もうすぐ大学生になる息子とアメリカで二人暮らし。日々の何気ない出来事をたくさんの写真とともに綴っています。 人生色々あって、先の事はわからないけど、とりあえず今を大切にして毎日を楽しんでます。


by marina

プロフィールを見る

息子の大学のイベント(2日目)

前回の続きで、先週末に息子の大学で開催された、ホームカミングのイベントの最終報告です。

初日の金曜日は色んな講義やセミナーへの参加が主な活動だったのですが、2日目は大学の敷地内に存在
するに様々な分野の博物館や展示会、オープンハウスなどを訪れたり、キャンパス内を散策したり、図書
館やスチューデント・ユニオン、カフェなどといったサービス施設が入っている建物を訪れたりなどして、
の〜んびりとした時間を過ごしました。

息子が楽しみにしていたのが、図書館の一つで行われていた”どれでも1冊1ドルのブックセール”で、大学
に着いてからまず一番にこの開催場所に直行しましたよ!
b0391968_12522234.jpg

b0391968_12523515.jpg

b0391968_12525463.jpg

b0391968_12524428.jpg

場所はそれほど広くなかったのですが、本棚にスペースができる(売れる)とすぐに、又、次々と新しい
本が補給され、じっくりと探してみるとなかなか貴重な書籍を見つけることができて、息子はまるで宝探
しでもしているように嬉しそうにワクワクと、自分が興味のある本を探してました。(笑)

息子は数学に関したテキストと書籍を3冊購入。

b0391968_12530719.jpg

b0391968_12531980.jpg

本当はもっと買いたかったみたいですが、これらの書籍(多くが大学の教科書)は分厚くて重たいので、たく
さん買うと持ち運ぶのに苦労する為(この後、長時間歩き回る予定だったので。)残念ながら今回は3冊だけ
にしたようでした。

(それでも結構、重たかったですが。)

そしてその後はこの大学の名物の一つでもある、Sather Tower (Campanile)セイザータワーの展望台を訪
れました。

b0391968_12535255.jpg

b0391968_12540338.jpg

b0391968_12541442.jpg
入り口にあったベンチ。

b0391968_12542624.jpg

エレベーターに乗って展望台へ。

b0391968_12544191.jpg

b0391968_12545127.jpg

ここからはバークレー、サンフランシスコ湾が一望できます。

b0391968_12550206.jpg


b0391968_12551481.jpg

b0391968_12552540.jpg

b0391968_12553510.jpg

右の手前に写っているのは多分、学生寮ではないかと思います。

b0391968_12554687.jpg

b0391968_12555698.jpg


b0391968_12564019.jpg

遠くに見えるのはカリフォルニア記念スタジアム (California Memorial Stadium)。
ここでこの写真を撮った数時間後にBerkeley vs.UCLAのフットボール対戦が行われました。
b0391968_12561437.jpg

b0391968_12562605.jpg

スチューデント・ユニオンの建物に寄り、ギフトショップでバークレーグッズなどを買ったり。

b0391968_12590531.jpg

b0391968_12591750.jpg

b0391968_12592832.jpg

「カリフォルニア大学バークレー校」と日本語で書かれたTーシャツがあり、息子が欲しがったので購入
しました。(笑)(隣のは中国語でしょうか?)
b0391968_12593844.jpg

その後、フットボール観戦客でキャンパス付近の交通が渋滞するのを予想し、家族全員、人混みや混雑
が苦手な私たちは、それらを避ける為に試合が始まる前にキャンパスを去ることにしました。

大学の出口へ向かっているところ、すでに人混みが出来ていて、何じゃろか?と思って近づいてみると、
この後、行われるフットボールの試合に向けてのpep rally(試合前の激励集会)が行われてました。

b0391968_12565452.jpg

b0391968_12570496.jpg

b0391968_12584872.jpg


b0391968_12581829.jpg

結構、皆んな盛り上がって熱狂的な雰囲気だったのですが、結局、UCLAにぼろ負けして残念。😂




バンドとチアリーダー達のパフォーマンスを見終え、私たちはそそくさとキャンパスを後にしました。

大学付近の通りの様子。

b0391968_12595603.jpg


b0391968_13000613.jpg

おぉぉ!Daisoを発見!

b0391968_13001776.jpg

この地域もそろそろ秋の色が見られるようになりました。

b0391968_13003172.jpg

b0391968_13004208.jpg

b0391968_13005306.jpg

尚、このイベントの期間中はLawrence Hall of Scienceのオープンハウスもあり、私達が最後にここ
を訪れたのは9年ほど前だったので、今回、是非、また訪れたいと思っていたのですが、この日(土曜日)
はUCLAとのフットボール対戦の為、この辺りの交通渋滞を懸念してキャンパスからのシャトルバスも
キャンセルとなり、残念ながらここへの訪問は諦めることに。

まぁ、私たちは大学からそう遠くないところに住んでいるので、行こうと思えばまたいつでも行けるので、
まぁ、いいか。

息子9歳。9年後、同じ場所で同じポーズで写真を撮ろうと思ってたんだけど、又、次回という事で。

b0391968_13010321.jpg

b0391968_13011349.jpg

b0391968_13012330.jpg

という事で、この”息子の大学イベント参加シリーズ”(笑)今回を持ちまして終わりとさせていただきます。

普段はなかなか体験できない事を体験したり、色んな場所を訪れたりと、充実した2日間を過ごし、とても
刺激的だったし、楽しかったです!

