もうすぐ大学生になる息子とアメリカで二人暮らし。日々の何気ない出来事をたくさんの写真とともに綴っています。 人生色々あって、先の事はわからないけど、とりあえず今を大切にして毎日を楽しんでます。


by marina

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

何気ない疑問

本当にしょーもない事で申し訳ないのですが、以前からずっと、Facebookのリアクションにはどうして
「怖いね」がないのだろうと思ってました。

「うけるね」や「すごいね」、「悲しいね」そして「ひどいね」と、笑ったり驚いたり、悲しんだり怒っ
たりなどはあるのに、どうして「怖いね」がないのだろうかといつも不思議で仕方がありません。

「怖がる」という感情(リアクション)って、すごく基本的なものだと思うのですが…

b0391968_13305474.jpeg
今日なんかもFBのニュースフィードで↓の記事を読み、うわぁ〜、めちゃ怖いやん〜149.pngっと思ったので
すが、「怖いね」のリアクションボタンがないのでどうにも出来ず、何だか悶々とした気持ちでしたよ〜。
(~_~;)



まぁ、このアメーバに感染して死亡する確率は限りなく低いみたいですが、(一旦、感染すると致命的で
はあるものの、感染する確率は低いみたい。)いや、それでもこういう微生物が存在するのって本当に恐
ろしい…

ファイスブックに是非とも「怖いね」のリアクションも追加して欲しいと望むのは、心配性で”びびりぃ”
の私だけなのでしょうか?



最近、ずっと曇りの天気が続いていて、今日もどんよりとしたグレーの空模様でした。

b0391968_13460792.jpg

夕方に用事を済ませて帰る頃には雲も少し晴れ、少しだけ夕焼けが見えました。(高速からの景色)

b0391968_13461812.jpg

ずっと雨が降ったりやんだりしているせいか、うちの前の芝生にはこんなしめじみたいなマッシュ
ルームがびっしりと生えていて、思わず刈り取って鍋に入れたくなりましたよ。(笑)

b0391968_13462863.jpg

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-19 14:05 | Random Thoughts

人間関係も断捨離したい

更年期障害のせいか?それともholiday blueのせいか?最近、気分がなんとなく沈んでしまって、あれ
これと滞っている雑務にも手をつける気がしません。(-。-;

私、実を言うと、ホリディシーズンってあまり好きではないんですよねぇ。

根性がひねくれているんで、周りがクリスマスやなんやでウキウキ♪ルンルン♪気分なのを見ていると、何
だか気持ちが冷めていく感じで。(−_−;)

あぁぁ〜、なんだか気分がスッキリしない。

自分のいう事、やる事が他者にどのように影響するかをよく考えず、軽はずみな行動をとる人には本当に
うんざり… (−_−;)

人間関係も断捨離したくなります。



少し前の夕焼け空です。

最初は雲が多くて薄暗い感じだったのですが、だんだんと空が鮮やかなオレンジ色に変わって行き、最後
の方ではまるで空が燃えているようでした。
b0391968_14390858.jpg

b0391968_14391921.jpg


b0391968_14393716.jpg

b0391968_14395564.jpg

b0391968_14402667.jpg

b0391968_14403596.jpg

b0391968_14404576.jpg

b0391968_14400817.jpg

b0391968_14401730.jpg

b0391968_14410468.jpg

b0391968_14405406.jpg

b0391968_14411630.jpg

b0391968_14413304.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-18 15:13 | ぼやき/嘆き

なんともタイムリーな!

これ、私は今日になってネットで知ったのですが、私たちが一つ前の記事で体験したような事が、同じ頃
にNYの地下鉄でも起こっていたみたいですねぇ。(゚o゚;;


この女性もかなりキレてますが、私たちが遭遇したドライバーはもっとブチ切れてましたよ!

(まるで体中の穴という穴から蒸気が勢いよく吹きださんばかりに怒り狂っていた。汗)

まぁ、でも私たちの場合は車の中だったので、直接、身体的な暴行を受ける恐れがなかったので良かった
ですが、地下鉄なんかだと、まさに何をされるか分かったものじゃなく、恐ろしいですよねぇ。

(銃やナイフなどの武器も隠し持てるわけですし。)

それにしてもなんですか?最近、こういった、自制を失い、他者に暴言や暴行を加えたりする人たちって
増えてるんですか?

