
processing, and sensory system, the growth of this part of the brain is also
suspended, leading to further issues such as struggles with attention, organization
and planning, decision making, perfectionism, and the ability totransition properly."


っと、実行機能を司る前頭葉が最大限に発揮するのには、大脳辺縁系の完全な発達に依存しているので、
この部分(大脳辺縁系)発達が遅れていると必然的に前頭葉の発達にも影響し、集中力や整理整頓、管
理、計画、意思決定、完璧主義、そしてトランジッション(行動やルールの切り替え)の能力などの点で
問題が出てくる恐れがあるというのにすごく納得しました。

2eの子に必要なのは、まずはこういった特殊な脳についての周りの理解とサポートや援助、そしてちょっ
と普通より発達に時間がかかるので、暖かく気長に成長を見守ってあげる心構えではないでしょうかね。


b0391968_09565857.jpg

ブログを訪問いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。応援のポチを押していただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-14 10:19 | Gifted/2e

自分が実践していない (^_^;)

昨日は週末に私たちを訪れていた旦那が「ディナーにDim Sum(飲茶)が食べたい!」と言ったので、久しぶり
に家族でこの地域のチャイニーズレストランへ飲茶を食べに行きました。

(旦那の住んでいる地域はあまり美味しい飲茶の店が見つからない。)

飲茶はランチタイムだけかな?と思っていたら、さすがベイエリア、この辺りには時間に関係なく一日中
飲茶をサーブしているレストランが多く、私たちもディナーの時間帯に行ったのだけど、オーダーするこ
とができました。

(中には夜中の3時くらいまでやってるとこもあるくらい!)

それにしてもやっぱりこの地域、アジア人が多いわ〜!


ネバダ州に引越しする以前にも一応、カリフォルニアに住んでいたけれど、その時はどちらかというと内
陸部の方だったので、(サクラメント方面)ここほどアジア系は多くなかったのですが、(どちらかと言
えばヒスパニック系が多かった)いや〜、やっぱ、この辺はかなり多いわ〜。


広い店内を見渡す限り、周りはアジアンばかりで、(まぁ、チャイニーズレストランですから当たり前か
もしれませんが。)それ以外の人種はあまり見当たらず、半分アジア人(日本人)のくせに見かけがあま
りアジアっぽくない旦那は、何やら妙に目立ってましたよ。(笑)

b0391968_09545384.jpg


b0391968_09550866.jpg

オーダーした諸々の飲茶。

b0391968_09571190.jpg

このチャイブ(にら?)入りのダンプリングは美味しかった。

b0391968_09552579.jpg

中華レストランで中国料理をサーブしているのに、そっとさり気なく”おいしい”と書かれたお皿が
出てきたのには妙に笑ってしまった。

b0391968_09553945.jpg

エビがぷりぷりの焼売。
b0391968_09555356.jpg

グリーンオニオンのパンケーキ。
b0391968_09560594.jpg

b0391968_09561992.jpg

b0391968_09563120.jpg

b0391968_09564325.jpg

b0391968_09565454.jpg

どれもこれもとっても美味しかったです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ここから本題です。

私たちがディナーを食べ終え、中国人のウェイターがお勘定を持ってきた際、私と旦那に向かって、
「ユー ワント フリー ディーシャーツ?」とかなんとか聞いてきたのですが、彼の英語のアクセ
ントがすごく強くて、(中国語訛り)私も旦那も何を言っているのか聞き取れず、数回聞き直したの
だけど、何度聞いても、(私も旦那も)

「フリー ティーシャーツ」(無料のT-shirts)

にしか聞こえなくて、旦那と二人で顔を見合わせながら、そのウェイターに「Free T-shirts?」って
聞き直したら、彼は困った顔して何度もまた、

「フリー ティーシャーツ!!!」

って繰り返して、もうお互いらちが明かない状態!(汗)

そんなやりとりを見て、テーブルの向こう側に座って大好物のローストダックを無言で堪能していた
息子が、ふと顔を上げて私たちに、「デザートだよ!」って言うじゃありませんか!