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-18 14:53 | College life

Homecoming Rally

前回の続きです。

UC Berkeley Reunion & Parents Weekendイベントの初日である金曜日の夜、大学内の様々なクラブ
や団体(Student Organizations)による"Homecoming Rally"(タレントショーみたいなもの?)が
開催されました。
b0391968_14155638.jpg

b0391968_14160968.jpg

b0391968_14162911.jpg

まずオープニングを飾ったのは、Cal Band(マーチングバンド)によるパフォーマンス。

b0391968_14164411.jpg

b0391968_14165567.jpg

b0391968_14173930.jpg

CalのマスコットであるOski、無気味に思うのは私だけかしら…
(顔が妙に怖い…夢に出てきたらうなされそう…汗)

b0391968_14175142.jpg

b0391968_14212460.jpg
ジャズっぽいア・カペラグループやら…

b0391968_14222910.jpg

ダンスグループ…

b0391968_14224807.jpg

b0391968_14241596.jpg

マーシャル・アーツとダンスがミックスしたようなパフォーマンスや、

b0391968_14232825.jpg

太鼓のグループまで!(Cal Raijin Taikoっていうらしい。)

b0391968_14244600.jpg

b0391968_14243005.jpg
ちなみにこんな感じでした。



そしてマリアッチバンドや、

b0391968_14250111.jpg

b0391968_14251299.jpg

ハワイアン・ダンスのパフォーマンスなども。

b0391968_14252378.jpg

b0391968_14254052.jpg

b0391968_14255337.jpg

あんなに小刻みにお尻を振れるなんて!

b0391968_14260408.jpg

そして最後は男性のア・カペラグループ。

b0391968_14264177.jpg

b0391968_14262992.jpg

b0391968_14261781.jpg

皆さん才能に溢れていて、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。

私たちもすごくエンジョイしましたよ!

うちの息子はこういった才能(音楽やダンス、スポーツ、アート関係)はないみたいなのですが、(笑)
大学が始まれば、アカデミック関連、特に数学に関したクラブや団体での活動に携わる予定みたいです。

中学生や高校生を対象とした、数学コンテストを主宰する団体、Berkeley Math Tournamentチームに
参加したいとか言ってます。

(息子は高校時代にこのコンテストに毎年のように参加していて、将来、この大学へ行ってこの団体に
加わり、活動したいという思いを抱いていたみたいなので、希望がかないそうでよかったです。)

b0391968_15255799.jpg

数学だけに限らず、もっと視野を広げて色んな活動にトライしてみたらいいと思いますね。


そして、タレントショーが終わった後はちょうどいい機会だからという事で、大学からそう遠くない、
Berkeley bay view pointという、イーストベイとサンフランシスコの景色が見渡せるスポットへ夜景
を見に行きました。

b0391968_14265077.jpg

Berkeley bay view pointから見た夜景。

b0391968_14271258.jpg
ベイブリッジとサンフランシスコの街並み。

b0391968_14272348.jpg


b0391968_14273501.jpg

b0391968_14274889.jpg


b0391968_14275858.jpg

この日は色んなレクチャーを受講して学んだり、才能溢れた生徒たちのパフォーマンスをエンジョイした
りと、とても充実した時間を過ごすことができました。

翌日土曜日の様子は次回へ続きます。

いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-17 16:05 | College life

まるで大学生になった気分♪

備忘録も兼ねて、先週末に息子の大学(UC Berkeley)で行われた、毎年恒例Homecomingのイベント
の様子を報告させてただきたいと思います。

(一度だと記事がとてつもなく長くなるので、これから先、数回に分けてお伝えさせてもらいますね。)

私たちはこのReunion & Parentsのイベントには金曜と土曜の2日間参加したのですが、まず、初日の
金曜日の活動として、主に、キャンパス内のあちこちで開かれていた、様々な分野や学科の話題について
の講義やセミナーへ参加してきました。

これらの講義はこの大学の教授達によるものだという事で、普段はそういった著名な教授軍による講義を
聴講できるチャンスなどなかなか巡ってこないだろうから(特に私のような学力的にごく平均、もしくは
平均以下?な者など。😂)まるでここの大学生にでもなった気分で、色んな講義に参加するのをとても楽
しみにしておりました。

なんと言っても一番、楽しみにしていたのはこちらの過去記事でも書きました、Prof. Robert Reichの
講義。

b0391968_10462956.jpg

レクチャーの内容も、まさに現在のアメリカ社会で起きている現象をピンポイントで指摘していて、また、
それらに対する対策、改善案などもすごくわかりやすく説明されていて、個人的にはすごく共感、賛同し
てしまいました。

そしてこの方、ユーモアのセンスもあって面白い!