一体、世の中どうなっているんでしょうか。

今回、私たちが体験したことや、このニュースを聞いて、ふと、少し前に読んだこちらの記事を思い出し
てしまいました。


”30年以上も一人っ子政策を続けた中国は「巨大な赤ん坊」が多い。自己中心的でわがままし放題で、
自分の思い通りにならないと怒り出し、理性を失って感情が爆走する。”

ってありましたけど、これって、中国に限らず、現代社会ではどの国でもみられる傾向ではないか?
などと思ってしまいましたよ。

(「巨大な赤ん坊」って聞いて、どこかの大統領をすぐに思い浮かべましたが。😂)

国を問わずにみられる現代病みたいな感じ?

大の大人、それも一見、プロフェッショナルに見える社会人がまるで赤ちゃんみたいに駄々をこねて
よそ様に迷惑をかけている姿は本当にみっともないですよ〜。

攻撃されたアジア系の女性、よく平静を保って耐えてましたよねぇ。

私だったら多分、ある程度無視して我慢しているにもかかわらず、あれだけしつこく攻撃され続けたら、
こちらもキレて攻撃仕返していると思いますよ。(~_~;)

(私も赤ちゃんだわ。シニア赤ん坊? 😂)

最近の世の中は行動が予想不可能な危険人物が多そうで本当に恐ろしいですわ。



毎年、ホリディ・シーズンになるとThe Swiss Colonyのカタログが送られてきて、ある一定の金額の
商品を買うと、ギフトとしてチョコとPetits Foursの詰め合わせが付いてくるというプロモーション
にのせられて?つい今年も買ってしまいました。(笑)

まぁ、息子が好きなのでいいか。

b0391968_10423259.jpg

買ったのは一番下のチーズケーキの詰め合わせで、上の2つの箱が無料だった。

b0391968_10424200.jpg

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-17 11:34 | ちょっとした情報シェア

運転練習中のちょっと怖かった出来事(その3)

なんだかこれ、シリーズ化しているようで怖いですが、(^_^;) 先日、息子の運転練習をしていた時に起
こった出来事です。

高速を運転していて、息子がレーンチェンジ(車線変更ですか?)をしたのですが、その際、どうやら後
ろの車が結構、近かったのにもかかわらず、いきなりレーンを変更してしまったようで、その後すぐに後
方からものすごいけたたましい音でクラクションが聞こえて来ました。

それも”ビッ、ビッー”っと警告するという感じではなく、怒りを込めて思いっきり強く押しつづていたと
いう感じで、ビーーーーーーーーーーーーーーーーーー!っと、少なくと5秒以上はずっ
と押したままの状態でしたよ!

その車は私たちのすぐ後ろにいたので、その音がうるさかった事と言ったら!(−_−;)

聴覚過敏の私と息子はその音に息を飲むように身体が硬直してしまい、もちろん、息子のミスではある
ものの、何もそこまで強く押し続けなくていいのではないか?と、不快感を感じて文句を言ってたので
すが、息子は「僕の不祥事だから怒るのも無理ない!鳴らされても仕方がないよ!」と、反省しながら
自分の非を認めてました。


で、私も息子にレーンチェンジする時の注意をもう一度促し、これから気をつけるようにと言っていた
ところ、それから少しして(15〜20秒くらい?)又、同じようにビーーーーと強く押し続けた音が後方
から聞こえて来たではありませんか!

息子と私は(えっ?まさか、又、私たちに対してじゃないわよね?)っと、お互い顔を見合わせてしまっ
たのですが、なんと同じドライバーがまだ怒りが冷めず、私たちの後方について、クラクションをなり続
けていたのでした。

(なんやねん!えらいしつこいなぁ!)と、この時点で私はイラつき始めていたら、そのドライバー、私
たちの後ろからレーンチェンジをして今度は息子が運転している側に自分の車を寄せて、クラクションを
押し続けながら、身体をよじって私たちの方を向き、もう片方の手を振りかざしながら何やら怒鳴りまく
っていたではないですか!

そのドライバー、年の頃なら30代の白人のホワイトカラーの職業っぽい男で、(乗っている車も若い子が
乗りそうな高級車っぽいものだった)サングラスをして目は見えなかったけど、身振りやジェスチャーな
どから判断すると、見境つかないほどかなりブチ切れてしまっているというのが一目瞭然でしたよ!