あぁぁぁぁ〜、そうだったんだ、ティーシャーツではなく、デザートだったんだ〜!っと、私も旦那
も顔を見合わせて大納得し、やっと会話が通じたと言うわけでした。(汗)

でもどうして”デザート”が”ティーシャーツ”に聞こえたかようわからんけど。(~_~;)

いや〜、そうですよねぇ〜、ちょっと考えてみたらすぐわかることなのに…

レストランでメインの食事を終えて、ウェイターが聞いてくることって言ったら、ほぼ、デザートの
ことですよね。


まだ息子が小・中学生の頃、当時リーディングの読解、解釈が苦手だった彼に、「文章を読んで理解
できない時は、文章や単語そのものだけにフォーカスするのではなく、その話題に関する全体の背景
や状況、文の前後の文脈など、幅広い視点で多角的にみると理解がしやすい」などと指導をしていた
くせに、なによ、自分自身はそう言う要素(レストランで食事を終えた後のシナリオ)なんか全く考
慮に入れず、ただ、そのウェイターの発する言葉(発音、アクセント)のみにフォーカスしてたから
彼の言うことを察することができなかったんだと思います。


心の中で、(中国レストランで無料でT-シャツくれるなんて、何?レストランのロゴ入りシャツか何
か?商売宣伝の為の特別企画?)など、まったくトンチンカンな思いしか浮かばなかったですよ。😂


人(息子)に偉そうなこと言ってたわりには、何よ、自分はそれを実践してないやないの?って思い
ましたが。あはは。

まったく情けないですよねぇ。

それにしても、マジで私、(無料だったらどんなダサいデザインでもそのTシャツ欲しいかも?)って
思って、もう少しでそのオファーに「Yes, please!」って言うところでしたよ。

もう少しで大恥かくとこだったけど、息子に救われました。(苦笑)


ブログを訪問していただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。お帰りの際に応援のポチを押していただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-13 11:09 | 日々の出来事

相変わらず振り回されています

ただ今、引越して以来会ってなかった別居中の旦那が、カリフォルニアの私たちを訪問中であります。

今週の水曜日の夜、いきなり旦那から「金曜日の朝にそっちへ行くから!」とメールがあり、(えっ?
明後日?又しても突然だなぁ)と思って金曜日の朝、指定の時間に待っていたら、もうすでに家を出て
いなくてはいけない時間をとっくに過ぎた頃(旦那が住むところからうちまで運転して4時間くらいかか
る。)になってメールが入り、

「まだ家にいる。今、コーヒー飲んでいるからそっちへ着くのは昼過ぎになるから。」って…

最初に言った時間が早朝だったので、こっちはわざわざ目覚ましをかけて早起きして待っていたのに、
自分はのんびりコーヒーなんぞ飲んでくつろいで、勝手に時間を変更しやがって!っとちょっとイラつ
きましたが、まぁ、せっかく遠いとこから訪ねてくるんだし、と何も言わず、

「オッケー、じゃぁ、昼過ぎ頃ということで、待ってるから。」

とだけ返事しておいたんですよ。

そしたらその後、1時間くらいしてまたメールがあり、

「何やら妙に気分が優れないので、やっぱり今日、行くのはやめる。そっちには来週の月曜日の早朝へ行
くことにしたから。」

とあり、私はそのメールを読んで、かなりイラつきが悪化してたけど、まぁ、体調が思わしくないのなら
仕方がないと思って、

「それなら週末はゆっくり休むように。月曜日の朝に待ってるから。」

と返信したんですよ。

それが金曜日(昨日)の昼少し前の会話で、私もそれを考慮して、土日の計画など立て直していたら、今
度はその日の夜10時くらいになってまた旦那からメールがあり、

「来週の月曜日に行くって言ったけど、計画変更で、やっぱり今からそっちへ行くわ!夜中の3時頃にこ
っちを出るから、そっちへ着くのは土曜日の朝の6時半くらいだから。」

って。ぐわぁ〜!!!ヽ(`д´;)/ щ(`Д´щ;)


でたー!旦那の典型的な、”相手の都合などまったくお構いなし。自分の気分次第でコロコロと気持ちや
予定を変える万華鏡のような気まぐれ行動が!!!!

って、ついにイラつき満開!

いつもならばここで、「全く、あんた勝手なことばかり言って!」と文句を口にしてちょっとした言い争
いになっていただろうけど、メールだったので、私も返信する前にグッと一息飲んで、そう言ったネガテ
ィブな言葉は一切、書かず、ただ淡々とプランのやり取りをしましたが。

こちらの記事でも書きましたが、やっぱりひとクッション置いたメールでのやり取りは冷静さが保て
ていいわ〜。)

まぁねぇ…この人との結婚生活も今年で丸24年。かなり慣れましたけどねぇ。


旦那が何か決めたり、プランを言ってきても、あくまでも予定は"tentative"、仮計画、くらいの意識で
ないと、ルーティンを重んじ、一度プランを決めたらこちらがコントロール出来ない事情などではない限
り、それを貫き通す私や息子は、旦那の「気まぐれ行動」には本当に精神的に振り回されて疲れてしまう
ので、今は離れて暮らしているから影響がなくなると喜んでいたけど、やっぱり完全に旦那の気まぐれか
ら自由になることはなさそうです。(~_~;)