(元ミリタリー、保守的で何でもズケズケと声をあげて発言する傾向のあるトランプ支持者のうちの旦那
は、彼の講義中、幾度となく目をごろっと回したり、渋い顔をしてましたが、私が予め「息子に恥をかか
せないよう、おとなしく振る舞うように!」とこんこんと言って聞かせていたので、とりあえず問題行動
を起こすことなくレクチャーを聞き終えることが出来ました。(爆笑))

(超保守的な旦那ですが、その息子がリベラル色が濃い大学として有名なバークレーを選ぶなど、何やら
笑えてしまいます。😂)

でもねぇ、ほんと、Prof. Reichが言ってた通り、保守派とか民主派、右翼とか左翼、トランプ支持者と
か反対者とか言ったラベルやカテゴリーにこだわって、各自が乱暴、無作法に対立するのではなく、お互
い意見や見方が違っていたとしても、civility(礼儀正しさ、礼節)を失うことなく、相手の言うことに
耳を傾け、論点、問題点そのものにフォーカスし、議論や意見を交わしあうことが大切だと思いますよ。

現在のメディアなど、(右も左も)まるで相手をこき下ろしてなんぼのもんって感じで、課題や問題その
ものはそっちのけで相手を攻撃することにフォーカスしてしまってる感じがしてなりませんもん。

(だからニュースやトークショー番組を見ていると辟易してしまう。汗)

だからこの、Prof. Reichのプレゼンはとてもうなづけました。

b0391968_10464720.jpg

b0391968_10470144.jpg

b0391968_10473516.jpg

あっ、そうそう。彼の講義が始まるのを待っている間、私たちの席の前の列に座っていた若い男性の学生さん
と、60歳代の女性とで少し雑談をしていたのですが、学生さんは現在、この大学(バークレー)の大学院生
だそうで、(Ph.Dを目指しているそう)undergraduateはMITで、現在はバークレーのgraduate schoolで
コンピューターサイエンス専攻だそう。

ここのコンピューター・サイエンス学部ってかなり優秀みたいなので、すごいわ〜。

そして60代半ばくらいのインテリっぽい女性の方はバークレーの卒業生だそうで、娘さんも学部はバークレ
ー(だったと思う)で、現在はハーバードの大学院生とか言ってました。

何だかうちとは世界が違い過ぎる…(⌒-⌒; )


息子のお陰で「あなたの知らない世界」へ足を踏み込ませてもらってるので、感謝感謝。(爆笑)

この60代の女性、学生さんに向かって、「皆はバークレーと聞けば、”極左、超リベラル”と言うイメージを
抱く人も多いのだけど、超過激派はマイノリティで、多くは”保守的リベラル”だ!」と言っているのが何や
ら印象的でした。

ふぅ〜ん、なるほどね〜。

そしてその後はmyopia(近視)についてのレクチャーに参加。

b0391968_10483121.jpg

うちは家族3人とも全員が(度合いはそれぞれ違うけど)近視なので、興味津々の話題でした。

(スライドに出てきた様々なコンディションの目ん玉の写真はちょっと刺激が強すぎましたが、いい勉強
になりました!)

この後、実はもう一つ、私が一番関心のある神経科学・心理学分野の講義に参加する予定だったのですが、
教授軍、しっかりこの日も”バークレータイム”(10分ほど遅れて開始する)だったので、次の予定まで時間
が食い込んでしまって、(そして場所の移動の時間も考慮しなくてはならない)結局、この分野の講義はや
むを得えず諦めることに。(残念。涙)

そして最後は家族3人ともが興味のある、Astronomy, Astrophysicsの分野のレクチャーを聴講しました。

b0391968_10484355.jpg

この講義を担当したAlex Filippenkoという教授、かなり有名なAstrophysicistのようですねぇ。
(私は知りませんでしたが。)

英文学専攻(文系)でも理解できるレベルのプレゼンで、説明がすごくわかりやすかったですし、何と
言ってもものすごくエネルギーあふれた情熱的なキャラで、好感が持てるレクチャーでした。

b0391968_10490139.jpg

b0391968_10491386.jpg

b0391968_10492959.jpg

フットボールファンなのか、スライドの途中でこんなのが混じっていたり…(負けましたけどね。😂)

b0391968_10500041.jpg

そしてどうしてか知りませんが、話の途中にやたらと”スタンフォード大学”への対抗心を示す言及なども
あちこちあり、かなりライバル意識を燃やしている感じが。(笑)