(車のドアに貼ってある”Please be patient, student driver"のサインは全く効果なしだったよう。汗)


この時点で息子はかなりナーバスになって動揺し始めていたので、私は息子にまっすぐ前を向いたままで
ドライバーを無視し、平静を保つように言いました。

その間、私は助手席からこのドライバーをずっと黙って見ていたのですが、この男、ビッタリと私たちの
車の横について来て、ずっと怒鳴り続けているではありませんか。

(私たちの車は窓を閉めていたので、彼がなんと怒鳴っていたのかは聞こえませんでしたが。)


私も最初は自分たちが悪いのだから当然の報いだと思って我慢してましたけど、これだけしつこく何度も
クラクションを鳴らし続け、私たちの車につきまとい、私たちに威嚇のジェスチャーをし続けるって、こ
こまで来るとハラスメントだと思いましたよ。

これだけ執念深く付きまとって来るドライバーも珍しい。


息子はナーバスさを隠せない中でも、パニックに陥る事なくそれなりに平静さを保ち、そのまま運転して
ましたが、私の方はずっと怒鳴って怒り狂っているこのドライバーを見ていると(ええ加減にせんか!)
と怒りがこみ上げて来てしまい、思わず「鬱陶しい奴やな!birdをflipしたろか!」と言ったところ、
(私自身も大人気ない。(~_~;))息子が心配そうな表情でか弱く呟くように、「Mom..Don't..」と言
ったのでやめときましたが。(~_~;)

road rageを悪化させるだけですしね。(息子はそういう点をきちんと把握していた。)


そうこうしているとやっと去って行きましたが、それにしても本当に見ていてとても大の大人のとる行動
とは思えなくて、なんともみっともなかったというか。

もちろん、息子の手落ちではあったものの、客観的に見ても、このドライバーの行為は明らかに”オーバー
リアクション”であり、相手の車の後や横を付きまとい、クラクションをなり続けたり怒鳴ったりして脅す
行為は、明らかにハラスメントだと思いますよ。


一瞬、怒り狂って怒鳴っているところを携帯で録画して、Youtubeで流したろか〜!とか思ったりしまし
たが、いや、そんな事をすると後で厄介なことになりそうなので(仕返しで嫌がらせされたりなど)ぐっ
と堪えましたけど。


この後、打たれ弱い息子は精神的にかなりこたえていたみたいですが、今回のミスを教訓にして、これか
ら一層、運転には細心の注意を払い、2度と同じ間違いを繰り返さないようにと言い聞かせるとともに、
このドライバーを反面教師として、あらゆる状況においても理性や感情のコントロールを完全に失ってし
まい、限度を超える行動をとるべきではない、という事も言って聞かせたましたよ。


ほんと、身なりはいいスーツを着て、髪もきちんと整えて、ルックスに気を配っているお洒落な男性とい
う感じでしたが、彼の行為を見ていると醜くて、なんとも情けなかったですよ。

あれだけの過激な反応を示すというのは、息子の車が前に飛び出して来る以前にすでに険悪なムードだっ
たのではないかと思いますよ。


ベイエリアのドライバーって、気短でアグレッシブな運転をしている人が多いし、毎日の生活や交通渋滞
などでストレスが溜まってたりして、苛立っている人も結構、いるとは思うのですが、あんな風に必要以
上にクラクションを鳴らし続けたり、他者の車を追い回して嫌がらせをしたりする方がよっぽど危険だと
思いますね。

というわけで、まだまだ試練の多い運転練習であります。😂


今日の散歩の景色。最近、また雲の多い日が続いています。

b0391968_12223634.jpg

b0391968_12225974.jpg


b0391968_12231194.jpg

b0391968_12232728.jpg


b0391968_12233723.jpg

b0391968_12234955.jpg

b0391968_12240644.jpg


b0391968_14253074.jpg
いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-16 14:29 | 日々の出来事

魚屋さんへお買い物♪

早いもので今年もあと半月ほどとなりましたねぇ。

この12月の終わりで私たちがネバダ州から現在の地に引越しして来て半年になり、今年の後半は私たち
家族にとって、大きな変化の年となりました。

年が開けるとついに息子の大学も始まるし、来年はちょっとのんびりと腰を落ち着けて、私自身、何か
新たなことにチャレンジしてみたいなと思ってます。

そんなこんなで年の暮れを迎えようとしている中、しばらくの間日本食材のスーパーに行ってなかったの
で、先日、息子の運転で大学付近にあるお魚屋さんへ今年最後の買い出しへ出かけて来ました。

”魚屋”と言ってもごく普通のこじんまりとした日本食料品スーパーという感じで、寿司やお弁当、デリに
はお惣菜や魚を使った出来合いの品物も売られているし、その他の基本的な日本の食材、食品なども揃っ
ているので、日本食がメインの息子にとっては、いつもここに来るとまるでキャンディ・ストアに来たよ
うに目をウキウキさせて、色んなものをカゴに入れてますよ〜。

b0391968_14172421.jpg

b0391968_14171444.jpg

b0391968_14170244.jpg

そう言えば、まだ息子が高校生の時、春から行く予定になっている息子の大学で毎年行われている
数学コンテストに参加した際は、お昼はここのお弁当や寿司などを買ってキャンパスへ持って行って
あげてたものでした。