こういうのを見ると、うちの旦那って、本当に「パースペクティブ・テーキング」(人の立場になって物
事を見る)のスキルが欠けていると思いますよ。


自分の行為や行動などが、”相手やまわりの者にどう影響してくるか”などといった点など考えたことも
ないくらい、(いや、そこまで気が回らないんでしょうが。)自分の視点からしか物事や世界を見る事
が出来きず、勝手気ままに生きてるって感じで…


これまでその事を幾度も旦那に指摘しても、意識や行動は改善されないし、もう、歳とり過ぎちゃって無
理かも?などと思うのですが、旦那が勝手行動をやる時など、いいソーシャルスキルの学びの機会だと思
って、息子には旦那の例を用いてそう言ったポイントなども指摘して意識付けをしてますよ。


正直言って、そのお陰か、そういう(人の視点から物事を見る、感じる)点においては、旦那より息子の
方が断然、アウェアネスがありますよ!

というわけで、今週末はこの気まぐれ野郎に振り回されそうだなぁ。

きれいな夕日や景色を見て、ストレス解消しています。(苦笑)

b0391968_07220535.jpg

b0391968_07222422.jpg

b0391968_07223992.jpg

b0391968_07225267.jpg

b0391968_07230337.jpg

ランキングに参加しています。
応援のクリックを押していただけると励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-12 08:41 | ぼやき

乗り捨てできるのが嬉しいLime Bike

まだネバダの山奥に住んでいる頃は、”歩く”と行ったら家を出てすぐのところ(徒歩100歩もない?)にある
郵便受けをチェックするくらいで、まさに運動不足だった私。

現在、住んでいる地域には、周りにウォーキングやサイクリングができるトレイルがあちこちにあり、引
越しして来て以来というもの、頻繁に散歩に出かけるのが習慣になって、基本、ぐうたらで出不精、(家
に)こもりのおばちゃま(古過ぎるって?)の私は、この変化に自分でもびっくりしてますよ!


いつもトレイルを散歩していると、よくバイク(自転車)に乗っている人たちが結構なスピードで通り過
ぎて行ってて、そういうのを見るととても気持ち良さそうで、私も乗りたいかも…と思うのだけど、でも
バイクを買っても我が家は小さなコンドーで、パティオにある倉庫も狭いのでどう考えても自転車を収納
できるとは思えないので、まず無理だな、と諦めてました。


こんな感じでよく見かけるサイクリスト達。

b0391968_10411981.jpg


b0391968_10420992.jpg


b0391968_07250048.jpg

b0391968_07241377.jpg

b0391968_07242627.jpg


b0391968_07244063.jpg

b0391968_07251513.jpg


が、私と息子が行く近くの公園で、よくLime Bikeを見かけ、ふと、これを利用したらどこでも気軽に乗
り捨てができるので、ちょっとしたサイクリングが楽しめるかも?と思いました。

b0391968_07231266.jpg


b0391968_07232316.jpg


(どちらかと言うと、見た感じが日本のチャリに近いので、スピードも限られているだろうし、長距離を
乗るのには向いてなさそうだけど、近場を気軽に乗るのにはいいかも。)

きちんと前にかごがついているところも日本風で嬉しい。(笑)

このLime Bike、特にちょっと大きめの都市内とか、大学のキャンパス内とか重宝しそうですよね。



ブログを訪問していただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-08-11 07:43 | Bay Area Life

カテゴリ

散歩
日々の出来事
息子のこと
生涯学習
Bay Area Life
Gifted/2e
Foods
Family
ぼやき
Random Thoughts
アメリカのTV番組・映画
ご報告

最新の記事

海沿いの公園へ散歩
at 2018-08-20 09:38
今度は息子の番(DMV)
at 2018-08-19 10:41
失って改めてありがたみを実感する
at 2018-08-18 15:14
Atypical Seaso..
at 2018-08-17 14:25
SAT個人指導のボランティア
at 2018-08-16 15:10
思わぬ遭遇!(その2)
at 2018-08-15 12:07
2eの脳を理解する
at 2018-08-14 10:19
自分が実践していない (^_..
at 2018-08-13 11:09
相変わらず振り回されています
at 2018-08-12 08:41
乗り捨てできるのが嬉しいLi..
at 2018-08-11 07:43

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月

メモ帳

写真がメインの私の別ブログです
Mystica Caelum

記事ランキング

ブログジャンル

50代
海外生活