(”スタンフォードは"fine institution"だけど、バークレーの方が断然、優れている!”とか、簡単な概念を
説明する時など、”スタンフォードの学生でも理解できる”などと、冗談っぽく言ったりなど。もちろん、
悪気はなく、ただ、冗談で言っているというのはわかりましたが、ふと、どうしてこれまでにスタンフォード
にこだわっているのだろうか?と思いましたよ。彼はPh.DはCaltechで取得しているみたいですが、もしかし
て、スタンフォードの学部か大学院に不合格で、それを密かに恨んでるとか?😂 そんなことはないですよね。
失礼。)

b0391968_10501516.jpg

旦那と息子は理系でこういう分野が大好きなんで、彼の講義をとても楽しんだみたいでした。

b0391968_10503452.jpg

b0391968_10504460.jpg

そしてこの後夕方からは、キャンパス内のアウトドアで行われた学生さんたちのタレントショーを見物しま
した。

b0391968_10505854.jpg

b0391968_10510768.jpg

b0391968_10531201.jpg

b0391968_10525299.jpg
長くなるのでここで一旦、終わりにし、続きは次回にて。


いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-16 13:39 | College life

嵐が去って静けさが戻る

息子の大学の特別イベントに参加する為に先週の木曜日から私たちを訪問していた別居中の旦那が、日曜
日の夜遅く、(11:30PM頃)ネバダ州へ帰りました。

旦那は細かくて気難しいところがあり、久しぶりに会ったのに相変わらずで、うちのキッチンのキャビネ
ットを開けては、「食器の並べ方が悪い」と言って自分が思うように並べ替えようとしたり、ゴミ箱の置
き場所にケチつけて、場所を変えようとしたりと、

「おまえは姑か〜〜〜!」ヽ(`д´;)/ 

っと、思わず叫びたくなるくらいでしたよ!

本当に鬱陶しいったら!

私だけでなく、息子にも色々と細かい注意などをしていたみたいで、ったく、本当に変わってないなぁと
呆れるやら笑ってしまうやら。

(ずっと一緒に住むわけではなく、これも数日間だけの辛抱なので笑うだけの余裕がまだある。😂)

そんな調子なんで、滞在中は台風か嵐みたいにわやわやとうるさくて慌ただしい日々でしたが、やっと
そのお騒がせ台風も去って、我が家にいつもの静けさが戻り、息子も私もホッとしております。(苦笑)

そんな旦那ですが、この週末は大学のイベントへ参加したり、日曜日にはビーチへ出かけたりと、(その
時の様子はまた後日、報告しますね。)久々に家族で楽しい時間を過ごすことが出来きました。

普段はシニカルで辛口の旦那も、ここ数日間は純粋に楽しんでいたみたいですし。

(普段は毎日、認知症の母親の世話で忙しくしているので、今回の来訪はちょっとしたバケーションと
なり、いい息抜きになったみたいです。)

金曜日の大学でのイベントが夜の9時まであったので、それが終わって帰る頃はほとんどのレストランが
閉まっていましたが、帰り道に夜中の3時まで営業している中華レストランを発見したので、そこで遅い
ディナーを食べることにしました。

息子は小豆ミルクドリンクを注文。少し試しに飲ませてもらったら、すごく美味しかった!

b0391968_18101893.jpg

いくつかの料理をオーダーし、皆でシェアしました。

Beef Chow Fun
b0391968_18103655.jpg

Chicken Chow Mein

b0391968_18105128.jpg

BBQ Pork

b0391968_18110563.jpg

Roasted Duck

b0391968_18112191.jpg
Shrimp Haw Gow

b0391968_18113568.jpg
Shrimp & Pork Shumai

b0391968_18114742.jpg

息子の大学のイベントについては、次回に報告させていただきますね。


いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-15 18:45 | Family

息子の大学の特別イベントへ参加してきました

今週末の3日間(金土日)息子の大学(UC Berkeley)で、Reunion & Parents Weekendという特
別イベントが行われ、私たち家族も参加して来ました。

と言っても最後の日曜日はほぼ、土曜日のイベント内容と同じだったので、私達は最後の日はスキップして、
金曜日と土曜日の2日だけ行って来ました。

イベントの細かい内容については又、後日、時間と気力がある時にゆっくりと報告させて頂きたいと思うの
ですが、今回はとりあえず、キャンパス内の写真をいくつかアップしておきたいと思います。

Sather Gate
b0391968_14344618.jpg


b0391968_14350107.jpg

金曜日は大学で普通に授業があったみたいなので、キャンパス内は大勢の学生さん達が歩いていて、活気
に満ち溢れていました。

b0391968_14563128.jpg


b0391968_14370859.jpg

b0391968_14334669.jpg

b0391968_14341680.jpg


b0391968_14352139.jpg


b0391968_14335903.jpg


b0391968_14364228.jpg


b0391968_14355964.jpg

b0391968_14354144.jpg

b0391968_14362843.jpg


b0391968_14361510.jpg

キャンパス内の建物の窓に、”#RESIST”という文字が見えますね。何やらバークレーらしい光景。

b0391968_14372017.jpg

b0391968_14365748.jpg

このイベント期間中、大学の入学説明会やキャンパスツアーもいつも通り行われていたようで、ツアー
ガイドが受験生&親達を案内して回ってました。
b0391968_14373945.jpg