(息子はサンドイッチやハンバーガーなどのボックスランチは食べたがらなかったので。)

あの頃が懐かしいです。(笑)

b0391968_14182778.jpg

b0391968_14180706.jpg

デリのコーナー。

b0391968_14173874.jpg


b0391968_14175708.jpg

お魚の種類も豊富です。

b0391968_14184100.jpg

b0391968_14185129.jpg

b0391968_14190130.jpg

b0391968_14191948.jpg

この日は鮭のお刺身を買い、何回かに分けて、そのまま刺身で食べたり、お寿司にしたりと、久々に
新鮮な鮭をエンジョイしました。

b0391968_14192846.jpg

そうそう、デリにあったHamachi Poke(ハマチのポケ)も少しだけ試してみました。

b0391968_14201268.jpg

これも新鮮で大きめのハマチの身がとても美味しかったです。

レストランで注文するのより身もプリプリで美味しく、とても満足できました。

b0391968_14193820.jpg

(冷凍だけど)納豆も売られているので嬉しい。

b0391968_14195075.jpg

”Fish Market”と言えど、野菜類も充実していて、日本の野菜なども気軽に手に入ります。

b0391968_14200294.jpg


このバニラと抹茶のプリンが美味しくてお気に入りです。

b0391968_14202337.jpg

そして、ネバダ州に住んでいた時は近くに売っている店がなかったので、(もしくは私が見つけることが
できなかった。)まとめてコロラド州のこちらのお店からオンラインで取り寄せていたKOJI(麹)もしっ
かりゲット!

b0391968_14203282.jpg

これでこの冬いっぱい、甘酒が作れそうです。

カリフォルニア、特にベイエリア辺りって、日本食に関してはやっぱり便利ですね。

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-15 15:37 | Foods

いつも同じ場所からだけど

夕暮れ時に見るヨットハーバーの景色はその日によってそれぞれで、空と水面に描かれた色彩はまるで
毎日、違ったアート作品を鑑賞しているみたいで、心が満たされます。

昨日は少し大気がどんよりとモヤがかかった感じで、空気があまりきれいじゃないなぁと思っていたら、
(もしかして又、近くで火事?と焦ってしまった!)時間が経つにつれ、とても鮮やかな色合いの夕焼
けを見ることができました。
b0391968_16565195.jpg

b0391968_16570269.jpg


b0391968_16571359.jpg


b0391968_16574479.jpg

b0391968_16572208.jpg

b0391968_16580972.jpg


絵を描くのが上手かったら挑戦してみたいと思うのですが、残念なことに私にはその才能がないので、
(学生時代、美術のクラスで痛いほど思い知らされた。汗)こうして写真に収めています。😂

b0391968_16575925.jpg

こんな何気無い毎日の出来事の中で喜びを見つけ、感性を刺激することっていくつになっても大切だ
なぁと思います。

いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-14 17:23 | 風景・動物

そう言われてみれば、うちの息子も小中一貫校だった

私がいつも読ませていただいているポンチ君ママさんのブログで、先日、小中一貫は狙い目と言う記事を
読み、ふと、(あぁ、そう言えばうちの息子も小学時代はK-8(キンダーから8年生まで)の学校へ行って
たんだったわ)と思い出しました。

(ところでポンチ君ママさん、いつも息子さんのチャレンジ溢れた教育サポートやアドボカシー、ご苦労
様です。色々と大変でしょうが、(私も経験者なのでわかる)くじけずに頑張ってくださいね!)

確かにポンチ君ママさんが記事内でおっしゃっている通り、一貫校の場合だとローケーション的な面にお
いてはかなり融通が効くと思います。

うちの息子も小中一貫だったので、小学部門と中学部門が同じ敷地内にあり、ごく簡単に移動が出来た事
から、息子も4年生の時に数学だけ飛び級して、8年生のクラスでAlgebra Iを取ってました。

そしてその学校で学力がアドバンスしている中学生(6〜8年生)の子達などは、同じ地域にある高校へ
高校レベルのクラスを受けに行ったりしていたようです。

(その間はスクールバスの送迎がアレンジされていた。)

うちの息子の授業や宿題をチェックしてくれていた当時8年生の男生徒は、数学がアドバンスしていたので、
そのようにして数学のクラスは高校で取っていたようでした。


そう考えれば、当時住んでいたカリフォルニアと言えど、ど田舎地域の学校でも、それなりにギフテッドや
学力優秀な子達に対しての配慮は成されていたのかなぁと思ったりしました。


その後、息子は4年生を終了すると同時にホームスクールをする事になったのですが、6年生になって通い
始めたネバダ州のチャータースクールも中高一貫校だったので、中学時代は数学のクラスは同じく敷地内
にあった高校の建物へ移動し、高校レベルの数学のクラスを受講していました。


ただ、中学から高校へと進学した際、息子は中学時代でこの学校がオファーしていた全ての数学のコース
(AP Calculus)を履修してしまっていたので、私たちはなんとか数学だけでも地元の大学でクラスが取
れないかと学院長と話し合いをしたのですが、大学までの交通手段やスケジュールなどを始めとする細か
なロジスティックスの部分で困難だと言われ、仕方がないので息子は9年生になった時点でその学校を辞
め、時間的にかなり融通が効く地元の学区のオンラインハイスクールに転校しました。

そしてそれと同時にDual Enrollmentと言う形で、大学で数学のクラスを受講し始めたのでした。

(オンラインスクールだと自分の都合のいい時に自分のペースでレッスンが受講できるし、大学のクラス
を優先できたので、息子にとって適してた。)


と、こんな調子で小学校から高校まで、数学に関しては数学年ほど促進してやって来た息子。

高校時代の4年間で大学レベルのクラスを10以上履修し、大学1年生のフレッシュマンの時点ではすでに
大学3年〜4年レベルのクラスから取り始めることもできると思うのですが、本人は「大学が大学だから、
とりあえず慎重に様子を見ながら進めていく。」と、来学期はまず、復習感覚でフレッシュマンレベルの
クラスを取る予定だそうです。

でも軌道(?)に乗れば、大学3年〜4年の頃には大学院レベルのクラスが取れればいいなと思っている
みたいですが。


あっ、そうそう、ポンチ君ママさん、コミカレについての記事も書かれてましたが、そうなんですよねぇ。

誰にでもドアをオープンしているコミュニティ・カレッジも、地域によっては小学生や中学生の受け入れ
も様々みたいですが、ふと、先日、来年の秋くらいから私もコミカレで自分の興味のある分野のクラスを
取り始めようかなと思い、息子の大学の近くにあるコミカレのアドミッションをチェックしていたら…


"The ___ Community College District may admit a limited number of elementary and
middle school students who have exceptional ability, or who desire specialized or
advanced training. Such admission must be with the recommendation of the principal
and approval of the parent or guardian."


と書いてあるのを見つけ、うちの地域のコミカレは一応は小・中学生の受け入れを認めているよう。

が、やはりその為には学校長の推薦が必要みたいなので、やはり先ずは校長先生を説得することから始
まると言えるでしょう…


中には、”そこまで教育的に特別な計らいが必要なのか?別に先取りなどしなくてもいいのでは?”など
と思う方もいらっしゃるかもしれませんけど、

In The Gifted Brain

Cells have developed more dendritic branches creating more possibilities for synaptic connections. There are more connections among the cells that have been developed. More glial cell production results in more myelination of the axon and faster synaptic exchanges. The result is that the Gifted Brain needs higher levels of complexity, depth, novelty, and acceleration in learning experiences.

(Tips for Parents: The Gifted Brain & Learning: At Home and at Schoolより)


と、こちらの記事にもありますように、ギフテッドの脳は学習する際、高度なレベルの複雑さや深さ、
ノベルティ(目新しさ)そしてアクセラレーション(飛び級など)が必要となってくるので、その子に
適した(必要な)教育を与えてあげたいと思うのは、親として当然のことだし、また、そうしてあげる
べきだと思います。

(個人的に私は子どもにとって”必要”な教育を提供してあげないことは、ある意味”ネグレクト”だと感
じるもので。)

(ほとんどの親が子どもの為を思って教育アドボカシーをするのであって、あるお方がおっしゃるよう
な、”自分の子が優秀である事を自慢したい”とか、”自分が優越感を感じたい”などと思っている親は少
ないと思いますよ。)


最後に…

うちの息子はとてもラッキーで、キンダーの時の先生は早くから息子の数学に対する情熱を見出して、
熱心にサポートしたり、親の私たち以上に息子の教育アドボカシーに携わってくれました。

1年生をスキップして、キンダーから2年生へ飛び級の話を提案してくれたのもこのキンダーの時の先生
で、学区や他の教員スタッフが反対する中、熱心に息子の声となってくれ、飛び級を実現させてくれま
した。

今でもこの先生には感謝の気持ちでいっぱいであります。

キンダーの時の先生と理科の実験をしている息子。

b0391968_07233995.jpg

b0391968_07235067.jpg

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-13 11:03 | Gifted/2e

散歩しながらバードウォッチング

先日、雨も上がりお天気が良かったので、これはいいエクササイズのチャンスだと思い、いつもより少し
長めの散歩に出かけました。

この日もいつものようにトレイルに出る前にちょこっと癒しの池に寄ってみると、おぉ!又しても新顔が
池をすいすいと気持ちよさそうに泳いてました!