あぁぁ〜、私たちも去年の今頃は同じ立場だったんだわ〜。

とは言え、私達はこの大学のキャンパスツアーには参加しなかったんですがね。
(UCLAには行ったのですが…)

大学受験が終わって本当にほっとしております。(笑)
b0391968_14381553.jpg

b0391968_14380547.jpg

このイベント期間中、土曜日は夕方からBerkeley vs. UCLA Homecomingフットボールの対戦が予定
されていたせいか、キャンパス内にはUCLAファンの姿もちらほら見かけました。

(ほとんどがネイビーとゴールドを装った中、Bruinsカラー(青とゴールド)を身にまとっていると目立
つことと言ったら。笑)

息子も一時はUCLAに行くと決めていたみたいですが、最終の土壇場でこの大学を選んだので、もしかし
たら、青とゴールドを着ることになっていたかも。

Bruins Family
b0391968_14383057.jpg

あっ、ここにも発見!(スチューデント・ユニオンのビル内にて。)

b0391968_14384151.jpg

結局、CalはUCLAにボロ負けだったみたいですが…😂😂😂

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-14 15:39 | College life

久々の再会

旦那が今朝、無事にネバダ州からカリフォルニアの私達の家へ到着し、家族久々の再会となりました。

息子は旦那から待ちに待ったiPhoneを譲り受け、とても嬉しいそうでした。

(詳しい経緯はこちらの過去記事を参照。)

(旦那との再会よりも嬉しそうだったりして?いや、ティーンというものはそんなものよ!特にこの二人
は何やら微妙な関係ですし…(^_^;) )

今夜は旦那の強い要求に応え、地元のコリアンレストランで夕食を食べました。

シーフードパンケーキとパンチャン。

b0391968_15470331.jpg

プルコギ

b0391968_15471678.jpg


味の方はまぁまぁでしたが、サービスの方が悪くて、注文してからオーダーが運ばれてくるまでかなり
の時間待たされ、その上、飲み物やご飯のお代わりのチェックもろくにせず、私達は完全にほったらか
しにされてましたよ〜。

そしてお会計にも時間がかかり、ディナーの後、数日前に私と息子が訪れた海の見える公園へ日没を見
に行く予定だったのですが、着いた時にはもうすでに日は沈み、すっかり黄昏時になってました。

残念…

周りは薄暗いのだけど、建物の灯りが灯るほどまで暗くない、という中途半端な状態だったので、向こ
う岸に見えるサンフランシスコの街並みも残念ながら灯りはなく、夜景が見えずに残念でした。

う〜ん、まだまだ勉強不足だわ。もっとキレイに撮れるように設定を学ばなければ。

b0391968_15473615.jpg

b0391968_15475288.jpg


b0391968_15480477.jpg

b0391968_15482200.jpg

ゴールデンゲートブリッジも見えました。

b0391968_15483684.jpg

いよいよ明日から息子の大学の「同窓生&親達の為のイベント」が開始するので、私達家族もほぼ一日中、
このイベントに参加してきます。

色んな分野のレクチャーやセミナーも楽しみなのですが、本好き家族の私たちがすごく楽しみにしている
のがこちらのイベント。

大学図書館のブックセール。

b0391968_16214968.jpeg

え〜〜、一冊1ドルなんて、めちゃめちゃ安くないですか? 嬉しいな〜!

うちは狭いからもう、自宅ライブラリーは作れないけど、この機会にたくさん買い込んで、読書の秋
を満喫したいです。

っても、どんな種類の書籍なんでしょう?

旦那と息子はまだしも、私でも読めそうな本も売られてるんかいな?って思いますが。😂


いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-12 16:30 | Family

秋ですねぇ

明日から今週いっぱいの間、現在、別居中の旦那がネバダ州のリノから私達を訪ねてやってくる為、それ
までにやらなければならない諸用事をすませておこうと、今日は息子の運転であちこち出回ってました。

いつも思うのですが、やっぱりこの辺り(ベイエリア)のドライバーってせっかちで、中にはかなりアグ
レッシブで横着な運転をしている人が多い感じがします〜。(汗)

ただ今、仮免で運転練習中の息子は、車の横と後ろに"PLEASE BE PATIENT STUDENT DRIVER"
のスティッカーを貼ってあるのですが、そんものほとんどの人が気にかけもせず、4-way stopなども息
子の番であっても、ほんの少しでも躊躇って出るのがナノセカンド遅れたら、もうイラつき気味で容赦な
しに結構なスピードで息子の番を無視して進んだり…

皆んな心に余裕がなさそうに、我が先!と言わんばかりにどんどん人の番まで踏んだくって先に行こうと
するので危ないですよ〜!