マガモよりも少し小さ目で、頭と身体が白と黒のツートーンのカモ?が、のんびりとくつろぎながら泳い
でいるマガモ達の横を、もの凄いスピードでつつーーーっと通り(泳ぎ?)過ぎてましたよ〜!

(めちゃめちゃ早かったです!モーター仕掛けのオモチャの鳥みたいだった。)
b0391968_16162120.jpg

ちょっとネットで調べてみたところ、この鳥、多分、bufflehead(ヒメハジロ)というカモじゃ
ないかと思うのですが…

b0391968_16163045.jpg

この日もAmerican Coot(アメリカオオバン)がいました。

b0391968_16155486.jpg

b0391968_16160740.jpg

そして毎度お馴染みのカナダガン。

コンドミニアムの敷地内をいつもうろついていて、人間がかなり近くを通っても怖じることなく、全く
平然として、自分たちのビジネスに勤しんでます。
b0391968_16164390.jpg

びっくりしたような顔をしているのに笑ってしまった。(笑)

b0391968_16452368.jpg

この日はヨットハーバー沿いのトレイルを歩いていると、いつもより多くの違った種類の鳥達がいました。

多分、ディナータイムで、餌を捉えて食べてたんではないでしょうか。

b0391968_16165308.jpg

カモメとSnowy Egret(ユキコサギ)

b0391968_16170858.jpg

Black-crowned Night Heron(ゴイサギ)

b0391968_16173801.jpg

b0391968_16172676.jpg

癒しの池だけでなく、海にもアメリカオオバンがいましたよ〜!

b0391968_16175388.jpg

カモメとゴイサギの幼鳥。(泳いでいるのがカモメで岩にたたずんでいるのがゴイサギ。)

小さい頃は親と羽の色が違って、どっちも茶色っぽいですね。

b0391968_16181097.jpg

b0391968_16182119.jpg

最初はカラスか?と思ったけど、よく見るとくちばしが赤くて、この鳥はどうやらBlack oyster
catcher(クロミヤコドリ)っていうらしいですね。

b0391968_16184978.jpg

b0391968_16190892.jpg

公園が見えてきました。
b0391968_16192441.jpg


b0391968_16193625.jpg

散歩中は鳥だけでなく、花鑑賞も楽しんでます!

b0391968_16194809.jpg

b0391968_16195707.jpg

あっ、ここにもクリスマスツリーフラワーが!(私が勝手に呼んでいるだけで、正式名ではありません。)

b0391968_16200698.jpg

Great blue heron(オオアオサギ)とカモメが「きれいやなぁ〜」と、夕焼けを見つめています。(笑)

b0391968_16202016.jpg

b0391968_16203346.jpg

b0391968_16204373.jpg

ゴイサギ

b0391968_16205646.jpg

くちばしが長いLong-billed Curlew(アメリカダイシャクシギ)と言う鳥。

この鳥もこの日初めて見かけました。

b0391968_16210578.jpg

b0391968_16211553.jpg

b0391968_16212595.jpg

b0391968_16213947.jpg

b0391968_16215209.jpg

黄昏時の公園では、若い子達がライト付きのスケボーのようなものに乗って遊んでました。

b0391968_16220921.jpg

b0391968_16221881.jpg

b0391968_16222827.jpg

b0391968_16223805.jpg

アメリカオオバンとユキコサギ。

この日は何だかやたらに違った種類の鳥のツーショットが多いなぁ。(笑)
b0391968_16224899.jpg

又してもゴイザギ!

b0391968_16225660.jpg

b0391968_16230806.jpg


b0391968_16232665.jpg

b0391968_16233573.jpg

バードウォッチングしながらだとつい、ペースが遅くなり、すっかり日が暮れてしまった。(汗)

b0391968_16234799.jpg

若い頃なんぞ、うちの父親がバードウォッチングして楽しんでいるのを横目に、(鳥なんか見て何が
面白いんだろう?)とか思ってましたが、私もその頃の父と同じような年になって、似たようなもの
に関心が芽生え、やっぱ歳のせいか?などと思ってしまいます。(苦笑)

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-12 17:35 | 散歩

ギフテッドの子は早くから実行機能のスキルを発達させることが大切

最近、ギフテッドの脳に関する情報を色々と読んでます。

先日、ネットで見つけたこの↓の記事で、特にExcutive Functionsの部分が参考になると思ったので、
いつものごとく、興味のある方の為にリンクを貼っておきますね。

(英語の苦手な方はごめんなさい!🙏)


こちらのまた別のリンク先(日本語)にもありますように、ある研究によると、ギフテッドの中でもIQが
高い子の脳は「実行機能」を司る前頭前皮質の成長が一般と比べてのんびりしている傾向があるというこ
とから、ギフテッドの子たちの中には、幼い頃(小学校時代)学校生活で困難を感じたりする子も決して
少なくないと思います。

(うちの息子も例外にもれず、小学〜中学生時代は、日々の学校生活の中で必要とされる諸々のタスクを
成し遂げたり、感情面でのコントロールがうまくできなかったりと、何かと苦労をして来ました。)


ギフテッドの子たちは、知識や情報を得たり、それらを処理する能力(inputー入力)は優れているのだ
けれど、ある一定の作業や課題を成し遂げたり、適切な結果を生産したりする"outputー出力”の部分に
困難を感じる場合があるとのことですが、このアウトプットはインプットとはまた、違ったスキルが必
要となってくるとの事らしい。


それらのスキルというのは、ノートを取ったり、アイデアやプラン、資料や教材をオーガナイズしたり、
スケジュールや時間などをきちんと管理したり、勉強スキルやプレゼンテーションスキルなどと言った、
タスクや目的を遂行する為に重要なスキルで、これらは「実行機能」と呼ばれています。


ギフテッドの子の脳の特徴として、インプットの方は得意分野だけど、アウトプットに必要とされる方
のスキルの発達(前頭前皮質の発達)はのんびりしているし、これらのスキルは練習や訓練を重ねていく
うちに発達していくものだと思うので、親や教育者たちは早期の段階から子どもにこう言ったスキルを
練習されるのが大切ではないかと思いますね。


(ギフテッドの個人にとって、インプットのスキルはある程度”自動的な能力”なのかもしれませんが、
アウトプットに関しては、練習や訓練などして得たり、向上するもののように思います。)

IQテストなんかにしても、要は”アウトプット”のスキルが発達しているかどうかの問題もあると思います。

実際の能力はあるのだけど、それらをうまく表現する、出力するスキルが欠けている場合、必ずしもそ
れらを正確に反映するスコアが出るとは限らないと思いますし。

(これは個人的な経験から感じることですが。だからIQテストの数値は”絶対的”なものではないですし。
あくまでも参考として見るべきだと思います。)

話がちょっと逸れましたが…

また、

"Gifted children who learn too easily do not need executive skills, at least not for that
easy learning. So there is no need to organize information or acquire study skills.
Here is the problem. Being good at taking in formation can actually impede the
development of equally important output skills.


Later on in the formal education process, information becomes more complex.
Assignments get more difficult. Executive functions are needed. The gifted child
who had it easy with homework never learned how to organize his time and set
priorities."

(How Gifted Brain Function and Learnより)


と、記事内にもありますように、低学年の頃は簡単にできたことでも、学年が上がっていくと内容も
タスクも複雑で難しくなっていくので、早期の頃に情報をオーガナイズしたり、きちんと勉強習慣や
勉強スキル(実行機能スキル)を身につけてなかったら、後々、学校生活で苦労をすることになるで
しょうから、やはり早いうちから訓練させることが大切だと思いました。

(うちの息子もまだまだ実行機能スキルの訓練中です!)



うちのコンドー、クリスマスライトを飾っている家は少ないみたいで残念。

(自分んちがしてないのに文句を言うなって? 😂)

癒しの池に映ったライトがきれいでしたが。
b0391968_14404898.jpg

b0391968_14402792.jpg

b0391968_14403772.jpg

ヨットにもライトをつけてるとこもありましたが、もっとつけて欲しいな〜!

b0391968_14405957.jpg

b0391968_14410890.jpg

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加してます。
の息子の脳をポチっと押していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-11 15:00 | Gifted/2e

それって、息子のアイデアじゃない?