訓練中の者に対して、もう少し支援的なジェスチャーを見せてくれるといいのになぁ。120.png

b0391968_12012547.jpg


で、歩行者もいきなりあちらこちらから飛び出してくるし、道路を渡るのにも左右をチェックせず、完全
にドライバーを信頼しきってる?いや、というか、”気をつけるのはあんた達の方だから、私は注意をする
必要なし”と言わんばかりの態度だし。(汗)

新米ドライバーの息子は毎回、運転する時は神経使ってどっと疲れてますよ。

(もう20年以上も運転経験のある私でさえ、この辺りを運転するのは気を遣って疲れます。)


諸々の用事をすませた帰り、近くまで来たのでついでに地元のTrader Joe'sへ寄ったのですが、このトレ
ジョ、以前私たちが住んでいたリノのよりも小さくて、(えっ?ベイエリアだとリノの田舎より大規模だ
と思ったけど?)とちょっと意外でした。

そんでもってここのパーキングも全体に小さくて、個々のスペースが狭いので駐車しにくいのですが、そ
れに加えて平日の昼間というのに混んでいて、いつもパーキングのスポットが見つけられない状態!

今日なんかもしばらくの間、駐車場の辺りを何度も何度も徘徊し、やっと空いているスポットを見つける
事ができたのですが、息子は限られた狭いスペースをうまく操作したり、狭い場所に駐車するスキルがま
だ未熟なため、あくせくしながらやっとの事で駐車し、買い物する前に神経使いすぎて疲れてしまいまし
たよ。(-。-;

(見ているこちらがもどかしくなってしまい、つい、途中で交代して私が運転したくなりましたが、じっ
と辛抱強くこらえた…)

そしてやっとの事で店内へ。

店先や店内はハロウィン関連やパンプキンのディスプレーで賑わっていて、すっかり秋のムード。

早い…月日が経つのがあまりにも早すぎる…

b0391968_12000399.jpg

b0391968_12003755.jpg

b0391968_12004862.jpg

このいかにも秋らしいチョコがかわいかったので買ってみました。

b0391968_12011690.jpg

b0391968_12013720.jpg

今年も毎年恒例、Pumpkin Joe Joe'sも出てましたが、 何だか毎年なので飽きて今回はパス!

その代わり、個人的にはJoe Joe'sよりも好きなこちらの"Way More Chocolate Chips Cookies"を
選びました。

このクッキー、チョコチップがたくさん入っていて、チョコレート好きにはたまりません。

b0391968_12020548.jpg

b0391968_12015346.jpg


秋には関係ないですが、このBelgian Chocolate Pudding"も濃厚で美味しい!

b0391968_12022847.jpg

そして私のお気に入りのChicken Tikka Samosas。
小さいくせに(笑)フレイバーがぎゅう〜っと詰まっていて、ちょっとしたスナックとしてもいけます。

b0391968_12021600.jpg

何だか記事がタイトルとあまり関係のない内容になってしまいましたね。あははは。😂

いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-11 14:10 | Favorites

気分転換の散歩

私は普段は昼間はテレビも一切観ないし、(寝る前に1時間ほど見る程度)政治や時事問題などについて
も、関わってしまうとかなり精神的にしんどい思いをするので、意図的に距離をおくようにしてます。

が、ここ数日ほどはついそのポリシーに違反してしまい、誘惑に負けていくつかの違ったネットワークで
現在、アメリカで話題になっている政治的な課題についてのニュースやトークショーなどを何時間も観て
しまい、その影響か、昨日はずっと胸がモヤモヤしてスッキリしない感に悩まされていた為、(身体的に
ではなく、精神的・感情的にです。)気分転換として、息子の運転練習がてら、ちょっと遠出して新しい
公園を訪れ、その中のウォーキングトレイルを散歩してきました。

BerkeleyにあるCe'sar E. Cha'vez Parkという海辺の公園。

b0391968_14572688.jpg

昨日はお天気も良かったし、少し風が強かったですが、海を見ながら涼しい潮風の中を散歩したら、頭も
身体もスッキリシャキッと引き締まった感じで、とても気持ちよかったです。

b0391968_14574570.jpg

b0391968_14575457.jpg

b0391968_14580622.jpg

b0391968_14582713.jpg

b0391968_14583745.jpg

b0391968_14585495.jpg

公園の芝生でヨガ?瞑想?をしている人がいました。

私たちが通りすがる間、ずっと目を瞑ったままで、とてもピースフルなオーラを放ってました。
(私も瞑想しようかしら?)

b0391968_14590473.jpg

b0391968_14592906.jpg

向こう側に見えるのはサンフランシスコの街並み。
夜に訪れたら夜景が見えて綺麗だろうなぁ。

b0391968_14591878.jpg

b0391968_14595115.jpg

b0391968_15000170.jpg

b0391968_15001185.jpg

b0391968_15002134.jpg

この日は風が強かったので、凧をあげてる人たちが結構、いました。

b0391968_15003104.jpg

b0391968_15004191.jpg

帰りのフリーウェイは混んでましたが、とってもいい気分転換になったので、来てよかったです。

ハイウェイパトロール(ジョン&パンチ←古すぎて誰も知らないって?😂)にチケットを切られない
ように、息子は慎重に運転してました。(苦笑)

b0391968_15005989.jpg

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-10 15:39 | 散歩

1年前とは大違い!

普段は週1回くらいの割合でやっている、中学生A君へのSAT個人指導のボランティアですが、ふと気づく
と、先週は何やらえらく頻繁に(一日おきぐらいの間隔)やっていた感じがしたので息子に聞いてみたら、
どうやら先週いっぱいはA君の学校(学区)がfall break(秋休み)だった為、”集中特訓週間”として、実
際、一日おきでA君にSATの特訓をしていた模様。

これ、各セッション1〜2時間ほど、休憩なしの非常に密度の濃い内容のレッスン/指導なのですが、それ
を全く無料で期限なく受けられるA君は、すごくラッキーだと思いますよ〜。

(そして息子も自分がよっぽど好きじゃないと、ここまでコミットしてできないと思いますよ〜。)

A君のご両親もとても喜んでいるそうで、息子の話ではつい数日前、UNR (University of Nevada, Reno
ネバダ大学リノ校)のBiochemistryの教授であるA君のお父さんから、感謝の意を示すメールが送られて
きていたということでした。


で、その話を聞いて、(秋休みって、もうそんな時期になるの〜?)っと、時の流れがあまりにも早く感
じ、ちょっと恐ろしくなったのですが、同時にふと、去年の今頃は(息子もA君と同じ学区の高校だった
ので)、私たちは去年の秋休みは何をしていたのだろう?家族で何処かへ行ったっけ?などと思い、自力
では思い出せないので、(爆笑)以前のブログを読み返してみたのでした。

そしたら、なんのことはない。

高校は秋休みだったけど、息子は当時、高校の授業と並行して、地元のコミュニティ・カレッジとUNR
(ネバダ大学リノ校)でJapanese(日本語)と Linear Algebra II(線形代数学2)のクラスを取って
いて、(dual enrollment)高校は秋休みでも、その週はコミカレ、大学は休みなしでしっかり授業があ
ったので、結局、いつものごとく、学業に追われた1週間だったようです。

(だからどこにも外出していない。)

ちなみに以前アップしていたこちら日本語のクラスの宿題、今見ても笑えます。

まるで日本の幼稚園か小学生のプリントみたい〜。(先生がシールを貼ってくれてるとことかも。笑)

b0391968_12175755.jpg


この、”きのう 日本語の勉強を____”という部分、ほけこって読んで、なんやねん?って思いま
したが。103.png (念の為、”しました”です。字の間隔に気をつけなさいって!)


はぁ〜、こうして今振り返ってみると、去年の今頃は学業や課外活動、そして10月〜12月末までは大学
受験の願書作成&提出などでとにかく、とてつもないほど多忙な日々を送っていて、本当に大変な時期だ
ったのを思い出しました。(-。-;

それに比べると、現在は時間に縛られることなく、自分がしたい活動をしたい時にして、のんびりと自由
気ままな生活を送ってて、まるで地獄と天国のように違う感じです。

それでも自分がしたい活動はあれこれとたくさんあって、色々な事に手を出しているみたいなので、毎日
結構忙しいという部分はあまり変わってはないのですが、やっぱり義務的、強制的な作業ではないので、
妙なプレッシャーを感じることもなく、充実した時間を過ごしてます。


あっ、そうそう、最近、何やらまた、何名かの数学仲間達と新しいプロジェクトを企画しているみたいで、
彼らと共同制作で数学の参考書?テキストをアマゾンのSelf Publishingサービスを利用して出版するとか
考えているようです。

なんでもかなりのページ数になるらしく、最近、夜寝るのを惜しんでパソコンでカタカタとライティング
に勤しんでます。

(共同者の一人は例の只今、MITをギャップ・イヤー中の数学少女Fさん。)

それ、お金になるの?

それで儲けたお金は少しでも学費にあててくれると嬉しいのだけど。笑

でも、そんなふうに自由気ままにのんびりと自分の時間が過ごせるのもあと、3ヶ月ほど。

その後はかなり厳しい学業の日々が待ち構えているので、今のうちに存分にエンジョイしておくがよいわ!