また、うちの金食い虫(旦那)に関するぼやきです…(苦笑)

(しつこくて申し訳ないです。でもブログが私のストレスのはけ口なもんで…😂)

ここ数ヶ月の間、ホームレコーディングスタジオのセットやら、ミリタリーグレードの時計やら、パソコン
の新調やらと、別に今すぐ必要ない自分の道楽に$4000以上(40万円以上?)も費やしたうちの旦那。

いずれも衝動買い的なものが多く、(まぁ、パソコンは予想外のアクシデントですが。)引越して来てから
家賃もかなり上がったし、息子の学費もあるので、なるべく倹約するようにといつも口を酸っぱくして言っ
てるにもかかわらず、私の言うことにはほぼ、耳を貸さず、その後も何かと言い訳しながら細かいものをあ
れやこれやと購入しています。

実は数日前、旦那の誕生日だったのですが、今朝、旦那からメールが送られて来ていて、その内容といいま
すのが…

”自分の誕生日にお母さんにディナーをおごった。(お母さんへの)ギフトとして暖かい手袋をアマゾンで
買った。”

と書かれてました。

このメールを読んで、私は最初は(へっ?なんで自分の誕生日に義母へディナーをご馳走したり、プレゼン
トを送るわけ? 逆じゃないの?)と思ったのですが、即座に旦那、もしかして息子のアイデアをパクっ
たのでは?と気がつきました。

といいますのが、息子は毎年、自分の誕生日に大げさに騒ぎ立てられるのが嫌いで、「誕生日を祝う」意
味がいまいち納得いかないらしいんですよ。

息子が感じるところでは、

「誕生日って、この日は自分はただ生まれて来ただけで別に何もしていないのに、”おめでとう”と祝われる
意味がよくわからないよ!それよりも、この日に大きな意義を感じるとすれば、それは大変な思いをして
頑張って赤ちゃんを産んだお母さんの方ではないか?と思うんだけどね。子どもの誕生日は、本人そのもの
よりも、この日苦労をしてお産をした母親にとって意味があり、”よく頑張りましたね”と母親を労う日だと
思うよ。まさに文字通り、"Labor Day"じゃない?😌」

ということらしい。

だから息子は自分の誕生日には、自分は脇役のロールにまわり、私を主役として持ち上げてくれるのです。

旦那もそんな息子の考えを知っているので、多分、今年はそれを実行したんではないかと思います。

(息子のアイデアのパクリやわ〜。)

まぁ、いいか、そういう出費なら。(^_^;)

(幾つになっても)子どもが母親を大切に思う気持ちは素敵ですもんね。

うちの旦那は短気なんで、いつもつい、すぐカッとなって義母を怒鳴っているみたいなので、罪悪感を感
じ、罪滅ぼしの意味もあるんじゃないでしょうかねぇ。

…っと、銀行のオンラインアカウントをチェックして、クレジットカードのチャージをみると、いつもその
際はつい、(旦那!またか!)とムカッ😠としてしまう私ですが、こうしてブログで吐き出してしまうと少
しは気持ちがスッキリするので、性懲りなくぼやいてしまうのでした。(苦笑)



先日、ベッドルームの窓際にある木の枝と葉っぱがワサワサと音をたてて揺れ、かなり大きな声でキィー
キィーという鳴き声が聞こえて来たので窓を開けてみると、リスが枝を走り回ってました。

この日は久しぶりにお天気も良く、気温も快適だったので動物たちもハッピーそうでした。

b0391968_14442820.jpg

b0391968_14444435.jpg

b0391968_14445738.jpg

その一方で、旦那の住むネバダ州のリノでは雪が降っていたようです。

うわ、懐かしの光景〜!

b0391968_14452269.jpg

一緒に住んでいる義母の家のバックヤード。

b0391968_14453500.jpg

夏の間は水が流れているちょっとした滝。灯りがなかなかいいムードを醸し出してます。

b0391968_14454963.jpg

b0391968_14460150.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-12-10 15:52 | ぼやき/嘆き

カテゴリ

散歩
日々の出来事
息子のこと
生涯学習
Bay Area Life
Gifted/2e
Foods
Family
Favorites
趣味
ぼやき/嘆き
Random Thoughts
TV番組・映画
ご報告
ちょっとした情報シェア
風景・動物
その他もろもろ
College life
Outings
Memories

最新の記事

何気ない疑問
at 2018-12-19 14:05
人間関係も断捨離したい
at 2018-12-18 15:13
なんともタイムリーな!
at 2018-12-17 11:34
運転練習中のちょっと怖かった..
at 2018-12-16 14:29
魚屋さんへお買い物♪
at 2018-12-15 15:37
いつも同じ場所からだけど
at 2018-12-14 17:23
そう言われてみれば、うちの息..
at 2018-12-13 11:03
散歩しながらバードウォッチング
at 2018-12-12 17:35
ギフテッドの子は早くから実行..
at 2018-12-11 15:00
それって、息子のアイデアじゃ..
at 2018-12-10 15:52

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月

メモ帳

応援のポチを押していただけると励みになります!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

夕焼けや朝焼け、雲、自然の風景や動物たちの写真がメインの私のもう一つのブログです。

Mystica Caelum

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ女子