私たちがよく散歩に行くヨットハーバーの近くの公園。

この公園のすぐ横にはチャータースクール(高校)があり、休み時間や体育の時間など、生徒たちがここ
でサッカーやバレーボールなどをしている光景をよく目にします。

お昼もここで海を見ながらランチが食べられたらいいですよね。

b0391968_12163712.jpg

b0391968_12172348.jpg


b0391968_12173420.jpg

こんな景色のいい場所に学校があるなんていいですねぇ。

b0391968_12165668.jpg

b0391968_12170983.jpg

b0391968_12174746.jpg

ブログへご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-09 13:37 | 息子のこと

「スタンフォード監獄実験」についての興味深い記事

「スタンフォード監獄実験」や「ミルグラムの実験」は、私も学生時代に心理学の授業で知り、(よくも
まぁ、こんな実験がIRB (倫理委員会)から承認されたものだと思ったくらいで、かなり衝撃を受けたの
を覚えてますが、(そして私だったら絶対に電気ショックのスイッチを押すのは拒否する!っと確信して
ましたが。)先日、こちらの「スタンフォード監獄実験」についての記事を読み、この新たな見解が個人
的にはすごく納得できました。


「スタンフォード監獄実験」は心理学の世界において、”人間はある種の権威を与えられると、攻撃的に
振る舞い、権力を乱用し、「邪悪」な一面を誇示できることを示す実例”として用いられてきたようなの
ですが、私的にはこの記事内に出てきた、

”ハスラムの主張によれば、他者集団に対して攻撃的に振舞わされるには、自分たちに共通のつながり
共通の基盤があると確信させる必要があるという。それが、そうした振る舞いをするモチベーションに
なるのだ。”

という文章に納得しました。

個人が悪魔化するのって、置かれた環境(権威を与えられる)や、個人的なレベルの要因も確かに関係
しているかもしれませんが、でもそれ以上に、もっと集団心理・行動のレベルでの作用が影響してくる
という感じがします。

また、

”極端な残虐行為や「非人間化」を示す出来事は、人類の歴史を通じて絶えず起きている。なかでも、
ホロコーストや1994年のルワンダ虐殺のような桁外れの惨事は、ハスラムの説によれば、指導者層の
微妙な雰囲気を基盤にして生まれるという。”

(「人は環境によって悪魔になるのか あの「監獄実験」がいま再び見直されている。」より抜粋)

という部分もすごくうなづけます。

指導者層や人の上に立つリーダー格の姿勢や態度、発言、行為などが生み出す”微妙な雰囲気”というも
のは、その組織や集団に大きな影響(ポジティブ&ネガティブの両方とも)を与えると思います。

国民のリーダー的存在であるとも言える大統領が、障害者や性的暴行の被害者をからかい、嘲笑うなど、
明らかに常識(良識?)に欠ける行為が許される社会は異常ですよ。

(そのような行為に対して、一緒になって笑っている支持者達もまさに異常!)

リーダーのそういった許されざる行為に疑問を持ったり意義を唱えないと、やがてそれらが”一般化”され、
最終的に”ノーマライズ”される恐れだってあるんですからね。

人の上に立つ立場の者は、その集団や団体に与える大きなインパクトやコンスクエンスを十分に考慮し、
それ相応の言動を心がけるべきだと思います。(責任重大ですよ!)


いや、最後の方は何やらちょっと脱線してしまいましたが、(苦笑)人が悪魔になる要因として、この、
”共通のつながり、共通の基盤があると確信させる”という部分が興味深いなと思いました。

ちなみに、興味のある方、こちらの関連記事も面白いです。


少し前の散歩時の風景。

b0391968_09325318.jpg

b0391968_09320591.jpg


b0391968_09331157.jpg


b0391968_09335898.jpg

b0391968_09340889.jpg

対岸に見えるはサンフランシスコの街並み。

b0391968_09333088.jpg


b0391968_09334401.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のポチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


[PR]
# by simpleseniorlife | 2018-10-07 12:23 | Random Thoughts

カテゴリ

散歩
日々の出来事
息子のこと
生涯学習
Bay Area Life
Gifted/2e
Foods
Family
Favorites
趣味
ぼやき
Random Thoughts
TV番組・映画
ご報告
色々な情報
風景・動物
その他もろもろ
College life

最新の記事

息子の大学のイベント(2日目)
at 2018-10-18 14:53
Homecoming Rally
at 2018-10-17 16:05
まるで大学生になった気分♪
at 2018-10-16 13:39
嵐が去って静けさが戻る
at 2018-10-15 18:45
息子の大学の特別イベントへ参..
at 2018-10-14 15:39
久々の再会
at 2018-10-12 16:30
秋ですねぇ
at 2018-10-11 14:10
気分転換の散歩
at 2018-10-10 15:39
1年前とは大違い!
at 2018-10-09 13:37
「スタンフォード監獄実験」に..
at 2018-10-07 12:23

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月

メモ帳

夕焼けや朝焼け、雲、自然の風景写真がメインの私のもう一つのブログです。

Mystica Caelum

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ女子